見出し画像

さんま、たけし、タモリ、ダウンタウンはネットで観れない

一度決めたら意地を張る性格の僕。テレビの報道、ワイドショーが、あまりにも僕の価値観と違ったので、「こんなモノに俺は左右されてたのか!!もう2度と見ない!」と、その日からテレビをつける事は無くなった。

そしてYouTubeを見るようになった。意地。笑。

しかし今日、ツイッターのトレンドに『ドリームマッチ』とあった。あれは年末だし、今は東西ネタ合戦みたいに内容も変わってるから、過去の話がなんか盛り上がってるのかな?それとも、全然違う意味のドリームマッチかな?

開けてみると、6年ぶりに復活!ドリームマッチ2020!とあった。

芸人が、コンビの枠を越えて相方ではない人とコンビを組んでネタをする、その名の通り、その日だけの夢の組み合わせ、夢のネタが観られる番組。司会はダウンタウン。

僕の心は揺らいだ。。。み、、、観たい、、、。

でもテレビは見ないと決めて意地を張っている。ここで見てしまったら、筋が通らない。カッコ悪い。つじつまが合わない。

でも、それ以上に観たい。。。あの、小学生の時、遊園地などには行けなかったが、母親が、なんばグランド花月に連れて行ってくれて、吉本新喜劇を見て、生の島木譲二のパチパチパンチに感動した、心の奥にしまっていたお笑い好きのひらおか少年の魂が揺れ動く。。。

僕は決めた!観る!!!

YouTubeは面白い!でも、さんまさんや、たけしさん、タモリさん、ダウンタウンは、YouTubeでは観れない。あの人達は、テレビの人。

それにもきっと、あの世代の芸人さんの絆みたいな、イキなはからいがあると思うんだ。ひょうきん族、ごっつええ感じ、いいとも。若手時代に一緒になって切磋琢磨して、共にテレビを作ってきた戦友みたいな仲間意識。

きっと、恩返しをしてるんだと思う。これだけネットが流行って、だんだんそっちに流れていってしまってる中、「俺たちを見たかったらテレビ観てね」とメッセージを発するかのような。局のお偉いさんや、事務所の社長、名プロデューサー達と、対等に話ができる分、一緒にテレビを作ってきた仲間として、暗黙の了解?いや、もしかしたらそういう会話が交わされたのかもしれない。「こんな状況ですけど、この番組だけは、続けてください。」「わかってる。でも、おまえらの為ちゃうぞ。好きやからやってるだけや!」と、勝手に妄想してしまいましたが。。笑

東京は粋。大阪は情。

お笑いって、、、ステキやん❤︎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けたら、僕のハートは、どんどん膨らんで今以上に大きな愛をお届けできます。わぁーーーん!スキだけじゃ物足りない💕どうかよろしくお願いします。

トゥギャザーしよう👍
10
精神的ハンディキャップ(統合失調症患者)19歳で発症。現在、薬を飲みながら健康な生活をしています。皆様の沢山の温かいサポートに感謝です。僕の喜怒哀楽を、ありのままに綴ります。障害を乗り越えて、共存できたら幸せです。大好き❤︎
コメント (2)
みましょ♡ 笑
楽しみぃぃ 笑
ドイchan みましょーー!!👍
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。