見出し画像

書いたものが消えた

今日は書いていた途中のものがあったのやけれど、携帯とパソコン両方で編集していたら、上書き保存の仕組みによって、長く書いた方が消えてしまった涙

「グリーフ」は喪失から生まれるあらゆる反応や感情、プロセスをさすのやけれど、ほんまこれもまさに、グリーフ。ぐすん。

日々、失うことの連続。

もちろん、失うからこそ得られるものもあるのも真理で、コインの裏表。

なので、今日のブログは、なんでもないような、イギリスの日常を最後に記録しておこうと思う。

今日の夕陽がとても美しかった。ただ、それだけのこと。でも、わたしを幸せにするには、それで十分。

イギリスらしい一日、雨も降り、雲も流れ、太陽は何度も消えては、現れを繰り返していた。間もなく日の入りは18時をまわる。15時には暗くなっていた冬が嘘のよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とっても嬉しいです。励みになります★
9
リヴオンという死別を支えるグリーフサポート団体の代表をしています。Founder and CEO of Live on, a charity in Japan supporting the bereaved. Ph.D researcher at Uni of Bath、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。