マガジンのカバー画像

🏆自由すぎる研究グランプリ

5
本
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

高校生の興味関心が大集結! 探究成果を大学生と企業が称賛する「自由すぎる研究グランプリ」とは?

「自由すぎる研究グランプリ」は、トモノカイによって今年初めて開催された探究成果の全国大会です。 今年4月下旬から募集を開始した本大会ですが、初開催にして本当に“自由すぎる”作品が全国から集まりました。 本記事では、そもそもの「自由すぎる研究グランプリ」について改めて紹介するとともに、活用できる場面や今後の展望について触れてまいります。 また、現在(2022年7月)は最終審査まで進んでいる本大会ですが、惜しくも審査通過を逃してしまった素晴らしい作品もたくさんありました。

スキ
10

【第四弾】未来にワクワク! 今後の可能性に期待が高まるような、自由すぎる研究グランプリ事務局の推し作品をピックアップ!

今年度から高等学校において必修となった「総合的な探究の時間」。   「探究型入試」を採用する大学も増えていることからも、進路やキャリアにも影響しうるこの探究的な学びへの注目度の高まりを実感することができます。   本記事では、惜しくも1次審査の通過は逃してしまったけれども、トモノカイの〈自由すぎる研究グランプリ運営事務局〉が推した作品に着目してみました。 本当に自由すぎるテーマが集まっており、一度に記事で紹介することが難しいので、いくつかのカテゴリーに分けたシリーズ記事として

スキ
5

【第三弾】これは面白い! 高校生ならではの発想が集まった、自由すぎる研究グランプリ事務局の推し作品をピックアップ!

今年度から高等学校において必修となった「総合的な探究の時間」。 「探究型入試」を採用する大学も増えていることからも、進路やキャリアにも影響しうるこの探究的な学びへの注目度の高まりを実感することができます。 本記事では、惜しくも1次審査の通過は逃してしまったけれども、トモノカイの〈自由すぎる研究グランプリ運営事務局〉が推した作品に着目してみました。 本当に自由すぎるテーマが集まっており、一度に記事で紹介することが難しいので、いくつかのカテゴリーに分けたシリーズ記事としてご紹

スキ
2

【第二弾】環境にイイね!未来が明るくなる研究が勢ぞろいな、自由すぎる研究グランプリ事務局の推し作品をピックアップ!

今年度から高等学校において必修となった「総合的な探究の時間」。   「探究型入試」を採用する大学も増えていることからも、進路やキャリアにも影響しうるこの探究的な学びへの注目度の高まりを実感することができます。   本記事では、惜しくも1次審査の通過は逃してしまったけれども、トモノカイの〈自由すぎる研究グランプリ運営事務局〉が推した作品に着目してみました。 本当に自由すぎるテーマが集まっており、一度に記事で紹介することが難しいので、いくつかのカテゴリーに分けたシリーズ記事として

スキ
9

【第一弾】探究テーマ探しのヒントにも。自由すぎる研究グランプリ事務局の推し作品をピックアップ! 

今年度から高等学校において必修となった「総合的な探究の時間」。 「探究型入試」を採用する大学も増えていることからも、進路やキャリアにも影響しうるこの探究的な学びへの注目度の高まりを実感することができます。 本記事では、惜しくも1次審査の通過は逃してしまったけれども、トモノカイの〈自由すぎる研究グランプリ運営事務局〉が推した作品に着目してみました。 本当に自由すぎるテーマが集まっており、一度に記事で紹介することが難しいので、いくつかのカテゴリーに分けたシリーズ記事としてご紹介し

スキ
45