見出し画像

なるほどTimeWaver用語『調整』

こんにちは。ここのコラムを書いているライターです。
先日、私のTimeWaverセッション内にて、なるほど!とわかった言葉がありました。
それは『調整』です。

「調整しておきますね!」とセッションではよく言われます。とはいえ、何をどう調整されていると考えたことがなかったのですが、私の土台の調整をしているときに出たこの言葉がきっかけで、意味を知ることになりました。

Fills the consciousness with fulfillment and satisfaction in daily new forms.
Awakens confidence about fortune and success.
日々の新しい形での充実感や満足感で意識を満たす。
運命や成功に対する自信を呼び覚ます。

ふとオーナーが「毎日、周波数で、こんな言葉を浴びていたら違いますよねー」とおっしゃったんです。

そこで気がつきました。
『調整』とは、TimeWaverが決めたスケジュール(数時間おき)に、TimeWaverからこの言葉の周波数が、自分に送られてきているのだということを・・・・・・・・。


例えば想像してみてください。
「Aさん。これからあなたは、毎日充実して満足します。運命や成功に対する自信がでてきます(仮)」って、数時間おきに語りかけられたら、なんだかキレイ(←そこ?)になる気がしませんか??

しかも、語りかけられている自覚が無くてもTimeWaverが「毎日充実して満足しちゃいますよ?さらに、運命や成功に対する自信も出ます!(仮)」と言い続けてくれているということが、何よりうれしいじゃないですか!

そりゃあ前向きになれるな、と思ったんです。


ただ、そこでふと疑問が。
TimeWaverのデータベースには、ポジティブな言葉ばかりが登録されていて、ネガティブな言葉は登録されていないものなのかしらと思い、オーナーに聞いてみました。

ネガティブな言葉はありますよ。でも、ネガティブな言葉は周波数で飛ばさないんです。例えば、現実の分析でネガティブな言葉が出ても、“ノソード(nosode)”という機能で、ポジティブに反転して周波数を送るんです。

ネガティブって、視点を変えるとポジティブを生み出すきっかけで、要は、『その状態がネガティブ』って気づくだけで意識が変わるんです。(←量子力学で)
TimeWaverでは、土台などの分析において、ネガティブな状態を認識しますけど、調整で周波数を飛ばすときは、ポジティブに反転して飛ばすんですよ」

ネガティブな思考になりたくないけどなってしまいがちになる…そういう人たちに「思考をほぐすことができる場がありますよーー!」と全力で伝えてあげたいわ…と、説明を聞いて思いました。


また、クライアント(セッションを受ける人)の思いや歴史を受け止め、理解してほぐしていくセラピストの役割は相当重要だと感じました。

「私たちはそれをやっていく覚悟ですよ。クライアントの心を溶解していくのが大事なんです。

でもこの前、TimeWaverで調整している最中のメッセージに気づいたんです。(以下緑字の部分)

画像1

For the benefit of everything and for the benefit of each individual
全ての人のために、そして一人ひとりのために

つまり、個人の利益と全体の利益が思いめぐらされた状態で調整がかけられているんです。だから、例えばどんなエゴ的な調整をかけても、常にこれが出ていて、TimeWaverはこの視点で、ピュアな思いしか拾わないようになっているんです。

このメッセージはずっと出ていたそうなんですが、これに気づいたときは本当にもう、もう、感動の嵐、嵐だったんですよーーーー!

こうやってTimeWaverから、全体と個別のメッセージを受け取っていくうちに、クライアントご自身が次のことを考えられるようになるじゃないですか。そういう人が増えて、今はまだパイが小さくても、ひとりが他のひとりを救えることが出来れば、十分に平和が叶うので、広げていきたいですね」


TimeWaverから、その人に合った特別なエールが、決められたスケジュールで送られ続けている。
そして、調整をかけるときは、祈りのような愛に包まれてギフトされている。

素敵なエールが送られているのと、送られていないのとでは“意識”が違ってくる。
そんなことを感じたエピソードでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです、ありがとうございます!
はじめまして!このnoteをご覧いただくのは「TimeWaver」に興味を持たれた方だと思います。 こちらの場から情報発信をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 http://timewaver.tokyo/