瀬尾 浩二郎(theodoorjp)

株式会社セオ商事 代表 / サービス設計や企画、漫画の脚本などやっているエンジニアです。THE GUILDメンバー

セオ商事の営業日誌

セオ商事の、仕事と趣味の間の話しを連載します。UI/UX、デザイン、テクノロジー、哲学、その他プログレッシブな事柄をご紹介

すべて見る
  • 61本

問いを立てるときに、何がおこなわれているのか?

最近よく耳にするようになった「問い」とはなんだろうか? 「良い問いを見つけることが大事だ」といった発言を耳にしたことがある人もいるかもしれない。その名も「新しい問いを探す哲学カルチャーマガジン ニューQ」という雑誌を編集しているし、メタフィジカルデザイン(と我々は呼んでいる)という取り組みの中で「問いを立てるワークショップ」というものも、ここ数年おこなっている。 ここであらためて「問い」とはなんだろうか? なぜ「問い」を立てる必要があるのだろうか? 哲学研究者であれば「

スキ
9

哲学事業部 newQ についての覚え書き

哲学事業部をやっていると、たまに「これからのビジネスに哲学は必須ですよね」と言ってくれる人がいて、それはとてもありがたいのだけど、ややうしろめたくもある。 なぜか。 ちなみにこのうしろめたさは、「哲学のビジネス利用」といったようなものでは、おそらくない。というのは会社で哲学にとりくみはじめたきっかけは、そもそも「哲学を勉強したいけれど、仕事で哲学をすることにしたら一石二鳥じゃなかろうか?」という、ごく個人的な軽い気持ちではじめているところにある。なので必須かというと、その

スキ
14

なぜ人は川の写真を捨てるのか? / 哲学のPDCAを考えよう

newQメンバーによるPodcast「ニューQ」を配信しています。 瀬尾、今井、難波、永井を中心に、ときにデザイナーや音楽ライター、哲学研究者と様々なゲストを迎え、日常会話の延長にある「問い」について考えます。 ▶以下のリンクから聞くことができます Anchor Spotify Apple Podcast こんなことについて考えているPodcast「ニューQ」では、日常会話の延長にある「問い」について、くだらないことから真面目なことまで、カジュアルかつ真剣に考えています。

スキ
6

「何で稼いでいるんですか?」と言われたときに考えること

「何やってんだろうな(何で稼いでいるんだろうな)」 今ひとつパッとしない気分であることを友達に相談したところ「五月病にもきくかも」と勧められたのが「やくざと家族」という映画。 内容はとてもすばらしく(五月病に効くかどうかということだけはさておき)、冒頭の台詞は覚醒剤を扱ってないのに何で稼いでいるんだ、と主人公につっかかれた昔ながらのやくざの組長である舘ひろしが、ハードボイルドとコミカルさという二つの分水稜の中間にあるコンヴィヴィアルな、舘ひろしのシグネイチャーフェイスとも

スキ
9

ニューQ - 哲学カルチャーマガジン

新しい問いを考える哲学カルチャーマガジン、ニューQのnoteです。創刊号は2018/12/20頃より書店にて販売開始予定です。

すべて見る
  • 19本

『ニューQ』書店イベントのお知らせ

新しい問いを探す哲学カルチャーマガジン『ニューQ Issue03 名付けようのない戦い号』刊行にともない、7月より書店でさまざまなイベントを開催予定です。 それぞれ「名付けようのない戦い」という軸をもちながら、イベントごとに異なる角度での探究をめざします。みなさまの参加をお待ちしています! ※ 感染対策のため、今回はオンライン中心なので、遠くの方もぜひご参加ください 【全3回 7/21,7/28,8/6】ニューQ:問いを立てる読書会 @SPBS TOYOSU、オンライン

スキ
9

哲学カルチャーマガジン「ニューQ Issue03 名付けようのない戦い号」本日発売!

新しい問いを探す哲学カルチャーマガジン『ニューQ』のIssue03がついに完成です。 創刊号を「新しい問い号」、Issue02を「エレガンス号」として、2019年から毎年少しずつ刊行してきましたが、今回は「名付けようのない戦い号」となりました。 本日2021年6月16日より、徐々に全国書店にて販売開始です。 インディペンデントな出版のため、ぜひご注文いただけますとうれしいです。書店の方で、お取り扱いのご希望がありましたら、H.A.Bookstoreさんまでご連絡ください

スキ
37

セオ商事の営業日誌 〜 考えることから疎外されることの哲学 : 『フィルカル』Vol.5 No.3 より冒頭文抜粋

分析哲学の専門雑誌『フィルカル』Vol.5 No.3の特集「哲学のニーズ」に寄稿させていただきました。哲学の専門ではない人からみた哲学への期待とはなにか?について、これまでの個人的な仕事や、セオ商事哲学事業部の活動を通して書いています。 書きながらこれまで感じていたことを言語化していったところ、思いのほか長文となってしまいましたが、デザイン思考と哲学というあまりない組み合わせの話になっているので、そのあたりに興味のある方に読んでいただけると、とてもうれしいです。また専門雑誌

スキ
11

哲学カルチャーマガジン「ニューQ」エレガンス号を刊行しました。本日より全国書店にて順次発売!

ついに完成しました!その名も『ニューQ Issue02 エレガンス号』。 前号の次回予告で「2019年春発売!」と謳っておきながら、あれやこれやで気がつけば冬になってしまいましたが、11/19より全国の書店で発売が始まります。 内容は... エレガンスってなんだろう? という問いをテーマに、哲学者の梶谷真司先生と一緒に、ファッションデザイナー 中里周子さんのエレガンスワールドを読み解く巻頭特集に始まり、NYを拠点に活躍するアーティスト 野村康生さんに訊く自然科学のエレ

スキ
17