在宅勤務で「集中力」を上げる方法(その1)/光と集中のはなし
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

在宅勤務で「集中力」を上げる方法(その1)/光と集中のはなし

Think Lab MAGAZINE/深く考える時間が働き方を変える

新型コロナウイルス感染症が猛威を振い、私たちの仕事に大きく影響を与えています。

在宅勤務・テレワークが推奨され、自宅勤務をしている人も増えている反面、自宅をいきなり仕事場にすることへの“戸惑い”も少なからずあるのではないでしょうか。小中高の一斉休校も相まって、お子さんがいる方は在宅勤務するにしてもなかなか集中できない環境なのかもしれません。

そんな働く方々にThink Labとしてできることを考え、本日から短期集中で「Deep Think Method」を発信することにしました。自宅で集中力を高める、いい仕事ができる時間を手に入れるコツやノウハウを掲載していきます。

本日のテーマは「室内照明と集中」です。

自宅は「オフモード」に適した照明になっている

先述した通り、いま在宅勤務という形態を選び、仕事を家で行う人は少なくありません。

ですが、家は“夕方以降に過ごす場所”という前提のもと、照明は暖色系の色(電球色)に設定されていることが多く、一方で、仕事をする場所であり“昼間を過ごす場所”であるオフィスの照明は、寒色光(昼白色・昼光色)がほとんどです。

画像1

人間は、太陽の光をもとに生活のリズムをとっており、昼間に夕方以降の時間の光を浴びる環境にいては、体内時計は狂ってきてしまいます。集中にも影響が及び、仕事のパフォーマンスもなかなか上がらないでしょう。

そこでおすすめしたい対策は、時間帯で照明の色味を変更することです。

最近は、リモコンで照明の色味を調整できる照明が多いですが、仕事に取り組む、集中力を高めたい時間帯は寒色光を選ぶこと。そして、仕事が終わってリラックスしたい時間帯には、暖色光に切り替える

自然光に近い調光で体内時計を整え、自身のコンディションを保っていきましょう。

区切り線

一人で深く考えるためのソロワーキングスペース。
独自の開発によって生まれた空間で、最高の集中をご体験ください。
自社オフィスだと集中できない、一人の時間を満喫したいという方にオススメです。

↓ Think Labについては、以下リンクをご参照ください。

Photo:shutterstock/BONNINSTUDIO








ありがとうございます!!
Think Lab MAGAZINE/深く考える時間が働き方を変える
"世界一集中できる場"を目指しスタートした「Think Lab」のメディアです。働き方や生き方に深く関わる「集中」や「深く考える時間」を入り口に、多様な人たちの思考や知恵、言葉をお届けします。https://thinklab.jins.com/jp/ja/