ベッドの下の方で寝るのが好き

前の記事からの続きで。

座椅子 → ベッド → ヨガマット → ベッドという変遷をしてきた僕の『寝床』事情ですが。(まじでどうでもいい)

今回もまじでどうでもいいこと書きます!!

「寝るときはどうやって寝るか」

ですね!パチパチ

寝る体勢

寝る体勢としては、仰向け・うつ伏せ・横向き何でもOK

というより、左右のバランスとかを考えて、偏った寝方が続かないようには気を付けていますね。変なこだわり!

かつ、その時々での寝やすい格好で寝てます。

寝る位置

これが今までの人生で一番「おかしい!」って言われることの多かったことなんですが。

ベッドの下の方で寝るのが好きなんですよね。下って言うのはベッドの範囲での下(足)の方ということです。

何なら足首から先がベッドから出てるくらいがベストです。手を頭の上に伸ばすと、ちょうど伸び切ったあたりで頭に近いベットフレームに手が届くくらい。

足が出るのも感覚としては好きなんですが、あとは頭が壁に近いのがだめなんですよね。意味不明でしょうが。

これはまじで理解してもらえたことがないので、共感できる方がいてくれると嬉しい。。。

まとめ

起きたときの体勢・位置はばらばです。寝相は悪目だと思ってます。

起きたときには壁に頭が付くくらい(むしろ、付きすぎて首が曲がるくらい)上に来てたこともあるみたいなので。

あ、疲れてるときの寝言がほんとうにひどいらしいので、それも記事にする!

まじでどうでもいいことだったけど、こういうことも含めて自己開示だとも思っているので、ほんとうにあらゆることを表現していけたらいいなって思います!

あざした!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
『湧き出てくるポエマティックな独自の思考の上澄み』 - 都内でプログラミング的なことを仕事にしています