メンタルネガティブの状況からヨガで回復して先生を目指す人への提案

ヨガの先生になるための講座を受講すれば、精神面からビジネス面のことまで様々な内容を教えてもらえるのかもしれませんね。

ただ、いままでは生徒として「受け取る」側だった立場から、今度は「教える・与える」側に回るのはそう簡単ではないと私は考えています。

ですが、学び上手から教え上手になるための精神論の話を私ができるとも思っていません。

少し知っておいてもらいたいという程度のものです。
当てはまらない人も多いでしょう。

元々がエンターテイナー気質かセールス気質の場合

元来、「人前でなにかを披露するのが好き」「自分でイベントを催すのが大好き!」「教え上手だと言われる。」「セールスで好成績を上げてきた。自分もやっていて楽しかった!」という人は、ヨガの指導者養成講座で「型(カタ)」さえ学んでしまえば、割とスムーズに顧客(生徒)とつながっていけるのではないかと思います。

「教えたい!」「ヨガに興味!」「一生もののスキルを身につけたい!」が動機ではじめた人たちです。

もちろん、オーナービジネスやフリーの講師として自身が経営にも携わる場合は、この講座のマーケティング他学ぶことも多くなりますが、基本的に興味を持って来てくれてからの顧客コミュニケーションは上手くいく可能性は高いでしょう。

先輩諸氏との膨大な知識の差にひるむことなく、一つずつ隙間を埋めていけばきっと良い先生になれると思っています。

知識の量が最重要なのではなく、それを言語化して分かりやすく伝えられる顧客視点でいろんなことを吸収しアウトプットしていけばいいですよね。

カラダやメンタルの不調がきっかけではじめた場合

この場合、少し教える・開業するまでには時間が必要なのかなと思っています。「受け取る」立場から「与える」立場への急激な変化に準備を要すると思うからです。

なにもこれらの人を「病的」だと卑下するつもりはありません。
むしろ、ストレスからくる精神面の疲労やカラダの不調を感じるまでに至りヨガ教室にやってくる人は『頑張り屋さん』だとも言えそうですから。

誰にも相談できず、
どこにも発散できず、
自分の中で100%を抱えてしまったり、

しかし、ヨガに通っている間に、少しずつ自分の中でバランスが取れ始めて、見事に回復できた。強くもなったと感じている。

それまでに要した期間(クラスに通い続けた生徒としての時間)が十分な場合は、さまざまなヨガ講師の良しあしにも触れ、生徒の立場から良い先生のアウトラインを描いていけることだと思います。

しかし、その期間が十分ではなく、立場の切り替えに十分な熟成が足りていない場合、ヨガを仕事にする立場に回るのは少し注意が必要です。

思うような集客が叶わなかったり、
思うような生徒たちではなかったり、
思うような扱われ方ではなかったり、

なかなかヨガインストラクターはタフな仕事だと私は見ていて思います。

どうかそこでも疲れ切ってしまわないように、最初に「必要な準備」を計画しておいてもらえればと思います。

前者の人が「もう一つの私のなかのスキル」としてヨガを身に着けるならば、後者は「ヨガから変わるワタシを経て、さらにそれを与える側のスキルという山を越えて」からがスタートということです。

私が考える「受け取り」ながら「与える」生活

ヨガを続けられている人にも様々いるけども、理想としてはバイタリティーに満ちた心おだやかな人ならば、

「会社辛くて会社員辞めました、ヨガの先生になります。」の極端なキャリアチェンジだけでなく、新たな世界観の中でこれだ!と決めた仕事で会社員(雇用形態は不問)としてのキャリアも保ちながら、少しずつクラスを増やしてみてはいかがかと思っています。

「お給料」を受け取る生活に戻りながらも、
今までとは違った取り組み方で、
自分がどのように変化を感じているか?

そんな経験も、後日生徒を指導する立場になった時に「改善後の生活を言語化できる良い経験」になるはずです。

週に二日でも、三日でも。
オフィスワークでなくても。

ということで、ヨガの先生こそ大胆に会社復帰して欲しい、求められる人財なのではないかと考えているわけです。

でも、中途半端は良くないのでは?

これを見て、「中途半端なんじゃないの?」と思う人もいるはずです。

しかし、私はヨガに専念して得られる学び・成長よりも、「それも私の一部」と考えて社会的な活かし方を模索しつつ自分を積み重ねようとしている人のことを讃えたいのです。

それは中途半端というか、複数の軸を持つ生き方だと思います。

・弁護士をしながら、サッカーのコーチをしたり、
・八百屋の店長をしながら、写真家であったり、
・スーパーでお惣菜を揚げながら、ヨガの先生など

好きなことを好きであり続けるために、上手にコントロールしていける人が、そもそもそれであるのかもしれません。

さらに、ヨガインストラクターという職業とはかけ離れたもう一つの仕事をかけ持ったとしても、それを掛け算にしてユニークな講師になっていけるのではないかと思います。

どんな状況からはじめても、あなたのビジネスが上手く生きますように。
今回は個人的な感想でした。

こちらの書籍も参考までに:
GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

今回は以上です。

つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
9
オフィス 5Gの代表をしています。yoga xenerationでディレクター(取締役)を5年ほど。studio yoggyにて外部パートナーとしてECディレクターを3年ばかり担当していました。現職は小さな個人事務所のWeb PRコンサルタントです。office5g.jp