博多駅でハムスターに出会った話

大学生の時、友人からハムスターを譲り受け、飼うことになりました。
それから数ヶ月が経ったある日、僕は大学のプロジェクトの展示のため博多駅にいました。2日間あったその展示の初日。僕は何を思ったのか、駅ビルにあったペットショップへ行きました。

駅ビルの中のペットショップなので、小さなペットショップでしたが、小動物や小鳥などの場所を取らない生き物は販売していました。小動物代表とも言えるハムスターはもちろん一番目立つところで。

ふと「ウチにもう一匹ハムスターいたら楽しいかもしれない」という想いが頭の中によぎりました。
値札に書かれている金額は1,000円から2,000円程度。命あるものの値段設定にしては、何とも残酷な設定にも感じてしまいましたが、大学生の僕でも手が出せる金額だな、とも感じていました。

僕は家に帰ると、もう一匹ハムスターを迎え入れる準備を始めました。
「明日はハムスターを買って帰る」
何とも斬新なおつかいを自らに課したのでした。

この記事が参加している募集

自己紹介

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
6
"ほぼ"毎日投稿しています。時々サボります。子供の頃は野球選手に憧れ、高校生の頃はミュージシャンに憧れ、今は映像制作をしつつ、文章を書いたり、イラストを描いたり、音楽を作ったりしている28歳。最近は、1投稿15分で書くというルールを設けて、主に自分の過去の出来事を書いています。