新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「シアターコンプレックス」オリジナル企画 第1弾

現在、進行している「シアターコンプレックス」オリジナル企画のラインナップの一部を発表させて頂きます。内容の詳細につきましては、進捗があり次第、個別の記事にして改めてご覧頂けるように致します。

なお、企画は現在進行中の為、一部変更となる場合もございます。予めご了承ください。

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage オリジナル企画

画像1

音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』を舞台化した『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageより、「シアターコンプレックス」だけのオリジナル企画を進行中!

MANKAI STAGE『A3!』オリジナル企画

画像2

ダウンロード数650万突破のイケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』の舞台化MANKAI STAGE『A3!』より、「シアターコンプレックス」だけのオリジナル企画を進行中です。

「生コメンタリー」

出演者が配信作品にリアルタイムで生コメンタリーを付ける企画です。視聴者の方は、本編の配信映像と共に、コメンタリーをするキャストの映像もマルチ画面で観ることができます。

本編とともに出演者からオンタイムで語られる秘話や解説をお楽しみください!

「演劇ドラフト会議」

俳優が演出家や脚本家などのクリエイティブスタッフ、また共演者をドラフト会議で指名し、自分のやってみたい舞台を実現する企画です。

ドラフト会議で誕生したチームで実際に作品を作り、公演を行います。いつもは選ばれる側の俳優陣がどんな選択をするのか?ドラフト会議のワクワク感と緊張感をお楽しみ頂ければと思います!

「和田俊輔の音楽室」

ミュージカル『刀剣乱舞』やハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」など、数多くの人気舞台の劇伴を手掛ける作曲・編曲家、和田俊輔の音楽トーク番組です。

舞台俳優を中心に毎回ゲストを招き、音楽家、和田俊輔ならでは視点でトークを展開。番組最後には、ゲストをイメージしたオリジナル曲をその場で作曲しプレゼントします。

毎回、生配信でお届けします!

「中屋敷法仁の熱血演劇塾!」

脚本家、演出家、俳優として幅広く活躍する中屋敷法仁が開く、生配信のオンライン演劇ワークショップ番組です。

俳優のアシスタントを従え、独自の演劇メソッドに基づいた発声、活舌ほか、演劇に役に立つレッスンを行います。

プロの俳優の方はもちろん、演技経験のない方でも、老若男女が自宅でチャレンジできるカリキュラムとなっております。是非、演劇の新たな楽しさを知るきっかけに。レッツトライ!

「え・ほ・ん・げ・き」

様々な俳優がたった1人で舞台に立ち、演劇的アプローチで絵本を朗読する企画です。

無観客の劇場から、ステージ上で朗読する俳優の映像を生配信でお届けします。

照明や音響効果など演劇的な演出で舞台上の物語の世界を広げます。新しい形の一人芝居にご期待ください。

「クロスポイント」

俳優や演出家、音楽家など演劇に携わる3人を招いた、生配信のトーク番組です。

3人には”何か”の共通点がありますが、本人たちには知らされません。それが何かを探るところから番組が始まります。

3人の自由なトークをお楽しみ頂くため、司会者は立てずに進行します。


詳細は続報をお待ちください。

引き続き「シアターコンプレックス」の応援を、どうぞよろしくお願いいたします。


©『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会
© Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.© MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご声援ありがとうございます!
657
発起人 松田誠が新型コロナウイルス感染症の影響により大きなダメージを受けている舞台業界の未来を支えるために立ち上げた舞台専門プラットフォーム「シアターコンプレックス」! こちらでは「シアターコンプレックス」サービスイン後に考えている企画内容を具体的にお伝えしていきます。

この記事が入っているマガジン

#舞台を救え
#舞台を救え
  • 3本
コメント (2)
今回の機会をチャンスに、教育と演劇を繋げるためのアイディアをいろいろと考えています!
このノートに、わたしのアイディアや希望、考えてみた呟きなどを書いていこうと思うので、そこから企画の可能性を広げていただければ、嬉しく思います❣️
企画第一弾を観たとき、エーステが入っていて、とてもうれしくなりました。
エーステの冬組の役者さんたちが、つらそうにしていたり、逆にそれを出さずに私たち観客を思いやる言葉をツイートしてくださるのを見て、オリジナルストーリーと違うものでもよいので、公演に近いものを実現させてほしいと思い、関連会社にメールしたりしていました。
エーステに限らず、どの舞台も売れっ子の役者さんたちのスケジュールもあり、なかなか振替の日程も決まらないのではないかと思っています。そんな時に少しでもシアターコンプレックスの企画が活かせたらと期待しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。