見出し画像

教科書に載っていない『枕草子』①

今回は『枕草子』第二十段から、村上天皇と藤原芳子の微笑ましいエピソードを紹介します。当時の価値観や『枕草子』の本質的な部分についても教えやすい、美味しい章段です。そして何より単純に面白い。

子供の頃、程よく脇に逸れた、学ぶところのある雑談をしてくれる先生が好きでした。古典の授業も、教科書に縛られ過ぎず適度に脇へ逸れることが大事だと思っています。こうした考えのもと、連載中のマガジン『もっと自由な古典指導案』では教科書に掲載されていない内容の中から、特に好きなもの、生徒に紹介したら面白そうなものをピックアップします。

負けず嫌いな村上天皇

村上天皇は、清少納言たちが生きた時代より五十年ほど前に世を治めた帝で、文化の庇護者としての功績から、彼の御代は後世景仰されました。

村上天皇には藤原安子という第一の妻(中宮)がいたのですが、その他に、類稀な美貌と聡明さで知られる藤原芳子という妻(女御)がありました。芳子は父(小一条の左大臣 藤原師尹)から、書道、琴、『古今和歌集』、の三つをしっかり勉強するよう言い含められていたそうです。

ちなみにこの三つは、そのまま「平安時代の姫君の必須教養」でした。ただし芳子のそれは生半可でなく、特に『古今和歌集』については全二十巻1111首のすべてを自然に思い浮かべられるまで学んだといいます。

村上天皇は、かねてより芳子の教養の深さを試したいと機会を窺っていました。そうしてある日、抜き打ちで『古今和歌集』暗記勝負を仕掛けたのです。自身はこっそり『古今和歌集』を隠し持っていて、ご丁寧にスコアラーとして歌に詳しい女房もつけていました。

芳子は戸惑い焦りながらも、心のどこかでこの挑戦を楽しんでいた様子。彼女が一切間違わないので帝は段々ムキになってきて、「芳子が答えられない問題を見つけるまで止めるわけにはいかない」と、延々出題を繰り返しました。

とうとう全体の半分、第十巻まで勝負は進みます。流石の村上天皇も「これ以上は無駄だ」と悟り、そこでお開きとなりました。

ところが夜、寝ていた帝はやおら起き上がり、「やはり中途半端なままでは終われない」と思い直します。せめて翌日のことにすればよいものを、「芳子が次に備えて勉強し直す前に決着をつけなければならない」という考えのもと、真夜中にも関わらず勝負を再開したのでした。

負けず嫌いな村上天皇が実に可愛らしく、それに付き合って結局1111首全問正解してしまう芳子もまた魅力的です。こういう知的な夜を幾度も過ごしてきた二人なのでしょう。想像するだに微笑ましい。

ちなみに、娘がとんでもない勝負に巻き込まれているらしいと知った芳子の家族は、てんやわんやの大騒ぎだったといいます。どうか粗相なく答え切ってくれと、何人もの僧侶に経を読ませ、父親自ら内裏の方角へ向いて必死に祈ったそうです。そこまで含めて面白い。


中宮定子の心ばえ

さて、この村上天皇のエピソードが、一体どういう文脈の中で『枕草子』に登場するのか説明しましょう。

皆さんご存知の通り、清少納言は藤原定子という女主人に仕えた女房です。ご存知でないという方は、「国語教師のしめじ」さんがその辺りを解説してくださっている以下の記事をぜひご一読ください。

定子は時の天皇である一条帝の第一の妻(中宮)でした。一条帝から見て、村上天皇は祖父にあたる人です。村上天皇と芳子ほどではありませんが、定子と一条帝も、しばしば文化的で知的な遊戯を愉しみました。二人のそばに仕える清少納言ら女房も、当然その遊戯の輪の中にいたのです。

第二十段において、一条帝は突如、「この紙に、今思いつくいい感じの古い和歌を書いてみてくれ」と呼びかけます。その時清少納言は、中宮定子と過ごす時間の尊さにぼんやり浸っているところだったため(彼女にはよくあることです)、咄嗟の対応ができず、しどろもどろに赤面してしまいました。それでもどうにかこうにか気の利いた返しを捻り出した清少納言のことを、定子がさりげなく、しかししっかりと褒め称えます。

次に、興の乗った定子から『古今和歌集』の下の句当てが出題されました。緊張からか勉強不足か、清少納言含め、どの女房もあまり振るいません。そこで定子がにわかに語ったのが、村上天皇と芳子の話でした。

この時の定子の心ばえは大したものですね。極端な例を挙げて女房たちの恥じらいをほぐす一方で、『古今和歌集』を学ぶことの尊さを一同にしっかりと再認識させています。繊細な配慮と文化的薫陶、中宮定子の言動には絶えずこの二つが込められており、ファーストレディとしての矜持を感じさせます。そんな彼女だからこそ清少納言も心底慕っていたのでしょう。


祈りの文学

さて、先に紹介したしめじさんの記事でも説明されていますが、中宮定子の晩年は悲惨と呼んでよい有り様でした。

父(藤原道隆)の死と兄(藤原伊周)の失脚から、彼女は一気に政治的後ろ盾を失います。代わって台頭したのは定子の叔父にあたる藤原道長です。彼は、姪である定子を押し退け、自分の娘である彰子を一条帝の中宮にすることを望みました。世を儚み、一度は自ら出家の道を選んだ定子でしたが、愛情捨て切れぬ一条帝に請われ、中途半端な還俗を果たします。しかし、戻ったところで彼女はもう、かつての輝かしいファーストレディではありませんでした。

やがて定子は、様々な風当たりにさらされながら、失意のうちに世を去ります。辞世の歌「夜もすがら契りしことを忘れずは恋ひむ涙の色ぞゆかしき」は絶唱です。一晩中契りを交わしたことをお忘れでないなら、私の死んだ後、あなたが恋しがって流す涙の色はどんなでしょう?

ところが清少納言は、『枕草子』本文に、定子晩年の惨状をほとんど描いていません。その注意深さとさりげなさは、鎌倉初期の文芸評論『無名草子』にて「関白殿(道隆)失せ給ひ、内大臣(伊周)流され給ひなどせしほどの衰へをば、かけても言ひ出でぬ程の、いみじき心ばせなりけむ人」と評されたほどです。

どうやら彼女は意図的に、良かったこと、輝かしかった時間だけ書き残そうとしたようです。中宮定子が生きていた頃は、そうすることで苦境の主人を慰めるつもりだったのでしょう。彼女の死後は、鎮魂や手向としてそれが続いた。

おそらくそこに『枕草子』という作品の本質があり、その象徴ともいえる一節が、今回紹介している第二十段に登場します。

実にぞ、千年も有らまほし気なる御有様なるや。

本当に、千年経ってもこのまま続いて欲しいと願うばかりの御様子であることよ。中宮定子やその兄伊周と過ごした時間の素晴らしさ、尊さを、清少納言は祈りの言葉に変えて表現しています。彼女の才気溢れる筆致が、この祈りを単なる祈りで終わらせなかったことは、『枕草子』成立より千年後に生きる我々がよく知っています。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さくら花 ちりぬる風のなごりには 水なき空に波ぞ立ちける 紀貫之
10
地方の国語教員。古典文学を教える新しい形について、一緒に考えてくれる人を求めています。同じようなこと考えてる人もいるんだ!と、誰かの励みになれば幸いです。

こちらでもピックアップされています

もっと自由な古典指導案
もっと自由な古典指導案
  • 9本

受験勉強や教科書の収録範囲にとらわれない、自由な古典の授業を目指したアイデア集です。ご参考までに。

コメント (2)
記事引用、ありがとうございます。こんなに詳しく、生き生きと語られている記事でご紹介いただき、実に恐縮です。
大変わかりやすくまとめられた記事でしたので、ありがたく引用させていただきました。ああいった内容をnoteに投稿する方がいらっしゃったことを、とても嬉しく頼もしく感じております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。