見出し画像

寝台急行67列車で行くシーサケート経由クメール遺跡巡りの旅(その6)

二日目に見たいプログラムは以下の通り

11:50~12:50 ピットウォーク
13:25~13:45 スーパーGTウォームアップ走行
14:15~14:40 グリッドウォーク
15:00~17:00 スーパーGT決勝

とその前に客席の案内を。

こちらがサイドスタンド。安いんですが(二日券で販売手数料別500バーツ)全く勧められません。

こちらの上の方がグランドスタンド。下の方がVIPエリア。VIPエリアのメリットはあまりないような気がします。と言うことでグランドスタンドで十分です。

なお、チケット販売は下記参照(2019年3月12日現在未発売です)

ピットウォーク

11時になったので、チェックアウトしてサーキット向かいます。結構距離あるので、バイタクで行くのが便利です。
最初はピットウォークから。ピットウォークなどの追加チケットはサーキット内の小屋で買えます。ピットウォークは500バーツに販売手数料の20バーツを足した520バーツで販売しています。

麗しきビアチャーンガールズのお出迎え。
でも、ここはタイだからな。竿あり、竿なしは別として、半分くらいは。

業界の名門ZENTさんはカメラマンの数も多い。

中嶋一貴さんにもこの距離感で会えます(サインも貰えます)

初音ミクって、監督片山右京なんですね。

マッチのチーム。

カルソニックは気持ちよく撮れた。

地元(タイ)代表 arto

毎年ランプーンから大応援団がやってくる、ほとんど地元代表のケーヒン。

GT500(NSX)とGT300(BMW M6)と二台出しの鈴木亜久里のオートバックス。
BMW 3.0CSLの末裔、M6はマジかっこええ。市販車とイメージが変わらないのも○。

増設ピット側の方が尾根遺産のレベルは高く感じました。

レース開始は15時。いよいよグランドスタンドへ向かいます。
あー、ビール飲みてー!

ウォームアップ走行

サーキットサファリに引き続きウォームアップ走行へ(写真は最終コーナー)。
個人的にはグランドスタンドのできるだけ最終コーナーに近くてかつ上段部が観戦するには最適だと思いました(特に応援するチーム等がない場合)。
もちろん、応援したいチーム等があれば、そのチームのピット上の下段部がチームの状況が分かりやすくおススメになります。

ゴールラインはこんな感じで見えます。

第4コーナーはこんな感じで、

奥の9~11コーナー(S字カーブのセクション)は見えないことはないけど、撮影には向いていませんね。

撮影のウォームアップもできましたので、マリオ高野さんのところへ表敬訪問に行ってきます。やっと会えました。

グリッドウォーク

各車スターティンググリッドへ、

ポールポジションを獲得した KeePer Tom's が殿(しんがり)で入ってきたら、グリッドウォークの時間です。

うわー、グリッドウォークの方がマシンにもレースクイーンにも近づけますね。
しまったなぁ・・・次回はグリッドウォークこそ、参加や!
ちなみに、グリッドウォークが始まってすぐに天気が急変。全マシンレインタイヤに履き替え。そんな光景が間近で見えるとなると、これは必見です。

スーパーGT決勝

グリッドウォークが終わったら、天気も回復してきて(でも路面は濡れているので、10ラップくらいはレインタイヤで走らないと危ないです)スタートです。

一台スタートできず。24番ですので、フォーラムADVAN(マッチのチーム)のようです。

ペースカー入りました。お、市販NSX? 欲しいなぁ。

スタート時の順位(GT500)は Kee Per Tom's、カルソニックインパル、ケーヒンの順で、レクサス、GT-R、NSXの順にもなっています。

GT500とGT300が混在で走るので、順位が分かりにくいが(実際全く分かっていません)、興行(エンタメ)としては面白いのがスーパーGTの特徴。カーブでは団子になることがしばしば。

GT500のレクサスがGT300のプリウスを抜かすところ。
基本、GT300がやられ役なんですが、バトルがたくさん見られるのが、スーパーGTの見どころです。

第4コーナーのバトルも面白い。
なんて観戦していると、

ファイナルラップ。

KeePer Tom's のポール to ウィンで終わりました。
マリオさんに挨拶して帰ろうかと思ったら・・・いないし(^^)
メッセージ入れたら、あまりにも不甲斐ないので帰っちゃいました。と回答が。
そういや途中から BRZ 見かけなくなったなと、調べてみたら23周でリタイヤorz
と言うことで、(自分の2017年)スーパーGT観戦記は、これでお仕舞い。

ブリーラムの町へ

サーキットからバイタクでホテルへ。ホテルでタクシーを呼んでもらいブリーラム市街地へ。

駅前旅館のジェロエンシンプレイスに泊まります。

レース期間中の宿泊料金知りたいので、Agoda調べたのですが。ずっと満室状態が続いています。改装工事しているのかも。

駅裏(駅北)のクリムホテルもいいんだが、6月30日は満室でした。

ちなみにレース関係者で泊まる人がいるのか、6月25日以降は満室になっています(ここまで3月12日現在の話です)。

ジェロエンシンプレイスかクリムホテルに泊まれたと仮定して話しますね(苦しい)

次の日の朝は早いので、近所のイタリアンレストラン、ローマで晩飯を。

遺跡巡りを再開します


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
タイやマレーシアで乗り鉄したい(主に)おっさん向けに、痒いところに手が届く情報を提供いたします。 交通機関、ホテル、グルメ、そして風俗少々を伝えていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。