二度と会わなくても、約束しよう、またなと。
見出し画像

二度と会わなくても、約束しよう、またなと。

tiryu(江口智流)

また会う約束などすることもなく
それじゃあまたな と別れるときの
お前がいい

中村雅俊「ただお前がいい」(作詞・作曲:小椋佳ー)より


プロ野球の日本シリーズをテレビで観てしまった。

第2戦〜第4戦。

第1戦が行われていた頃は、日本シリーズをやっているのさえ知らず、どこのチームがセパ優勝したかも知らず、正直、まったく興味がなかった。

たまたまテレビを点けたら日本シリーズ第2戦が放映されており、食事の支度をしながらだったのでBGM代わりにそのままほったらかしておいたら、気が付いたら引き込まれてしまった。

出てくる顔ぶれは誰ひとり知らない方ばっか。
知っていたのは原と工藤の両監督だけ。

よけいに新鮮だった。

こんなに知らない若者たちが、すごい試合をしているのだな、と、関心しきり。

一応、小学校3年生から中学3年生の夏まではバリバリの野球少年。

毎日が野球を中心に生きていたので、ある程度のルールは分かるし、このボールを打つのがどれひど難しいか、この打球を取るのがどれほど凄いことか、外野手が簡単に捕っているように見えるフライがどれほど捕るのに難しいか、それくらいの想像はできる。

野球をやめて、すぐに野球に気持ちいいくらい興味をなくした。
それまでは、バリバリのアンチ巨人、野村克也を尊敬し、福本豊・山田久志・山口高志・長池徳士などを要する阪急ブレーブスがV9常勝巨人に向かっていくのがたまらなかった。
人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグ、なんて言われ方もしていた。

と言っても全国区の人気があったのは、巨人と阪神だけだよね、当時は。
中日、広島なんかは地元ではとんでもない人気だったけど、全国区ではなかった。
ヤクルトなんて、同じ東京に読売ジャイアンツがいるから、もうほんとうに可愛そうな感じだった。
後楽園球場のチケットはなかなか取れないけれど、神宮球場なら、当日でも好きなところが取れたくらい。
パ・リーグとなると、それよりも人気はなかった。

そう考えると、子供の頃からひねくれたガキで、天の邪鬼なところがあったようだ。

セよりもパ。
王・長嶋よりも野村。
堀内よりも山田。

ま、意外とちゃんと一応は野球ファンをしてはいた。

でも、やめてからは一気に関心が失せたね。
地元の西武が球団を買い取っても、「ふ〜ん」ってもんだし、西武の選手がそばに住んでいても「だから?」ってもんだし、西武が優勝するかも、清原が西武に入った、と聞いても、べつに何とも思わなかった。
ただ、野村が西武に入った時と監督に成った時は興味は湧いたけど。
これは、阪神、ヤクルト、楽天のときも。
いちいちしあいを追いかけたり、順位を気にしたりはしなかったけど、優勝がかかっているとこまで来ると流石に気になった。
野村克也はそういう意味では特別だったのだな、と今更ながら思う。

まったく興味が失せていた野球だけど、この年になってみてみると面白いね。
展開がゆっくりで、間がいっぱいあるから、ちょっとそっぽ向いていてもおいていかれないし、ぼ〜としていてもついていける。

やっぱさ、展開の早いのにはだんだんついていけなくなってんだよね。

サッカーとかラグビーはきつい。
特にサッカー。
ラグビーは途中途中で止まったり、スクラムやモールなんかでゆっくりだったり、ボールを前に出すことはキック以外ではないからまだ付いていけるんだろう。
サッカーは絶対ムリだな。だいいち、ルールーが未だにようわからん。
ラグビーは、通っていた高校がラグビーが強い高校だったのと、そのころ高校ラグビーブームがあったのとで、けっこう試合を観に行ったり、テレビでも観ていたので、ある程度はルールが分かるし、展開がわかる。
世界大会のときも久々に観ていたけど、細かいルールはだいぶ変わっているようだったけど、十分ついていけてた。
バスケットやアイスホッケーなんて絶対ムリそう😅

何を書いているのかがまったくわからなくなっている😅

でもさ、なんで「笑点」が未だに人気なのかが最近わかるように成ってきた。
展開がゆっくりなんだよね。

昔、芝居を作っていて、どう考えても自分たちの芝居よりダルくてつまらない芝居を絶賛したオヤジが、うちらの芝居を観て、何が何だか分からない芝居だった、なんてことを言われて、「こんなわかりやすくて、こんなに面白いのに?」と思ったことがあるが、最近はなるほどね、と思えるようにもなってきている。

で、やっぱ、良い芝居は、誰が観てもついていけるし適度に刺激もあるし、バランスがいいよな、と思うようにはなった。

尖っているだけでも、展開が刺激的で早いだけでもダメ。
ダラダラとただ漫然と進むだけでもダメ。
バランスなんだな、と。

あれ?いよいよ変なことに、バランスがまったよろしくない。

今日はこれでやめとこ。

それじゃまたな。

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またよろしくおながいします。
tiryu(江口智流)
東京の坊さん。毎朝、近くの公園に写真を撮りに行き、毎朝、なんらか今日のテーマになる言葉ないかなと言葉を探し、それをUPしてます。あと、なんか思いついたままに、書いてます、好き放題。