「新しい市場のつくり方」という本を読んで考えたこと。

この本は、まえがきにある

「新しい価値の創造について考える読者の皆さんのお役に立つことを祈っています。」

という一文から、もう読み進めていくワクワクを感じていた。

では早速、

気になった部分を抜き出していこうと思う。

【どんな技術もなんらかの用途に結びついて、価値を産まないうちは、単に「ある対象をこんなにコントロール出来るようになりました」という技術者のプライドに過ぎません。それを本当に有価値にするのは、「それを使ってこんな風にすれば、こんな役に立つ」という用途の設計、開発です。つまりそれは、世界に今までなかった、新しい文化やライフスタイルを開発するということです。】

【本当に市場が創造される最初の最初は、生活をこんな風に変化させたい、という文化の話】

【文化開発のプロセス、①問題開発②技術開発③環境開発④認知開発 これにより新しい市場も創造されます。】

【新しい市場を創造しようとするならば、それが解決しようとする問題、それを使用する社会環境、それをうまく使用出来るような消費者の認知、それらの開発が統合されるべき】

【新しい文化を開発するとは、一言で表現するならば、まず自分が持っている「しあわせ」のイメージをこれまでより多様に豊かにして、なんとかそれを実現する、ということ】

【どんな商品も突き詰めれば、それを買い、使う人にとって、その人のしあわせの実現に貢献することが出来なければ価値がない。】

【今まで、しあわせと思っていなかった状態をしあわせと思うようになり、それが実現できるようになることを文化開発とする。】

【しあわせになりたいのは、こんなにもみんながそうなんだけれども、まだそのしあわせを具体的に構想できない、それをしあわせだと感じることができない。だから、ふいにしている。しあわせの機会損失があるのです。それが文化的制約です。】

【しかも、文化的制約には、技術的制約や経済的制約よりもその存在自体を意識しづらいという難しさがあります。ある価値観に照らして、価値を論ずるのではなく、まさに価値観自体を論じる難しさです。】

【いろんな暮らし方が可能になったとしたら、私たちは新しい難問を抱え込むことになります。「どのような暮らしがしあわせなのか?」を決めなければならなくなるということです。】

【文化風習は、それ自体がなんらかの便利さの提案】

【問題の発明とは、自らの理想に照らして価値を評価する側に回る。その手法こそが問題の発明。】

【物やサービスという商品の価値は、社会全体の関係で決まる、ということ。】

【一つの商品の良さや強みは、実はその商品単体で決まるのではなく、周りとの関係性を視野に入れておかなければその良さや強みは実現不可能なものになってしまうのです。】

【暮らしを構成するある一つのものが変わると、その変化は暮らし全体に波及する。暮らしを支えるモノや知識は相互補完的に組み合わされているエコシステムである。】

【商品の価値を支えているのは社会であり、社会の価値を支えているのは商品である。】

【私たちの胃腸も肉体も救われた時代に、なお残っているのは、心の飢えである。心が飢えている対象とは私たちが心地良い思う情報や自分に価値があるという情報です。】

とまぁ、ざっくりと気になったのはこういった部分です。

では、

この本で書いてあることを、ガツン!に照らし合わせて考えてみようと思います。

・文化を開発する。
→自分の「しあわせ」のイメージをこれまでより多様に豊かにして実現するということ。

その為には、まず「問題を開発、設定する」
→問題とは、理想と現実のギャップそのもの。

・これからの時代、どんな問題があるか?

ex)
・思考しない人間が増える
・価値観が合わない人間が同じ空間にいることでトラブルが起こる
・新しい人間関係を構築する場の少なさ
・繋がりの質を担保できない

↑つまり、そういった問題を解決できるコミュニティの必要性が高まる。

・コミュニティをサービスと捉える。
→コミュニティは、人々の暮らしの中にある。
→どんな暮らしがあるか?
→どんな暮らしを望む人と繋がりたいか?
→どんな暮らしがしあわせか?
→仲間がいる暮らし、価値観の合う人の繋がりがしあわせじゃないだろうか。

このあたりまでが、僕のやっていること、コミュニティというサービスに当てはまるだろうなと考えてみました。

まだまだ読み込むと面白い本だと思いますので、とりあえずはこの辺で。

皆さんも、ご興味がありましたら、ぜひ手に取ってみて下さい。

そして良ければ、僕とお話しをしましょう。



























この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントもお待ちしてまーす(^^)
16
ガツン!というコミュニティをやってました^ ^コミュニティ運営は2019年でやめまして、今は株式会社 晴れる屋の広報責任者です。Magic the gathering というカードゲームが好きです。eスポーツもすごく興味があります。