見出し画像

悪夢の見方

悪夢を見ようと思ったら、寝る前に不安なことや心配事を一生懸命考えればいいだけ。思いっきりその世界観に浸っていくとしっかり悪夢が見れちゃいます。

ところで、夢を見てる時に、あこりゃ夢だなって気づいたらチャンスです。
夢のシナリオを自分で作っていくことを明晰夢と言いますが、このコツを掴んだら現実世界の流れや仕組みをつかみやすくなります。
つまり「夢の見方」と「現実の起こし方」が同一のものだと体感できていきます。

テレビを見てる時、スマホを見てる時、ゲームをしてる時、ぐぐーっとその世界に入っていってしまう感じ、わかりますか。
そのとき、スマホの画面の外側の世界まで認知していますか?
ほとんどの人が画面外の世界が見えていない=消えている状態で集中していると思います。これが夢を夢と気づいていない脳の状態。

もう一つ似たような働きをする時が、悩み事に集中しているとき。自分の予測した未来以外の選択肢が見えていない。不安な精神状態に集中して他の状況が見えていない。これも深く眠っているってこと。

私たちは夢見るように生きていける。現実世界は夢の中よりちょっとだけ現実化に時間がかかるだけで仕組みは同じなんです。
だから現実でも、びっくりするようなシンクロや奇跡がどんどん起きてくる。

夢を見ながら今から見る夢をどんどん作っていく感じ。
それと同じように、現実を生きながら今から体験する現実をどんどん作っていけますよ。
タイムラグはあるけれど、このラグが今すっごーく短くなってます!


でもね、「現実をなんとかしたい」という焦りからイメージ起こすとなかなかうまくいかない。だって焦りという夢を見ることになるから😅

順序としては先に全部受け入れてしまうのがスムーズです、ね。
どうなっても大丈夫。本当の本当に大丈夫。
そこからスタートして現実クリエイトしてみてねー💛





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
❤️ありがとうございます!
目覚めのサロン『てとてヒーリング』http://tetote-healing.com 「臼井式レイキヒーリング」「糸掛曼荼羅」「ライタリアンレイ™️」「エンジェルリンク™️」 足りない、できない、苦しいを地球体験した人たちが、本来の魂の輝きを思い出すアシストをします。