見出し画像

『集中を科学してみてわかったこと』 Think Lab × リノベる。 自宅で全集中メソッド 連載第一弾

今回の記事は、2021年2月4日に開催した「Think Lab」井上一鷹がゲストとして登壇した中古不動産探し+リノベーションのワンストップサービス「リノベる。」とのインスタライブのダイジェストレポート(全三回連載)の第一弾をお届けします。

1)テーマは「自宅で全集中!」

大塚:本日は「リノベる。」のインスタライブをご視聴いただきありがとうございます。司会進行を務めます「リノベる。」の大塚と申します。今日は表参道にある「リノベる。東京 表参道本社ショールーム」からお届けしています!今日のテーマは「自宅で全集中!」。今の時代に合ったテーマですよね。コロナ禍で在宅ワークが主流になり、弊社でもお客様からのワークスペースの需要がすごく高まっているんです。このショールームでも「職住融合」を大きなテーマとして、家の中にワークスペースを3カ所つくるなど、コロナ禍で一変した働き方や生活様式に合わせてオンオフの切り替えがしやすい設計をしています。

画像1

リノベる。東京 表参道本社ショールーム

大塚:そこで、本日ゲストにお招きするのは、株式会社ジンズホールディングス執行役員兼株式会社シンクラボ取締役の井上一鷹さんです!井上さんは、数年前から在宅ワークの必要性を唱え、ソロワークでの「集中」について研究されています。実は井上さん、弊社でご自宅をリノベーションされていて、コロナ禍でも非常に快適に過ごされているそうなんです!集中できる家づくりの秘訣などもお聞きできればいいかなと。みなさんが今の自宅のあり方を考えるきっかけになれば嬉しいです。それでは井上さん、どうぞよろしくお願いいたします!

画像2

左:リノベる。大塚さん  右:Think Lab 井上さん

井上:お世話になります!よろしくお願いします。

大塚:井上さんは「自宅で全集中!」という今日のテーマの第一人者として、自宅のリノベーションの話も含めていろいろ伺いたいと思います。まずは自己紹介をお願いします。

2)集中を見える化するメガネでデータを取ってみた

井上:僕はメガネ屋の「JINS」で「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」というメガネの開発に携わりました。このメガネはスマホとつながっていて、目の瞬きや動き、姿勢をセンシングしてくれて、どのぐらい集中しているかをデータで取ることができます。

画像3

JINS MEME

井上:今ってスマホに万歩計が入っていて体の活動量がわかるじゃないですか、それに対して脳の活動量を推定するためのメガネですね。それで、いろいろデータを取ってみたら、面白いことがわかって。

画像4

井上:これが実際に僕の集中を見える化したデータなのですが、驚くことにオフィスが一番集中できていないじゃん、てことがわかりました。考えてみるとオフィスって「ちょっといいですか」って声を掛けられたりするのが11分に1回ぐらいあって、そのたびに集中が途切れるんです。深い集中に入るには23分かかると言われていて、深い集中に入る前に話しかけられるというのが繰り返されてのこの数字になったことが考えられます。だから、僕にとっては公園や喫茶店が結構集中できていて、そういったデータを元に「オフィスが集中できないからオフィスに来ない」ではなく、「オフィスがどういう環境だと人は集中しやすくなるか」を考え始めたのがThink Labのスタートです。具体的には、JINS MEMEではこのようなデータが取れるので、例えば「どういう机の構造で、横幅が何センチだと集中が続くのか」だとか、五感の刺激についても「どんな植物がどれぐらいあると集中が続きやすいか」「自然音をどう配合すると集中が続くのか」などを研究し、「世界で一番集中できる場所」を作るべく、空間ビジネスの「Think Lab(シンクラボ)」という新規事業を立ち上げ、そこを主幹しています。

画像5

大塚:私が井上さんに初めてお会いしたのが、ちょうど3年前の3月でした。2017年の末にThink Labの飯田橋店がオープンして、それを知ってぜひお会いしたいと思ってアポイントを取ったんです。元々弊社のお客様にはワークスペースの需要が高かったので、「相性がいいな」って勝手に思って。その時に、半分ノリで「井上さん、家作りましょうよ」ってお話をして、その後すぐ具体的に話が進んでいったんですよね(笑)

井上:そうですね。大塚さんに実際の場所をお見せしながらコンセプトや集中のメソッドなんかを僕が調子乗って話していたら、大塚さんに「それで家が普通なのはおかしい」って言われて。「じゃぁ俺作りますわ」みたいな感じで結構トントンと進めたんですよね。

大塚:そんなこと言いましたっけ?(笑)井上さんはそれまで賃貸で暮らしていたそうですが、住宅購入やリノベーションを決めるにあたり、どんな思考の変化があったんでしょうか?

井上:僕は結構飽き性で、10年間ぐらい毎年いろんな賃貸を転々としていたんです。それって、違和感を持ったまま賃貸を借りているんだと思って。だから一度、自分の中で考え切った場所を作ってみようかと。賃貸の家賃以上にならない金額で35年ローンを組み、1人で集中したり人を家に呼んで会議をしたりと、家で全部済ませられたら嬉しいなと思ってお話を始めました。

大塚:なるほど!では、具体的にリノベーションをするにあたり、どんな視点で進めたのでしょう?

気になる続きは、1週間後に配信予定です!お楽しみに!

▼全てご視聴頂きたい方はアーカイブ動画をご覧ください!

▼「リノベる。」サービスサイトはこちら

▼「リノベる。」公式noteはこちら

▼「Think Lab」サービスサイトはこちら

https://thinklab.jins.com/jp/ja/

▼「Think Lab HOME」製品情報はこちら

https://thinklab.jins.com/jp/ja/home/


ありがとうございます!!
20
"世界一集中できる場"を目指しスタートした「Think Lab」のメディアです。働き方や生き方に深く関わる「集中」や「深く考える時間」を入り口に、多様な人たちの思考や知恵、言葉をお届けします。https://thinklab.jins.com/jp/ja/