あたらしいヨガとマーケティングの教科書

96

【第二波に備えて】ヨガ講師のブランドサイト用におすすめテンプレート 15選

ヨガクラスに平穏が戻ることを心から望んでいます。
しかし、思いのほか客足が鈍いままであったり、オンラインヨガから戻らないケースもあるでしょう。

オンライン●●を利用する顧客は、スタジオよりも講師に付いているという見方が正しいはずです。

そうなると、今後第二波を見据えた講師個人が将来のお客様と繋がる媒体をヨガスタジオ以外にも育てていく必要があると考えました。

・自分のことを正しく知ってもらいた

もっとみる
スキありがとうございます!
4

ヨガで生計を立てるための10のアイデア

おはようございます。

以前、yoga journalの記事で同じ様なタイトルを見かけた方は多いかもしれませんが、そこの内容よりもっと具体的な方法を紹介できると感じたのでリストにしてまとめてみました。

ヨガで生計を立てる(お金を稼ぐ)方法は、よく考えてみれば「ヨガを教えること」だけではないはずです。そのスキルや経験を使って賢く稼ぐ方法を見つけられれば、ヨガスタジオに留まる必要はありません。

もっとみる
スキありがとうございます!
9

ヨガセラピスト、トレーナーがワークショップや資格講座を販売するために向いているASPサイト

業界で私が担当していた2019年あたりまでと、今の最新状況を鑑みて紹介します。

まず、私は健康メディア系ポータルサイト(プロフィールに詳しく)でディレクターを務めていた訳ですが、サイトのアクセス数を活かしたビジネスチャンスに物販がありました。

散々プラットフォーム選定には紆余曲折があり、当初のEC-CUBEから今も続くFutureShopに至ったわけですが、FuureShopの選定は私が行いま

もっとみる
スキありがとうございます!
6

新しいヨガフィットネス市場の見つけ方

今回は、YouTubeの人気ヨガチャンネルである『B-life』さんを軸に分析していくことで、いまヨガインストラクターがオンラインとリアルの両方で見過ごしているかもしれない新しいヨガ市場のポジションを見つけられるヒントを紹介していきます。

以下、乱暴な仮説に沿って見ていきましょう。

※下記の調査に用いている『noxinfluencer(ノックスインフルエンサー)』は精度の高いツールではありませ

もっとみる
スキありがとうございます!
6

オンラインヨガのマーケティング考⑤「自然で美しい自分を傷つけない告知例」

「オンラインヨガのマーケティング考」シリーズの第五話目は、自然な広告手法について。

まずはなぜ広告(PR)が必要で、広告にはどんな手段があって、その中から自分らしく思えるものを選ぶ方法について説明していきます。

なぜ広告が必要なの?

これまで考えてきた内容から、あなたが持つべき商品(オンラインヨガの方向性や課金モデル)が見定められたら、それを正しく告知しなければユーザーから反応を得ることは難

もっとみる
スキありがとうございます!
9

オンラインヨガのマーケティング考④「マネタイズの方法を考える」

「オンラインヨガのマーケティング考」シリーズも第四話目を迎えて、いよいよお金の儲け方についてです。

マネタイズとは?

当初はユーザーに対して無料で提供するサービスに対して、収益化を図ることを指します。一言でいうと、マネーを貰える仕組みを作ることです。

マネタイズのモデル例

よく言われるのは以下の4つです。

1.広告モデル
2.課金モデル
3.仲介モデル
4.ECモデル

1.広告モデル

もっとみる
スキありがとうございます!
11

オンラインヨガのマーケティング考②「何者かの証明が次につながる」

オンラインヨガをプロモーションしていく講座の第二回目は「あなたは何者?を謳うのか」。一言でいうとプロフィールページづくりについてです。

「なぜ、私は視聴者の問題を解決できると言えるのか?」に答えられるページを持ちましょう。

大前提として私はこう考えています。

・オンラインヨガは収入の本柱になりにくい(当初の1年間)
・あくまでも広告宣伝活動と捉えて気持ちよく展開したい
・無料・格安で展開する

もっとみる
スキありがとうございます!
11

ヨガYouTube動画のチャンス市場④

本当は私のクライアント用に「新規事業をどう考えていくか?」の提案のためにまとめていた内容を、ちょっとヨガ用に転用して考えてみました。

新規事業を構想する視点で、地域のヨガスタジオやヨガインストラクターがYouTubeの投稿内容を決めていくアイデアになればと思います。

アサナ以外のYouTube投稿内容 5つの軸

1.顧客を育てるための目的でやるYouTube
2.新しい商圏でのサービス開拓の

もっとみる
スキありがとうございます!
5

世界一のホーム・ヨガ動画を撮るカメラ

世界で700万ユーザーを超えるヨガYouTuberの制作環境調査結果を備忘録として紹介します。

ポイントは、
・ギフト商品としてのYouTube動画(10分程度の短尺映像)は一眼レフで撮影
・売れる商品としてのクラス動画(1時間近くの長尺映像)はシネマカメラで撮影
掲載する媒体やタイプによって使い分けられていました。

「ヨガ」「ピラティス」「ストレッチ」などのシンプル・ホーム動画を撮影したい人

もっとみる
スキありがとうございます!
2

音大卒業生のオンラインヨガ PR例

競争が今後激化していくオンラインヨガ市場で、自分の専門性をどのように確保し、安心して取り組んでいけるかの事例紹介です。

前回、ターゲット選定について書いた記事を補完する目的で、少し具体例をだしておこうと考えました。今回は音大卒業生ヨガインストラクターの事例です。

こちらはマガジン購読者限定記事になっています。

もっとみる
スキありがとうございます!
4