手塚 康輔/Eコマース記者
「PayPayモール」もうオープンしてました
スクリーンショット_2019-10-16_11

「PayPayモール」もうオープンしてました

手塚 康輔/Eコマース記者

本格オープンは10/17か⁉

ECの専門紙「日本ネット経済新聞」の10月10日号でヤフーの新ECモール「PayPayモール」が10月16日にオープンするとのプチスクープを紹介しました。ただ、その後、出店者の話によると、オープンは17日にズレますとの案内が・・・。微妙にズレちゃったと思っていたら、本日(10月16日)時点でサイトはできていました。

と言っても、まだ中身はスカスカ。最初に見た午前中の時点では、商品が1点も並んでいなかったのが、午後になると「ロハコ」や「チャーム」などヤフーグループの店舗から並び始め、ようやく営業開始という感じになってきました。グループ外の出店者の商品は10月17日の夕方までに掲載される予定だそうです。ヤフーが対外的に告知するタイミングは分かりませんが、本格オープンは10月17日となりそうです。

「プレミアムモール」として見栄え良く

「PayPayモール」は元々、店舗やパートナーに対して「プレミアムモール」と紹介されていました。「PayPayモール」という名称を聞いて、「プレミア感がない」と感じた店舗も多かったようです。

ただ、サイトのデザインを見ると、すっきりしていて確かに「プレミア感」があります。ヤフーは見栄えをよくするために、出店者に画像のデザイン性を商品画像を白抜きにするように依頼したり、店舗が自由にページを作れる機能を制限したりしていたそうです。出店者の中には「アマゾンのようなサイトにするようだ」と表現する方もいました。

返品期限を14日間に統一

「プレミアムモール」としてサービス面も強化しています。「PayPayモール」では全店、返品期限が14日となっています。高額商品を扱う店舗などは返品期限をもっと短く設定していたりしますが、「PayPayモール」では統一しなくてはいけないので、「少し心配だ」と本音を漏らしていました。ユーザーにとっては良いことですが・・・。

最大25%還元の大型キャンペーン

日本ネット経済新聞の10月17日号では、「PayPayモール」のプチスクープ第2弾として「11月から『100億円あげちゃうキャンペーン』級の販促を展開」と紹介しています。詳しくは購読して読んでいただくとして、キャンペーンでは上限は設けるものの、購入金額の20%が還元される内容になるそうです。消費増税によるキャッシュレス決済の還元対象店舗では+5%となり、合計25%が還元されることになります。最大4分の1が戻ってくるキャンペーンはかなり魅力的です。

「PayPayモール」は「ヤフーショッピング」ではかからなかった販売手数料が3%かかります。そのため、スタート時は条件を満たしていても出店を見合わせる店舗も多いようです。11月からのキャンペーンで「100億円あげちゃうキャンペーン」級の盛り上がりを見せれば、躊躇していた店舗も「PayPayモール」への出店を決めるかもしれません。

ヤフーが国内EC市場でナンバーワンの座をつかむためには、「PayPayモール」の成功が必要不可欠です。「ヤフーショッピング」が5のつく日やゾロ目の日などで山を作るモールなのに対して、「PayPayモール」は常にお得なモールにする計画のようですが、最初の利用を促すために、大規模キャンペーンは一度きりではなく、今後も積極的に展開していくことが予想されます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
手塚 康輔/Eコマース記者

EC業界向け専門紙「日本ネット経済新聞」で記者してます。EC、通販、モノづくり、流通、マーケティングなど取材していく中で紙面には書かない自分の考えや疑問について書いていきたいと思います

オブリガード!
手塚 康輔/Eコマース記者
EC・デジタルリテールに特化した専門紙「日本ネット経済新聞」で記者をしています。デジタルの台頭で流通を取り巻く環境が大きく変わる中、ショッピングの未来について考える日々を過ごしています