Terusan
乳腺外科医terusan世界の動きは速いの巻
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

乳腺外科医terusan世界の動きは速いの巻

Terusan

みなさまおはようございます。
本日は雨☔️!
気持ちよくザーザーに降っています。

んーーー😕!

MIT technical reviewから!

現在世界では、
新型コロナウイルス🦠の治療方法として、
抗体、生存者からの血清輸血、抗ウイルス薬、ステロイド、それに100を超えるワクチンの候補が開発にしのぎを削っている。
また、一部ではボランティアによるテストが始まっている。

その他に、
生存者から遺伝物質を分離し、
それを他人に直接注入する方法も開発中!。

この方法は、既に実験中で、
鳥インフルエンザ🦆において、
昨年、マウスで実験が行われました。

鳥インフルエンザの生存者から抗体を特定して、
それを作成する遺伝子情報🧬を分離し、
マウス🐀に注入するという方法です。
すると、このマウスは、致死量の20倍の鳥インフルエンザに感作させられても生存できた。

この技術を、アストラゼネカは今年4月に買収し、
6月からテストを開始する!
と、!!!!

どうやら、この遺伝子は🧬、筋肉細胞から抗体を作るらしいです。

さすが、世界は早いですね!

日本は🇯🇵海外から、どんどん置いていかれています。

日本人は、今あるものをより良いものに改良しようと努力しますが、
海外の人は、無いのであれば、
新しく作ろう!
と、考えます。

もう、子供の頃からの根本的な日本教育を変えていかなければならない時期と思います。

では、みなさま今日も一日頑張りましょう。

手洗いうがいは忘れずに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Terusan
現職:NTT東日本関東病院🏥乳腺外科部長、前職:昭和大学乳腺外科准教授。