見出し画像

営業を通して気づいたこと

こんばんは。佐藤です。今日はひたすらセールスについて勉強をしていました。実際勉強をして、ああ、あの時こうだったから売れなかったんだなど気づいた所があったのでこれについて、言いたいと思います。

※写真はセールスしてるっぽいの選びました。

自己紹介にもあるように私はエネルギー関係の営業を個人で働いています。学生から個人事業主として働き、当時はそれほど知識がなく、よくお客様に怪しまれたり、詐欺だとか、どこの会社だよなどよく言われました。心がやられることなんてよくありました。

当然契約は取れる日や取れない日があり絶好調!と思った次の瞬間にボロボロになるなどあります。調子に乗ってしまう癖。その中でもやはり、勉強して気づいたことは(お客様に愛を伝える)こと、これはセールスの中で鉄則だということに気づきました。商品の価格を伝えるのではなく。価値を伝える。ということ。当然これには売る商品について、圧倒的知識がなければ購入していただけません。まずは一人一人のお客様に売るメリットがあるのか、そのお客様がなんで困っているのかどうしたいのか、問題解決をすること。これらを忘れてはいけない。などありました。

自分に置き換えた時に確かに(やる気、熱意)だけだと売れない。ということにも気づきました。いい人だから売れるのではなく、あなたからなら買っても大丈夫と思ってくれたから購入していただける。と気づく事ができました。

じゃ、自分が営業にでて悪かった時はどんな時だったのか考えました。まず。

1、件数を取らなきゃ。        
2、稼ぐぞ!!            
3、とにかくやってやる!    
4、恐れている(緊張)

などこのようなものがありました。どれも組織の中で考えたら、4以外はいい言葉に聞こえるかも知れません。しかし相手は(お客様)です。お客様に直接   
(すみません。件数とりに来ました)                  (すみませんノルマあるので契約してください)
(やる気と熱意はあるんです!!買ってください!!)          
(あ、あの、弊社の、商品は、さ、最高なので、け、、契約し、してください!)

こんな感じに言ってるのと一緒で、絶対にこの人たちから買いたくはありませんよね。ですが当時の僕こんな感じに思っていてもしかしたら(押し売り)みたいになっていたかも知れません。

逆に調子が良かった日はどんな日だろうと考えました。それは。お客様の困ってるのを全力で助ける。これなんです。お話をしていると商品に知識がない人がほとんどです。それに対してえ!?そうなの!?知らなかった。と言ってくれて知ってもらえる。これほど感動を伝えるとこちらもとても良かった。と思います。

最初の第一印象から知識説明、など最後まで説明を聞いてくれて、理解した上で契約された方は今も弊社のサービスを使ってくれています。しかし、どこか説明が抜けて、若干押し売りで契約を取った方は(やっぱり、キャンセル)という方もいらっしゃいました。私の反省すべき課題です。

助けるんだという思いのスイッチが入った時、最高の瞬間が来ます。

まだまだ自分の挑戦はこれからであり、自分の成長のためでもあり、第一優先はニーズに答える。という事が改めて重要なんだと気づかされました。

今後も知ったかをせずに、自分はまだまだこれからなんだという気持ちを忘れずにいく心を忘れないと誓いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!!!!!!!!!!!!大好きだー!!!!!
6
初めまして。佐藤 輝明と申します。99年20歳元野球少年です。専門学校を卒業し個人でエネルギー関係の営業マンとして働いてます。主にマインドやその他海外文化など投稿していきたいと思います。Instagram→sugar_9669
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。