見出し画像

【無料】✔️英語が超苦手な人の英語学習法

このノートをフォローしてくれてるひと!!
ありがとう
😊

こんばんは。シータ先生です。

本日は、英語が超苦手な人のための英語学習法を紹介します。

超苦手な人のための勉強法なので、得意な人は今回のnoteは、読まないでください(笑)役に立ちません。

どのくらいの人向けかというと、中1レベルです。少なくとも、アルファベットは書けますっていうレベルの人向けです。

では、まずは、具体的な勉強法をシェアする前に、僕の中学時代の体験談をお話ししたいと思います。

シータ先生の中学時代

僕は、中学になったばかりの頃、英語がとても苦手でした。初めて受けたテストで、再テストどころか、再再再再再テストまで行ったぐらいです(笑)もちろん、習い始めたばかりの頃なので、ローマ字の書き方や曜日を英語で書くとか、その程度の内容でしたが、全然頭に入ってきませんでした。

当然、学校での授業もついていけるはずがなく、どんどん英語が嫌いになっていきました。新学期の初めは、自分は英語が得意だと思っていたのに…

実は、小学生の時に僕は、英会話を習いに行っていました。正直、長続きはしませんでしたが、みんなでゲームをしたりするのが楽しくて、通っていました。シャイボーイだったせいか、レッスン中は、積極的に英語を話すことはなく、学んだことと言えば、アルファベットの書き方と数字の数え方ぐらいでした(笑)

そんな僕でしたが、中学に入ったばかりの頃は、英語が得意だと思っていました(笑)僕ができないはずはないと思い、嫌々ながらも家で、何度も何度も英単語をノートに書き殴って、英単語の暗記を頑張っていました。しかし、全く頭に入ってきませんでした。実際、fromという単語を何度も書いて覚えようとしたのですが、いつまで経っても覚えられず、悔しい思いをしたのを今でも覚えています。

簡単な英単語ですら覚えれなかったので、文法を理解するなんて、もっての他です。さすがに、I amとかは理解できたのですが、一般動詞ぐらいから、よく分からなくなりました。

そんな劣等生だった僕ですが、中3の時には定期テストで80点を取れるようになっていました。

びっくりですよね⁉️

今回のnoteは、そのために行った方法を3つ紹介します。

【1】文法の本質を知る
【2】英単語を覚えるコツを身につける
【3】教科書を隅から隅まで理解する

では、ここからは、具体的な方法を見ていきましょう。この方法は、中高生の人はもちろん、大人の方も出来る方法なので、必見ですよ‼️

英語が超苦手な人のための勉強法

【1】文法の本質を知る

「文法の本質を知る」と聞くと、難しそうに聞こえますが、難しい文法用語や文法書は必要ありません。何となくで英文法を捉えて、テキトーに扱うのではなく、未知のものを解明するつもりで取り組むということです。分かったつもりになるのが、一番危ういですからね。

本質を知る上で、僕が中学時代にお世話になった本がありました。このnoteを書くにあたって、調べてみると、まだ売られていました。10年以上前の本なんですが、まだ売られてるみたいです。

全部で3冊あって、一番基礎レベルの「じっくり基礎編」から「とことん攻略編」、「中学レベル完結編」まであります。

3冊を読めば、中学英語の基礎力がつきます。Kindle版もあるので、電子書籍派の人はこちらもオススメです。

中身は、会話口調で書かれていて読みやすいです。また、練習問題もあるので、パートごとに理解度を確認しましょう。

楽に読み進められるように書かれているので、気楽な気持ちで読んでくださいね。そして、理解できるまで、何度も何度も読み返しましょう。

【2】英単語を覚えるコツを身につける 

  英単語を覚えるコツはいくつかありますが、今回は英語初心者の人が使えるものを紹介します。

ポイントは3つあります。

1. まずは書けなくて良い。
2. フォニックスを知る
3. 発音しながら、書いて覚える

1. まずは、書けなくて良いです。発音を聞いて、意味が言えるようにしましょう。例えば、「アッポー」→「りんご🍎」、「りんご🍎」→「アッポー」と何度も発声して、覚えるようにしましょう。できれば、発音にも注意して、できるだけ、日本語っぽい発音にならないように、CDなどでネイティブの発音を真似するようにしましょう。

2. 1の手順で音で覚えたら、次のステップです。次は、「フォニックス」を使って、綴りを覚えていきます。フォニックス?って感じですよね。フォニックスとは、綴りと発音のルールのことです。英語圏の子供たちはみんな、このルールを学んでいます。彼らは、学校に通う前から周りの大人の英語を聞いて、英語はある程度は話せるのですが、当然文字は読めません。そこで、フォニックスを使って英単語の綴り方を学ぶ訳です。日本人の子供がひらがなを学ぶのと同じように英語圏の子供たちもフォニックスというルールを学んで、綴りを学習するのです。日本の英語教育では、発音記号を学びますよね。これは、英語圏では教わりません(笑)僕自身、昔から不思議なのですが、アルファベットが読めない人が、アルファベットで書かれている発音記号を読んで、発音を学ぶのは英語嫌いを増産するだけです。それでは、フォニックスの例を一つ挙げましょう。皆さん、ooって何と読みますか?英語初心者は、「オオ」と読んでしまうかもしれませんね。フォニックスルールでは、「ウー」もしくは「ウッ」です。bookは「ブック」ですよね。schoolは「スクール」と読みますよね。このルールを知っておけば、かなりの英単語が読み書きできるようになります。これも、僕のオススメの本を紹介しますので、良かったら読んでください。

3. 最後に、先ほどのフォニックスルールを踏まえて、発音しながら、何度も書いて覚えましょう。原始的な方法ですが、馬鹿にできません。以前、僕が中学生に教えていた時、よく書取りをさせていました。書取りをちゃんとやっていた人は、英語が得意でしたよ。

【3】教科書を隅から隅まで理解する

最後に、教科書を隅から隅まで理解しましょう。文章を何度も何度も音読しながら、英文を理解しましょう。また、理解できたと思ったら、先生になったつもりで、目の前に生徒がいると思って、英語を説明してみましょう。

もちろん、このnoteを読んでいる人は、大人の方が多いと思うので、中学の教科書は手元にないと思います。

でも、大丈夫です‼️実は、大人用の教科書が出版されているんです。

AR技術も採用しているので、iPhoneの専用アプリを使うとキャラクターが紙面から飛び出し、英語を話し始めます。近未来的だし、面白いので、ぜひ活用してみてください。

最後に

以上が、僕がオススメする超苦手な人の英語勉強法です。もちろん、学習法は、人によって合う、合わないがあると思うので、全てを鵜呑みにせず、取捨選択してください。

もし、このnoteが最高‼️って思ってくれたひとは、❤️とフォローをお願いします🤲

Twitterもやっています。英語学習に関することを呟いているので、是非フォローしてください!!

それでは、また明日😊

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

毎日noteを投稿しています。 サポートして頂ければ、洋書を買おうと思います。購入した本はnoteでも紹介します‼️ 一緒に英語学習楽しみましょう✌️

人は負けることを知りて、人より勝れり。by王貞治
15
コーヒー好きの英語講師 。僕がリアルタイムで考えていることを書きます 。英語学習法を語ります 。ショートショート(超短編小説)にも挑戦中 。stand.fmで音声配信中‼️ 👉https://stand.fm/channels/5f552bea6a9e5b17f7c14669

こちらでもピックアップされています

英語学習メソッド
英語学習メソッド
  • 89本

英語学習法をまとめたマガジンです。全て無料で読めます。

コメント (3)
初めまして。英語は超苦手ですが、この記事見て頑張ってみます。フォローさせていただきます。もし良ければフォローいただけると嬉しいです😆
コメントありがとうございます😊
有難うございます!
色々本も案内有難うございます!
助かります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。