note7なし

7.ふたりでラブホを出たあとに残る想い

ビアンコースを終えて一歩ホテルの外に出ると、お客様はさっきまでガチガチに緊張していた方とまるで別人のような顔を見せてくれます。私とあいだの距離感も明らかに変わった状態で、外の空気を吸います。涼しかったり清々しかったり少し寒かったり……きっとお客様も同じような気持ちで横を歩いているんだろうなと思います。

そのときの表情が、すべてを語っているように思えます。
私は、そんな嬉しそうな表情をみるのがすごく好きです。

お別れの時間が来てお客様をお見送りするとき、私はこんなことを考えます。

何か持って帰ってくれているだろうか?
どれだけ世界が広がったかな?
私も楽しかったな。
この方にまた逢えるかな? 逢えたらいいな。

さびしさと嬉しさが混ざりあった気分です。
もう二度と逢えない方もいるかもしれないので、レズ風俗というのはまさに一期一会だなと思います。

お見送りをし、事務所に戻るときの私は、満足感に満ちているか、反省をしているかのどちらかです。でも、やりきっているのだから絶対に落ち込みません。次に再び同じお客様に出会えたときに、何ができるかを考えるだけです。

事務所について用事を済ませたら、ドリンクをいただきながらお礼のブログを書きます。

帰り道にブログを読みにきてくださるお客様も多いようです。どきどきしながら見にきて更新されていないとがっかりされますよね。だから、早ければ早いほどいいのです。

*   *   *

レズっ娘クラブのHPには「レビュー」があります。ほかのお店では見られない、独自のシステムです。

お店HPで、各キャストのプロフィールページの一番下に設けているもので、お客様がご利用されたあとの満足感を、そして応援する気持ちをつづってくださります。お見送りしてすぐ書いてくださる方もいれば、数日後、もしかしたら数カ月後に送ってくださる方もいます。

要は、飲食店情報サイトのレビューのようなものですが、ひとつルールがあります。

それは、「まだレズっ娘クラブのご利用を迷っている人たちに向けて書く」というものです。

レビューをもらえると、とても嬉しいです。私に逢ったあとどんな気持ちになったか? その後どう変わったか? ほかのお客様以上に、私たちはとても知りたいからです。

新規のお客様がはじめて書いてくださったレビューには、「人生が変わった!」というような、とても感情的なもの多いです。「逢いにいってよかった」と喜びがつづられていれば、私自身も嬉しく、励まされます。

最近では、「レビューを読んで、ゆうさんに逢いにいく決心をしたよ」という声もよく聞きます。自分が味わった幸福感を、できればほかの女性にも味わってもらいたい。そんな気持ちが、すてきなスパイラルを生んでいると感じます。

ほかに多いのが、
 私がどんな人物か?
 私とどんなことをしたか?
 そしてどんな気持ちになったか?
といったことがつづられたレビューです。

本音では「自分だけのものにしたい」「秘密にしたい」という独占欲があるかもしれないのに、そうではなく、私たちのことを考えてレビューを書いてくれるのは本当に嬉しいことです。

利用を迷っている方はまずは気になるキャストを選び、そしてぜひレビューを読んでみてください。そこで、人間性や人柄を感じてもらえたらと思います。

特に、はじめてご利用される方からすれば“レズ風俗のキャスト”は謎の多い存在でしょうから、口コミというのか、レビューはその人物像をつかみやすい場所なんだろうなと思います。

レビューを読んでいるとき、私はこの仕事のやりがいを感じますね。

お客様とは、実際にお会いする時間を除くと、ご予約時の伝言欄とレビュー、そして私たちのキャストブログでしか通じ合うことができません。すべてインターネットと文字を介していますが、唯一心が繋がれる場所だと私は思っています。

*   *   *

最後に、まだレズっ娘クラブをご利用したことのないあなた、そしてまだ見ぬあなたへ。

私はあなたを必ず幸せな気分へ導きます。
心を温めます。底知れぬパワーであなたを温めます。

後悔はさせません。
私が、楽しむからです。
必ず、あなたも楽しくて幸せで嬉しい気分になります。
その約束をします。
私にその約束への挑戦をさせてください。

あなたは、ひとりじゃありません。
私がいるからです。
あなたのよき友人、よき恋人、よき家族、どんなものにもなれます。
苦しみは、ずっと続くものではないんです。
あなたが行動すればきっと道は開きます。
背中を押していきます。

長い人生のうちのほんの数時間だけでも、どうかお付き合いください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
39
永田カビ先生著「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」にも登場!女性向けコースの他、男性利用可能な鑑賞コースやカップルコースもあります。代表「御坊」著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』https://www.amazon.co.jp/dp/4866211253

こちらでもピックアップされています

レズ風俗キャストゆう、気づけば10年やってます
レズ風俗キャストゆう、気づけば10年やってます
  • 94本

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』にも登場したベテランキャストゆうさんによる回顧録『レズ風俗キャストゆう、気づけば10年やってます』がnoteにて連載開始しました!