勝手に豆知識?-オリンピック種目編-#01
見出し画像

勝手に豆知識?-オリンピック種目編-#01

こんばんは!
てじです。

今の時期なにかと鬱陶しい問題がありますね。
コロナとかインフルエンザとか花粉症とか。
目に見えない恐怖ってのに余計に嫌気が差しますよね…。
そのおかげで大好きなJリーグもお預けだし…泣

本来は2020年はオリンピックという一大イベントの年でこれから盛り上がっていくはずなんですけどね!
自分もスポーツが大好きなので、楽しみにしているひとりです!

そこで、オリンピックをより楽しむために(ひとりだけ!?)東京オリンピックで開催されるスポーツを掘り下げて予習・復習しちゃおう!!と思い、各スポーツのルールや楽しみ方を勝手にまとめていこうと思います!笑


まず第一弾として、
今注目を集めているバスケットボールの
「3x3 バスケットボール」です。

目次
■「3x3 バスケットボール」って?
■どんなルール!?
■個人的注目ポイント

セミぎ合い

■「3x3 バスケットボール」って?
5人制のバスケットボールが行われるコートの約半分の面積のコートを使用して、3人対3人の熱い戦いが繰り広げられるのが「3x3バスケットボール」
はじめは簡単な3人制のバスケットボールといったものだったみたいですが、普段から行われている5人制のバスケットボールとは異なるルールを設けて、競技種目化させちゃおうという!!ということがきっかけで国際的な競技になったのだとか。ちなみに東京オリンピックでは「スリー・エックス・スリー」と呼ぶそうです笑


■どんなルール!?
・4人1チームで同時にプレーできるのは3人まで。
交代要員が1人て相当ハードですよね。。。しかも走りっぱなしだし。

・得点は3ポイントラインから外側からのシュートは2点で、内側からのシュートとフリースローは通常と同じ1点。また攻撃側はボールを持ってから12秒以内にシュートを打たなければいけない。
ここは5人制のバスケとは違うルールみたいですね!12秒以内とかあっという間に終わりそう。

・試合時間は10分間1ピリオドだが、片方のチームが21点を取った時点で時間内でも終了する。同点の場合は先に2点を先取した方が勝利とするオーバータイムを行って勝敗が決まる。
とにかくスピードが早くて目まぐるしく攻守が入れ替わる印象で観ていて飽きなそうですよね!!しかも点が決まってホッとする間もなく次の展開が始まっているので観てる側も気を抜けなそう。


■個人的注目ポイント
自分が注目しているのはやっぱり1対1の駆け引きですね!普段フットサルをやっている時でも1対1で相手を交わして点を決めたりすると爽快ですし盛り上がりますよね!それにこの3x3は監督やコーチがコートに居ないらしく選手一人一人が選手兼監督としてプレーするので場面ごとの戦術一瞬の判断能力も必要になるので、どう対処していくのかも選手の個性が出て面白そうですよね!普段のバスケットボールでは見られない動きだったり、体格差を感じないような攻撃が期待して、実際にオリンピックで観れるのを楽しみにしていようかと思います。

ボール

~最後にホントに豆知識~
5人制バスケットボールと3x3バスケットボールの最大の違いはボールの大きさが違うみたいです!5人制のボールは「7」のサイズを使うのに対して、3x3は一回り小さい「6」のサイズを使用します。
これは全く知らなかったです笑


とこんな感じでオリンピックまでの豆知識的な感じでカキカキしていこうかと思います!
最後までお付き合い頂いてありがとうございました!

ではまたまたまた~

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう<(_ _)>
東京で生まれ育つ。何気ない毎日でも日々のちょっとした気になることや疑問に思ったこと、内側から込み上げてくる何かを綴ります。好きなことは、スポーツ全般(主にサッカー)、ゴルフ、ダーツ、フットサルなど運動好きな30代です。よろしくお願いします。