見出し画像

なぜ炎上? アフリカで燃え続ける欧米メディア ステレオタイプを疑え

ケニアでニューヨークタイムズ(NYT)が炎上した。

複数のメディアで「また?」と揶揄される今回の炎上は、2019年7月上旬に出たナイロビ支局長ポストの求人が発端だ。

「スーダンの砂漠からソマリアの海賊、コンゴの森深くにタンザニアの海岸まで、飛び込んでいくチャンスがたくさんある仕事です。
テロに資源争奪、中国との戦い、民主化と独裁の終らない対立。
思っても見なかった希望の光や、急成長する社会の変化を読者に届ける喜びを」
(NYT求人案内より抜粋)

どこにの炎上ポイントがあるのだろうか?

●パロディー動画が続々登場

アフリカ全域のニュースを配信しているサイト「アフリカ・レポート」は、多くの批判コメントやパロディー動画のツイッター投稿を紹介している。

「NYTの特派員が海賊や砂漠をパトロールしてくれるなんて、アフリカ人として嬉しいね」
「19世紀の探検隊の募集かと思ったよ」
「インディー・ジョーンズが適任者だね」

ある投稿動画では、男性が大きな葉っぱの中から、息を切らして登場する。

「こちらコンゴの深い森です!ナイロビ支局長に応募します!それから、ソマリアの海賊の海を歩いています!テロとか、えーと、なんかそういうニュースに飛び込むので、ひとつよろしく!」

背後には普通の民家が見える。

また別の動画では、黒い肌のアフリカ人たちが登場する白黒のアニメに、戦時放送のようなナレーションが求人案内を読み上げる。求人の内容と映像、音声は驚くほどマッチする。いま放送したら、問題になりそうな内容だ。

この続きをみるには

この続き:2,894文字
記事を購入する

なぜ炎上? アフリカで燃え続ける欧米メディア ステレオタイプを疑え

The South|サウス

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。アフリカ、ラテンアメリカを伝える取り組みを、息長く継続していきたいと考えています。年に数回は現場にも入り、ご報告する計画です。ご支援をよろしくお願いします。定期購読の読者にもなっていただけたら、さらにうれしいです!

Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!
2
アフリカ、ラテンアメリカ(中南米)の情報をもっと増やしたいと考えてます。複雑さを増す世界を理解するうえで欠かせない、両地域に関する落ち着いた分析を発信しています。オリジナルサイトもぜひ。https://thesouth.jp