見出し画像

クリスマスイブ前日のラッキーボール

こんにちは。
THE ROAST BEEFプロデューサーの酒井です。

本当に幸せなことに、ここ数日忙しい日々が続き、クリスマス、ギフト需要が一気に加速したこともあり、僕も梱包や出荷準備をしてたので、なかなかSNSもブログもアップすることができませんでした。

ただ、ゆっくりと過去や未来について考えたり、振り返れるのに、12月31日は個人的に1番ベストな日だと思ってます。いつの年かこれをできずに新年を迎えたら案の定2月ぐらいからエンジンかかったことをすごく後悔してたので、今年は時間が取れてよかったです。笑

ということで早速振り返りたいところなんですけど、その前に1つ余談で。。

12月23日の話。

超個人的な話なんですけど。
僕は付き合って6年の奥さんがいて、誕生日、結婚記念日、クリスマス。
この3大イベントはどれだけ忙しくても、絶対に「非日常的な体験をさせる」、というなんかよくわからないこだわりを持ってまして。

今年も12月23日にクリスマスディナーを迎えようとあるレストランを予約してました。昼過ぎからランチをして、買い物をして、レストランに本当に入る瞬間でした。。

ある問題が。。。。

会社から1本の電話が入り、内容としては「12月24日届けの商品で、一部集荷をかけれてない」と。

その電話ももらった瞬間、「やばい」よりかは、どんな手段でもいいし、配送料が高額でもいいから予定通り届けられる方法を探すことに、こだわり続けました。

ただ社内で2時間ぐらい、配達業者をあたってもらいましたが、結果的には予定通り届けられないと。。。

今までだったら諦めて、お客様にお詫びのご連絡という選択を取っていたかもしれない。

ただ何か、何かないか!

そんな時、、

「いや、自分で届けにいけば間に合う」

本来予定通り届けられないお客様の住所が、愛知、群馬、埼玉。

「いける」

すぐさまレンタカーを予約し、12月24日朝5時に出発をし、結果的に無事全てのお客様のもとに商品を届けることができた。

この出来事をアップしていること自体、これを見てる人にはTHE ROAST BEEFの運営に不信感がでても仕方ない。

そして当事者であるお客様にはせっかくのイベントに注文してもらったにも関わらず、不安なお気持ちにさせて、本当に申し訳ございませんでした。


THE ROAST BEEFは、お祝い事、いつもとちょっと違う演出をしたい。そんな人達に、届けるモノ。そしてその商品をきっかけに気分がアガり、楽しい時間をあっという間だったと思ってもらえるような、時間を盗むコト。それが僕らの役目です。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、世界中の人が今までの当たり前を失った。だからこそクリスマスは、おうちで家族や友達と1年を振り返りながらも楽しく過ごしたかった人が多いはず。

クリスマスに限らず、何かいつもと違う特別な瞬間を迎えたいようと、THE ROAST BEEFを注文してくれた方々を裏切ることは絶対にできない。

気がついたら本当に体が勝手に動いていました。

その後今後同じ繰り返しのないよう、すぐにオペレーション等をメンバーと一緒に改善しました。

ブランドの立ち上げ段階は本当に色んなミッションがある。それでも1つずつお客様と一緒にモノもコトも作っていくしかないんです。

まだまだ課題が山積みですが、2021年も皆さまよろしくお願いします!


あれ、振り返りは?笑

ちょっと長くなり過ぎてしまったので、続編にしたいと思います。

いつも読んで頂いてる方ありがとうございます。

THE ROAST BEEF
プロデューサー 酒井一輝
https://the-roast-beef.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!THE ROAST BEEFをよろしくお願いします🐮
4
おうちパーティーに「世界一アガる!ローストビーフを」 日本初、ローストビーフに特化したD2Cブランドを作っています。 応援よろしくお願いします。