見出し画像

私たちに多大な影響を与えてくれた、  伝説のロックバンド “ Queen ”


2018年秋に公開された映画「ボヘミアン・ラプソディー」が爆発的なヒットとなり、世界興行収入は1,000億円を超えたようです。公開から2年が経過しますが、2020年1月には来日コンサートもあって、まだまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

画像1

▲ 映画 ボヘミアン・ラプソディー

私がクイーンに出会った1970年代は、洋楽ロックの黄金時代とも言われ、Queenのほか、ビートルズ、レッド・ツェッペリン、ドゥービー・ブラザース、キッス、スージー・クワトロ、ローリング・ストーンズ、イーグルス、ボブ・ディラン、アース・ウィンド&ファイヤー、エアロスミス等々、たくさんのロックグループが活躍していた時代です。

弊社社長も私も、Queenは40年以上に渡って聴き続けていて、マグリットの商品開発は、Queenの巧みな楽曲もヒントの一つになっています。

2020年1月に来日したコンサートで人生初の生クイーンを体験させていただき、フレディーとジョンはいなかったものの、改めてQueenの素晴らしさに感動しました。

Queenは自ら「僕らは単なるハード・ロック・グループではない!」、と断言していて、独自の音楽センスを持った4人のメンバーがそれぞれ作曲を行うために、ロックとはいえ、楽曲のバリエーションがとても幅広いのも、40年以上聴き続けても決して飽きない最大の理由かもしれません。

クイーンライヴキラーズ

▲クイーン ライヴ キラーズ レコードジャケット中面

各メンバーの作風には違いがありますが、多くの楽曲にはQueenらしい共通点があります。そのひとつが、何度も音を重ねる多重録音を施すレコーディング手法ではないでしょうか。
「キラー・クイーン」のギターソロ(ギター・オーケストレーション)のほか、「ボヘミアン・ラプソディー」のオペラ・コーラスでは、アナログの時代に180回ものボーカルのオーバー・ダビングが施されています。

「ブライトン・ロック」のギターソロ、「預言者の唄」のアカペラ・パートのように、計算し尽くされたエコーマシンの使い方にも独特なものがあります。

そして、Queenの楽曲にはところどころに、効果音や何か判別不明な音を組み込んでいること、前後左右に揺さぶるように聞こえるレコーディングの仕方、瞬間的に使用するリバーブ等々。素人の私でも、レコーディングには、様々なアイデアが盛り込まれていて、かなりの時間と労力がかけられていることが想像できます。

また、シンセサイザーと間違えるような音色を出す、ハンドメイドギター”レッド・スペシャル”とブライアン・メイのプレイング・テクニック。

画像11

▲ハンドメイドギター/レッド・スペシャル

「ボヘミアン・ラプソディー」のように通常ではあり得ない曲調展開、絶妙なタイミングで転調したり、変拍子を入れたりする曲調。録音したものをさらに再生スピードを調整し音程を上げたり下げたり。あとは、完璧なコーラス・ハーモニーでしょうか。

ファーストアルバムの“戦慄の王女”から、レコーディングに携わった、プロデューサーのロイ・トーマス・ベイカーは、Queenの楽曲に大きな影響を与えた一人です。

Queenとロイとはお互いに”運命の出会い”というべきで、Queenはロイのプロデュースによって、楽曲が洗練され、ロイはQueenによって、グラミー賞やギネス世界記録など多くの賞を受賞することができたのです。戦慄の王女、QueenⅡ、Sheer Heart Attack、A Night At The Opera、JAZZの5枚のアルバムをプロデュースしていて、私が特に聴き続けてきたアルバム、戦慄の王女からA Night At The Operaまでは、ロイのプロデュースによるアルバムでした。

すべての楽曲ではありませんが、Queenの楽曲は、ロックとはいえ、ドラマティックな展開があり、起承転結を感じる楽曲もあれば、とても神秘的で芸術性を感じる楽曲もあります。

別の見方をしますと、ある意味、音楽のシュルレアリスムではないか、と思うことがあります。シュルレアリスムの技法の一つに現代美術用語で“ディペイズマン”と呼ばれる技法があり、これは「意外な組み合わせを行うことによって、見る者を驚かせる」という技法です。

下記は、ベルギーの画家、ルネ・マグリットのディペイズマンの技法を使った代表作「光の帝国Ⅱ」です。上半部は青空が広がった昼を描き、下半分は街灯が灯った夜を描いています。相反する昼と夜を見事に一枚の絵にまとめています。

画像3

このディペイズマンの技法を美術から音楽に置き換えた場合、Queenの楽曲も、衝撃を覚えるような独創的な曲調展開がありながら、それに反して一般的で耳に馴染みやすいメロディーラインもあり、この相反する二つが両立しているところも、大きな特徴の一つではないでしょうか。そして、忘れてはならないのが、数万人の観衆全員を巻き込む、フレディー・マーキュリーのステージ上でのパフォーマンス力です(映像でしか観たことはないのですが・・・)。

40年以上前に買った、レコード“QueenⅡ”の解説には、ロキシー・ミュージックのドラマー、ポール・トンプソンが、「あんまり仕掛けをしすぎる演奏」と批評している、との記載があり、プロのミュージシャンでも、レコーディングにはかなり手が込んでいる、と逆に認めている裏付けと言えるのではないでしょうか。

画像4

▲ QueenⅡ 解説/福田一郎 氏

実は、1996年に誕生した、黒を基調とする初代マグリットホールは、1980年代後半にニューヨークで圧倒的な人気を博したナイトクラブ“ネルズ”が原形になっていますが、上記のように様々な工夫や多彩な仕掛けを施すQueenの楽曲づくりもヒントの一つになっているのです。

マグリットホールが完成した時点で、次なるホールのコンセプトは既に決定していました。それは、QueenⅡのアルバムコンセプト、A面をホワイト・サイド「White Queen」B面をブラック・サイド「Black Queen」(レコードの時代は、表面をA面、裏面をB面と表現していました)とする着想がヒントになりました。

黒を基調としたマグリットホール
とは対照的で、白を基調とするホールです。4年後の2000年には、真っ白なホール、ブルーアイズ(現 ザ ハウストン・ルームⅡ)を完成させました。

画像10

“QueenⅡ”に収録されている「フェアリー・フェラーの神技」
様々なアイデアが凝縮されているこの楽曲は、あまりメジャーではないかもしれませんが、私を含めQueenファンのなかで密かに気に入っている人も多いのではないでしょうか。最初は、「Ogre Battle」と「Seven Seas Of Rhye」ばかりを聴いていたのですが、中学1年生の夏にこの楽曲と「The March Of The Black Queen」にハマり、数え切れないくらい聴き返した思い出があります。

画像6


ファンならご存知の方も多いと思いますが、この楽曲は、ヴィクトリア朝時代、“狂気の画家”と言われた、リチャード・ダッド(1817-1886)の、多くの人物や妖精が、びっしり描かれている「フェアリー・フェラーの神技」をモチーフとした同じタイトルの楽曲です。ダッドの絵と同じように歌詞には人物や妖精が多く登場し、曲調も転調を繰り返し、錯綜しています。

私としては、この絵だけをモチーフにしているのでなく、この絵を作成しているときには、既に精神に異常をきたしていたダッドの心理状態をそのまま楽曲に表現したかのようにも感じます。

無題2

画像8

▲ フレディーらが足しげく通っていた、国立美術館Tate

リチャード・ダッド
イギリス南東部ケント州チャタムで生まれる。本格的に絵を描き始めたのは、13歳からである。1837年、ロイヤル・アカデミースクールの学生許可をとる。この年「眠るティターニア」がロイヤルアカデミーに「パックと妖精たち」が英国芸術家協会に展示された。この展示で批評家に絶賛され、将来を有望された画家であった。

無題4

弁護士のサー・トーマス・フィリップスが、ヨーロッパ、中東旅行に同行する画家を求めており、ダッド(25~26歳の頃)はこの仕事を得て、10カ月の旅行に出た。しかし、旅の後半から、ダッドの精神状態がおかしくなり、狂いそうな自分を抑え、急いで帰国した。ところが、ついに大きな事件を犯してしまい、一生涯、精神病棟で過ごすことになるが、ダッドにとって、絵を描くことで、知性の破壊を免れた。絵の話になると、聡明に話すことができたが、一旦妄想の世界に入り込むと話はつじつまが合わなくなった。1884年没。

ヴァーチャル絵画館より

「フェアリー・フェラーの神技」は1855年から1864年まで長年に渡り描き続けられ、細密描写を実現しているが、画面の左下部分だけが、下書きの状態となっており未完作品となっている。

アンティークアナスタシアより


「フェアリー・フェラーの神技」は小説としても出版されています。
主人公が幼い日に衝撃を受けた絵の謎を解くことで生きる意味を見出そうと、画家の足跡を辿る旅に出る話。
翻訳者 木村京子氏Amazon著者からのコメントより

画像10

▲ マーク・チャドボーン 著 木村京子 翻訳
2003年同作品で英国幻想文学大賞短編部門受賞


▲ CDバージョン+映像は不明です。


この楽曲のライヴ演奏は絶対に不可能だ、と長年思っていましたが、you tubeにありました。但し、映像は他のライヴ映像の組合せのようです。

▲ 1974年ライヴバージョン


映画で初めてQueenを観られた方は「ボヘミアン・ラプソディー」5:53が最も長い楽曲だと考えがちですが、実はもっと長い楽曲があるのです。
“A Night At The Opera”に収録されている「The Prophet’s Song」(預言者の唄)が一番長いと言われていて、8:19もあります。その他にも、”戦慄の王女“収録の「Lair」6:25、”QueenⅡ“収録の「Father To Son」6:13、「The March Of The Black Queen」6:33などがあります。

しかし、本当に一番長い楽曲は、“Made In Heaven”に収録されている「Reprise」(インストゥルメンタル)は、なんと22:31もあるのです。2020年1月に来日したときのコンサート開始前20分ほど流れていた曲は、部分的にこの曲に似ているように感じます。

なかでも作曲・作詞共にフレディー・マーキュリーが手掛けた、「The March Of The Black Queen」は曲構成が“起承転結”を感じさせ、「ボヘミアン・ラプソディー」の原形を思わせるような楽曲です。フレディーはQueenが結成される前からこの楽曲づくりに取り組んでいたようで、この楽曲を完成するのに何年もかかったという力作です。曲調は全く違いますが、なぜか、「ボヘミアン・ラプソディー」を彷彿させられます。


▲ CDバージョン+映像は不明です。

マグリットでは、通常のウェディングのなかに、様々なアイデアを盛り込んでいて、そのなかには、三次元の絵の世界をイメージしたチャペル360°カメラの使い方挙式直前の4画面同時上映システム自在に変えられるチャペルのレイアウトキャンドルの十字架通常では行わないような挙式の進行ルネ・マグリットの「絵の扉」キャンドルの壁移動可能な2本の柱窓から臨む吹抜けの空間本格的な常設バーカウンター直径450cmのマザーシップ・テーブル50kgを超える天井から吊るすフラワーアレンジメントキャンドルライトの効果を狙ったメリハリのあるライティングコンサート仕様のスピーカーパーティーの進行の組み方フュージョン料理のメニュー・・・等々、これらの着想は、ベルギーの画家、ルネ・マグリットだけでなく、Queenの楽曲づくりも多大な影響を受けているのです。


株式会社マグリット
専務取締役 羽原正人
THE MAGRITTE @partylabo.

▼ 公式HP/YouTube/Facebook







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます💓
5
世界中をパーティーで笑顔にしよう。 私たちの使命は パーティービジネスを通じて ワクワクする人生の楽しみを共に体感し 幸せを分かちあうこと NYのパーティープランナーとの繋がりから 独自のスタイルを提供します https://linktr.ee/magritte

こちらでもピックアップされています

THE MAGRITTE - 想い。
THE MAGRITTE - 想い。
  • 14本

ザ マグリットのコンセプト、想い、社長メッセージを配信。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。