見出し画像

建材セレクト#08 「外壁」- ガルバリウム編 -

今回、建材コンシェルジュ・テッシンがご紹介するのは「外壁」です。

外壁と言っても種類はたくさん。住宅で一番多く使われているのが窯業系サイディング材。メーカーも多くある為、デザインも豊富でポピュラーな外壁材です。僕が紹介したいのは「金属製外装材」。メーカーも様々ありますがその中でオススメが「アイジー工業のSF-ビレクト」。

◉窯業系サイディング材(ようぎょうけいサイディングざい)とは?
セメントと木質系成分を混合して製造される人工の外壁材。セメント系の素材強度と木質系の特性である断熱性を最大限生かした上で表層部のガラス質のコーティングで耐久性も確保した人造外壁材。 

おすすめ3ポイント

1.性能

鋼材はガルバリウム鋼板で金属屋根材としても使われる鋼材です。金属の外壁だとサビないのか気になると思いますが、ガルバリウム鋼板はサビに強い素材です。SF-ビレクトの塗装は遮熱性、断熱性にも優れていて抜群の耐久性です。一般的な窯業系サイディングは10年ほどで塗り替えが必要になってきますがSF-ビレクトは20年〜25年は色褪せしないそうです。重量も窯業系サイディングに比べて約1/4と軽量で建物への負担も軽減します。

2.デザイン

SF-ビレクトのコンセプトにもなっている「美しい水平ラインを実現した唯一無二の金属外壁材」の通りキレイなラインです。
今までも同じようなデザインはありましたが薄い鋼材特有の表面が波打っていたりしていました。SF-ビレクトは芯材に断熱材を充填してあり波打ち感が無い。外壁材で特に気になるジョイント部分。一般的な窯業系サイディングのジョイント部はシーリング材で施工しますので目立つしシーリング材は劣化が早い。SF-ビレクトはジョイント部もコーナー部もガルバリウム鋼板で作られた役物を使う為見た目もメンテもgood!カラーは全6色。シンプルなデザイン、カラーなので木目調な外壁やレンガ調の外壁と相性ぴったり。僕の自宅の外壁もSF-ビレクトです。カラーはマットブラックでーす。シルバーメタリックもカッコイイなぁ。

出典:アイジー工業 SF-BIRECT

3.コスト面

金属外壁材は一般的な窯業系サイディング材に比べて少々高くなります。ですがその分メリットがあります。建物で外部は一番劣化が進む部分です。長く維持していくにはメンテナンスが大切ですよね。建物のメンテにはお金かかるから少しでも持ちの良い建材の方がお財布に優しいと僕は思いまーす。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

調べて欲しい建材がありましたらリクエストお気軽にコメントください!

me too!!
17
建材コンシェルジュです。雰囲気を劇的に変える"建材"のパワーにどハマり。もっと自由に楽しく家を作りましょ♪ https://tokenko.jp https://www.instagram.com/tokenko_Inc
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。