見出し画像

観光なし、飲み会なし、ご当地グルメなし。仕事オンリーで水戸を楽しんだ話〜2020年の「特別な夏」に寄せて

 西新宿の百合子が言うところの「特別な夏」。皆さんはいかがお過ごしであろうか。虹をモティーフにしたTシャツを見せびらかして、報道カメラのフラッシュを浴びながら、忘我の表情を隠そうとしない百合子。それに対して、今年は里帰りも旅行も外食も控えて、自宅でじっとしている私のような都民も少なくないだろう。

 フェイスブックで自動的にアップされる、何年か前の「その日」の写真。去年は松本、一昨年は長崎、その前は……。毎年この時期は、カミさんとあちこちを旅行しては、現地でのサッカー観戦を楽しんだものである。しかし、今年は「特別な夏」に加えて、われわれJリーグファンは遠征の自粛も求められている。

 そんな中でも、われわれジャーナリストは、県境をまたいでの取材が許されている。もちろん移動には細心の注意を払い、マスクや手洗いを徹底し、大人数での外食はしない。「取材と旅は違う」というのは一貫した私の主張だが、最近は北関東への取材であっても、何やらちょっとした旅気分を味わえるようになった。

 この8月2日と3日の水戸取材も、まさにそんな感じ。ケーズデンキスタジアム水戸には、これまでにも毎年のように訪れているし、めぼしい観光スポットもコンプリートしている。加えて今回は、飲み会やご当地グルメを楽しむ余裕もなかった。にもかかわらず、今回の水戸取材は、非常に充実したものに感じられた。それはなぜか? さっそく、水戸での「特別な夏」を振り返ることにしたい。

宇都宮徹壱ウェブマガジン
https://www.targma.jp/tetsumaga/

画像1

 東京駅から特急ときわに乗車して出発。いつもなら水戸方面の列車は、かなり混んでいるのだが、今回はガラガラ。そう言えば、東京駅を行き交う人々の姿も、まばらであった。すっかり変わってしまった旅の風景。それでも車窓から見る空は、突き抜けて青かった。

画像2

 およそ1時間半で水戸駅に到着。水戸での最初のルーティーンは、北口駅前の水戸黄門像に一礼することだ。昭和の時代には夕方の再放送も含めて、ほぼ途切れることなく続いていた、水戸黄門シリーズ。しかし時代ゆえか、いつの間にか民放から時代劇は消え、BSで命脈を保ったシリーズの黄門役には、武田鉄矢が収まっている。

画像3

 今日のキックオフは19時なので、昼の時間帯はシャトルバスは出ない。1時間に1本のバスに狙いを定め、無事に乗車。これで今日のミッションの半分を達成した気分になる。在来線は、シャトルバスとは違ったコースなので、少しばかりスリリングな気分を味わうことができた。

画像4

 アポイントの5分前にKsスタに到着。今日の対戦相手である、ツエーゲン金沢の車両を発見する。キックオフまで5時間半。しかも今日は超厳戒態勢での開催である。あっけらかんとした青空の下、周囲には人影がほどんど見えない。何やら時間が停止したような、不思議な空気感。

画像5

 今回の取材のアテンドをお願いした広報のAさんと合流。インタビュー取材のために用意された、スタジアムの最上階の部屋に案内される。最初のインタビュイーの到着を待つ間、このポジションから初めてKsスタを俯瞰。こうして見ると、実に美しいスタジアムだ。

【以下、OWL magazine読者のみに公開】
OWL magazineでは、毎月12~15程度のサッカー記事や、旅記事が更新されています。Jリーグだけでなく、JFLや地域リーグ、海外のマイナーリーグまで幅広く扱っています。読んでいるだけで、旅に出たくなるような記事が盛りだくさん。すべての有料記事が読み放題になる、月額700円コースがおすすめです。

この続きをみるには

この続き: 2,045文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 記事数は毎月12〜15本、記述量は毎月10万字程度で、有料率は概ね50%程度です。寄稿も随時受け付けています。

サポーターはあくまでも応援者であり、言ってしまえばサッカー界の脇役といえます。しかしながら、スポーツツーリズムという文脈においては、サポー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! よろしければシェアもお願いします。
20
写真家・ノンフィクションライター。ワールドカップから地域リーグまで、国内外のフットボールを幅広く取材。宇都宮徹壱ウェブマガジン主催。https://www.targma.jp/tetsumaga/

こちらでもピックアップされています

OWL magazine  旅とサッカーを紡ぐWeb雑誌
OWL magazine 旅とサッカーを紡ぐWeb雑誌
  • ¥700 / 月

サポーターはあくまでも応援者であり、言ってしまえばサッカー界の脇役といえます。しかしながら、スポーツツーリズムという文脈においては、サポーターは紛れもなく「主役」です。OWL magazineでは、サポーターが主役となって「サッカーと旅」というメインテーマを中心に記事を書いています。プロのライターよりもOWL発で書き始めた兼業物書きのほうが多いです。代表:中村慎太郎 タクシードライバーと物書きの兼業。著書『サポーターをめぐる冒険』(ころから)サッカー本大賞2015受賞。クリエイターの育成が得意。 主に購読料によって原稿料を支払っています。是非ご支援お願いします!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。