見出し画像

冷凍されたお肉は「氷水で解凍する」って本当?

こんにちは!
THE ROAST BEEFプロデューサーの酒井です。

遅くなりました、本年もTHE ROAST BEEFをどうぞよろしくお願いします!

クリスマスから大晦日、お正月、お歳暮とローストビーフを利用してくださるお客様も多く、たくさんのご意見ご感想ありがとうございました。

その中で今日はお客様から頂いた、ある感想をピックアップしていきます。

それは。。。

「説明書に解凍時間は2時間と書いてありましたが、3時間かかりましたよ」

このメッセージもらった瞬間、すぐに申し訳ございませんとお詫びさせて頂き、改めて実験を行うことにしました。

そもそも氷水で解凍って書いてあるけど、普通の真水で解凍すればもっと早く解凍できるんじゃないか。なんならちょっとぬるま湯で解凍したらもっともっと早くなるんじゃないか。利用する前日に届くようにして、冷蔵庫で1日寝かせればいいんじゃないか。

僕の頭の中は色んなやり方があったとしても、氷水という選択肢は1番なしなんじゃないかと、最初は思っていたぐらいです。

そこでまずは氷水解凍について、しっかり調べてみることに。

すると新たな気づきがちらほら。

氷水解凍について

まず、一度冷凍されたお肉を解凍するということは、お肉自体を痛めているということ。つまり肉の旨味が外に流れやすいということになります。

その為、お肉の解凍というのは、早く解凍しようとすればする程、傷みやすい。いかにお肉を傷めず、ゆっくり解凍していくことが重要になります。

傷んでいるかどうかをチェックするためには、お肉から出てくる水分の量をチェックするとわかりやすいと思います。

例えば皆さんも経験あるかと思いますが、電子レンジでお肉を解凍すると、めちゃくちゃ水分出て来ますよね?

あれはお肉の旨味を全て外に放出していることになります。

その旨味を出さずとも早く解凍する方法。

それが氷水解凍となります。

そこで「解凍にかかる時間」「解凍の仕方によっての味の違い」について実験してみることに!

実験の概要

200gのローストビーフブロック肉を3つ用意

ボウルに「氷水」「真水」「ぬるま湯」を入れ、解凍加減と水分量をチェックしていく。

それでは早速スタート

画像1

30分経過したぐらいで、「真水」と「ぬるま湯」は表面がふにゃふにゃになるぐらい解凍され始めてる感覚がありました。「氷水」はまだカチコチ。

-----------------------------------------------------------

2時間後

画像2

まず結果としては2時間である程度は解凍できると思います。もちろん「ぬるま湯」が1番早く解凍できますが、「氷水」と「真水」の解凍時間はほとんど同じでした。

ただブロック肉を提供しているため、どうしても個体に差が生まれ、厚みのあるお肉に関してはもう少し時間がかかってしまう場合もあります。

そして気になる水分量は?

結果がこちら!

画像3

これすごくないですか?

最初に見た時思わず「おーーーーーーーー」と言っちゃいましたよ。笑

解凍の仕方次第でこれだけ肉の旨味に差が出てしまうと思うと、結構衝撃ですよね。

スーパーで買ったものでも、ネットで奮発して買ったものも、究極に急いでいない限りは美味しく食べたいですよね。

実際にこのお肉食べてみたんですけど、やはりお肉のしっとり感、食べてからのジューシー感は全然違いました。

実は冷蔵庫で解凍するよりも、氷水の方が早く解凍できるみたいです。

意外と知らない情報だと思うので、是非冷凍食品は氷水解凍で旨味をできるだけ放出しないようにして、美味しい食事を楽しんでみてください!

この実験を始めようと思ったのも、氷水解凍について調べようと思ったのも、もともとはお客様が気づきを教えてくれたから。

その言葉一つで、新たな発見とより伝わりやすい説明書を作れるきっかけとなりました。本当にいつもいつもありがとうございます!


THE ROAST BEEF
プロデューサー 酒井一輝
https://the-roast-beef.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!気分がアガるひと時を🐮
9
おうちパーティーに「世界一アガる!ローストビーフを」 日本初、ローストビーフに特化したD2Cブランドを作っています。 応援よろしくお願いします。