オンラインヨガのマーケティング考⑤「自然で美しい自分を傷つけない告知例」

「オンラインヨガのマーケティング考」シリーズの第五話目は、自然な広告手法について。

まずはなぜ広告(PR)が必要で、広告にはどんな手段があって、その中から自分らしく思えるものを選ぶ方法について説明していきます。

なぜ広告が必要なの?

これまで考えてきた内容から、あなたが持つべき商品(オンラインヨガの方向性や課金モデル)が見定められたら、それを正しく告知しなければユーザーから反応を得ることは難しいでしょう。

マーケティングの教科書では、このように言われています。

・すごく良い商品を持っている、けれどPRが下手
・普通の商品しか持っていない、けれどPRが上手

この両者を比べた場合、どちらが勝つかと言うとマーケティングができる後者の「普通の商品」の方です。

新規のお客様に限れば、「それがとても良い商品である風に」目に見えてわかりやすく訴求されている方が「良い商品」だと思うのです。

まだ使っていない・食べていないから「良さそうに」見えたほうが勝ちです。実際に良いかどうかは後回しです。

もちろん、その商品のクオリティが普通以下で、どうにも話にならないようなもであれば、「最初は上手く惹き込めた」としても、その方はリピーターにはならないでしょうから、継続性という部分では問題がでてきますが、新規のお客様の限っては「良さそうに見える」ことはとても重要な要素です。

このあたりは佐藤義典さんの書籍に詳しいので是非読んでみてください。
とても読みやすく一日で読めるかと思います。

長くなりました。一旦まとめます。

あなたが「誰に」その商品を届けたいかはっきりして、
どんな「得意(強み)」があって、
それで「どんな課題を解決するのか?」が決まったら、
常にライバルに負けないよう日々「◯◯を高めて」、
その商品・サービスをとっとと沢山の人にPRしましょう。

私の知る限り、個人のフリーヨガインストラクターやボディーワーカー、セラピストの多くがここで「遠慮?」してしまったり、「PRの手立て」を知らなかったり、「事業を抱える勇気・コミットメント」が低すぎてにっちもさっちもいかず、スタジオ所属から離れられなかったり、オーナービジネスに移行できない状態に陥っている様子でした。

ですが、大丈夫です。
ここを専門の仕事としてキャリアを積んできた人でなければ、これらは知らなくて当たり前。まだやり方を知らないだけで、無駄な努力が結果に結びついていないだけです。

他者がいかにここを上手く施策しているかを知れば冷静に取り組めます。

それから、努力が結果につながらない人に気づいてほしいのは、自分の想像だけで「自分をプロデュース」するのはそもそもとてもむずかしいということです。

客観視しようとしていても、どうしても主観的なアクションになりがち。

「私にはその資格がない。」
「もっとお金ができてから・・・」
「そんな恥ずかしいことできない・・・」

この問題に対して、「大丈夫!君ならやれる!!」という根性論で諭すことはしません。唯一の解決策は、私や、あなたのそばにいる家族・友人・知人と一緒に常に客観的な意見をもらいながら物事を決めていくことです。

・顧客のイメージに近い友達や
・「私が通いたい!」「買い物していて気持ちがいい」と思えるお店をプロデュースしている人の考え方に触れ、意見をぶつけてみることです。

自分の「客観視」を信じすぎないようにしましょう。
そして、やり抜ける勇気だけを信じて。

広告にはどんな手法があるの?

オンラインヨガのPRのためにと限定せずに、まずは広く「広告にはどんなバリエーションがあるのか?」を知っておきましょう。

【マスコミ4媒体】
新聞、雑誌、テレビ、ラジオ

【インターネット広告】
・Webメディア純広(ポータルサイトなど)
・Webメディア横断(アドネットワーク)
・ソーシャルメディア広告(Facebook、Instagram、Lineなど)
・キーワード検索連動型広告(Google、Yahoo!等)
・コンテンツ連動型広告(Google、Yahoo!等)
・動画広告(YouTube等)
・アフィリエイト広告

【メール広告】
・メルマガ広告
・Gmail広告

【プローモーションメディア広告】
・屋外メディア
・交通・電柱広告
・折込チラシ
・ダイレクトメール(DM)
・フリーペーパー・電話帳
・POP
・イベント展示など

こんな感じでしょうか。

この中で、私が「オンラインヨガのPR」に使うとするなら太字で記した箇所になります。優先順位を付けるなら、

この続きをみるには

この続き: 4,581文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ヨガのメディアサイトやヨガウェアのECサイトの構築・運営はもちろん、全国各地のヨガスタジオ・インストラクターのHP制作をのべ20サイト以上担当してきた経験から「マーケターを雇わずして効果的なPRを学べる・仕掛けられるスキルが身につく」ように私のディレクターノウハウのすべてを語っていきます。

【7/14までの限定価格:7/15~ 3,980円】ヨガ情報サイトのディレクター、ヨガウェアECサイトのディレクター、オフィスヨガなど健康…

または、記事単体で購入する

オンラインヨガのマーケティング考⑤「自然で美しい自分を傷つけない告知例」

スタジオTIKORIN

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。いただいたサポートは今後の記事執筆に充てさせて頂きます。

スキありがとうございます!
9
理想のヨガ教室をつくるひと。yoga generationでディレクター(取締役)を5年ほど。studio yoggyにて外部パートナーとしてECディレクターを3年ばかり担当していました。

こちらでもピックアップされています

あたらしいヨガとマーケティングの教科書
あたらしいヨガとマーケティングの教科書
  • 96本
  • ¥3,480

【7/14までの限定価格:7/15~ 3,980円】ヨガ情報サイトのディレクター、ヨガウェアECサイトのディレクター、オフィスヨガなど健康経営に食い込むフィールドを経験した著者が、「自分のための小さなヨガスタジオ」づくりのための、デザイン思考による戦略の立て方・運営方法を解説していきます。「スキ」が多い記事は追記し、補強していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。