ブラジル人が自主制作した、実写3Dナウシカ。すごい
スクリーンショット_2019-05-16_15

ブラジル人が自主制作した、実写3Dナウシカ。すごい

実写で3DCGの「風の谷のナウシカ」の動画が公開されている。タイトルは、"Wind Princess"(風の姫)。

現時点で公開されているのは40秒ほどの予告編。監督はブラジル人のクリス・テックスさん(Chris Tex)だ。

「宮崎駿監督にオマージュ(敬意)を捧げる作品」として、非営利で制作された自主映画だ。予告編の後に現れる、監督の説明によれば、個人のポケットマネーで、友人たちのチームで4年かけて制作されたそうだ。現在、制作費の寄付を募っている。

ナウシカのコスチュームやメーヴェ(ナウシカが乗る空を飛ぶ乗り物)なども、3Dモデリングで、自作したという。

今回の動画でつくったコスチュームなどを、東京・三鷹市のジブリ美術館に寄付するのが夢だという。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
The South|サウス

最後まで読んでいただきありがとうございます。アフリカ、ラテンアメリカを伝える取り組みを、息長く継続していきたいと考えています。年に数回は現場にも入り、ご報告する計画です。ご支援をよろしくお願いします。定期購読の読者にもなっていただけたら、さらにうれしいです!

ありがとうございます!
アフリカ、ラテンアメリカ(中南米)の情報をもっと増やしたいと考えてます。複雑さを増す世界を理解するうえで欠かせない、両地域に関する落ち着いた分析を発信しています。オリジナルサイトもぜひ。https://thesouth.jp