あたらしいヨガとマーケティングの教科書

96

ヨガ教室が「カーブス」から学べること

フランチャイズ型フィットネスクラブの店舗あたりの新規出店にともなう広告宣伝費(特に初期)の割合を調べているうちにカーブスのことを詳しく見るようになりました。

地域ヨガスタジオにも活かせる点が多いと感じたので、良い部分だけを真似してみるのをおすすめしたいと思いました。(悪いかもしれない点もあります。)

私がどんな想いでヨガ業界に入ったのか?

ちょっと自分のことに遡りますが、以前家族を医療過誤で

もっとみる
スキありがとうございます!
6

オンラインヨガのマーケティング考⑤「自然で美しい自分を傷つけない告知例」

「オンラインヨガのマーケティング考」シリーズの第五話目は、自然な広告手法について。

まずはなぜ広告(PR)が必要で、広告にはどんな手段があって、その中から自分らしく思えるものを選ぶ方法について説明していきます。

なぜ広告が必要なの?

これまで考えてきた内容から、あなたが持つべき商品(オンラインヨガの方向性や課金モデル)が見定められたら、それを正しく告知しなければユーザーから反応を得ることは難

もっとみる
スキありがとうございます!
9

オンラインヨガのマーケティング考④「マネタイズの方法を考える」

「オンラインヨガのマーケティング考」シリーズも第四話目を迎えて、いよいよお金の儲け方についてです。

マネタイズとは?

当初はユーザーに対して無料で提供するサービスに対して、収益化を図ることを指します。一言でいうと、マネーを貰える仕組みを作ることです。

マネタイズのモデル例

よく言われるのは以下の4つです。

1.広告モデル
2.課金モデル
3.仲介モデル
4.ECモデル

1.広告モデル

もっとみる
スキありがとうございます!
11

オンラインヨガのマーケティング考③「実績がない時期の実績づくり」

「オンラインで行うヨガが収入になるか?」

「周りではとてもうまくやっているスタジオ、インストラクターがいるみたい、、でも、私がどうやって・・・」

それに答えるべく環境構築の方法や、戦略的な考え方についてこれまで書いてきました。

ただ、ふとこんな疑問も湧くと思います。

「かけだしの私が生徒を集められるだろうか?」
「これまでオンラインでの存在感(ブランド)はゼロに等しかったけれど・・・」

もっとみる
スキありがとうございます!
11

アフィリエイトを活用しているヨガ・フィットネススタジオの一覧

なぜリストしているかの趣旨と活用方法は想像におまかせします。

相手を知ることで対策が打てます。
わからないままに否定することなく、自らの弱み消す動きに変えましょう。

アフィリエイトプログラム利用における顧客獲得コストはLTVの10%未満に抑えるのが主流のようです。

それでは、以下リストです。

スキありがとうございます!
1

(オンライン)ヨガウェア市場に眠る隙間と新参ブランドが追いつくための戦略

ヨガウェアのECサイト運営に携わり、適切なROASや広告施策を展開してきた自分なりの、これから来る新しいトレンドを読みながら、旧態依然としたヨガウェアECサイトをいかに短期間でキャッチアップ&新しい価値を生み出せるかの方法論について考えてみました。

それでは以下、簡単に紹介です。

大きな3つの波を考える

もっとみる
スキありがとうございます!
3

【執筆中】日本のヨガ(ヨガスタジオ)の「ブランディング」や「プロデュース」を支えるものたち一覧(プロデューサー・設計・施工会社・PR等)

この記事は随時更新されていきます。
私がそれに気づいたタイミングで随時追加することにしました。

ソフトの面、ハードの面を支えるものたち。
これらがわかることで、これからの次代に向けたサービスの「何が余計で、何がマストなものであるか」が理解できてくるのではないかと思います。

彼らがなぜそれを行うのか?
最終的に用意したい段落としては精神的な部分・ビジョンについても考察できれば良いと考えています。

もっとみる
スキありがとうございます!
4