Cafe de 寺子屋 代表 大石の自己紹介
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Cafe de 寺子屋 代表 大石の自己紹介

Cafe de 寺子屋の代表を務めております、大石紗矢香です!どうぞよろしくお願いいたします。

私は静岡大学農学部を卒業し、現在は東京大学大学院 農学生命科学研究科に所属しています。
学部生のときは、廃棄される樹皮を利用して木質材料をつくる研究を行っていました。大学院では、植物工場で使用するウレタンの培地を、海でも分解するような素材で代替する研究を行っています。

現在は寺子屋の活動に専念するために休学しており、静岡の実家で過ごしています。そして毎週、焼津の寺子屋ぱーにゅに参加しています。焼津の子どもたちはとてもパワフルで、毎週元気をもらっています!

農学への興味

専攻こそ農学ですが、私はもともと教育にも興味がありました。教育に興味を持ったきっかけを話すために、農学に興味を持ったきっかけからお話しします。

農学に興味を持ったきっかけは、中2の社会の授業です。授業のなかで、世界中のすべての人が食べるのに十分な量の食糧が生産されているにもかかわらず、飢餓に苦しむ人がいるという事実を知りました。

一方で、学校でも給食がいつも残っているように、日本では当たり前のように食べものが捨てられています。当時の私は、その理不尽さに憤りを覚えました。

飢餓の解決方法としてまず初めに思いついたのは、他の国に頼らず自国で食糧を生産できるようになればいいという安直な考えでした。そのためには農業の改善が必要だと考えたため、農学を学ぶことにしました。

教育への興味

しかしやはり、植物がどうしても育たないような土地では外から食べものをもらってくるしかありません。他の国から食べものをもらうには、相手の善意に頼る方法もありますが、それでは相手の気分次第ということになります。

より安定なのは、相手と対等なやり取りができるように、その国がチカラをもつことです。国のチカラ、国を構成する人のチカラとは何か、それは教育が握っているように思いました。
人のチカラとは、学ぶことにより自ら改善していけること。そして、その学びを支えるのが教育だと、私は思いました。

そのような考えから、もともと教育にも興味がありました。そのため大学では、塾のアルバイト・家庭教師を経験しました。
また、教員を目指しているわけではありませんでしたが、いつか教育に携わる身になるだろうという考えから、高校理科の教員免許を取得しました。

団体を立ち上げるきっかけ

私は、2020年の4月に東京大学大学院に進学しました。しかし、緊急事態宣言が発令されていたこと、授業はすべてオンラインだったことから、しばらく東京には行かず静岡に残っていました。

そして4月末に、以前から交流のあった高校の先輩と、静岡で話す機会がありました。その時先輩から、3年前に山梨県甲府市のカフェで寺子屋をはじめて、現在も後輩に引き継ぎ続いているという話を聞きました。

寺子屋は、学びたい気持ちのある子どもたちが心地よく学べるような場所を目指してつくったということでした。

私は高校生の時、勉強する場所に困っていました。家には自分の部屋がなく、リビングでは家族がテレビを見ていてうるさいし、図書館や生涯学習センターはいつも混んでいました。

学びたい気持ちがあるのに、どうして場所を探し回らないといけないのかと、私は不満を持っていました。

「本人の学びたい気持ちを応援してサポートするような環境があれば、若者がたくさん学んで社会は良くなるのではないか。」そんなことを当時の私は考えていました。そのため、先輩がはじめた寺子屋の活動に共感しました。

その当時、寺子屋は山梨県にひとつだけでした。しかし、私と同じように心地よく学べる環境を求めている子は地域に関係なくいるだろうと思い、少なくとも私の地元の静岡・進学する東京には寺子屋をつくりたいと考えました。そしてひいては、全国に寺子屋を広げたいと思いました。

このような想いから、自分が代表となり学生団体を立ち上げることで、全国に寺子屋を広げ子どもたちの学びをサポートしようと決意しました。

新型コロナにより大変なこともたくさんありますが、新型コロナにより立ち止まる時間がなかったら、この団体を立ち上げることはおそらくなかったでしょう。

今後の意気込み

私の周りには、私が何をすると言っても止めず、応援してくれる人ばかりでした。「無理だよ」「やめなよ」「できっこないよ」と言う人はいませんでした。今回改めて自分の過去を振り返ってみて、そんな人たちのおかげで今の私があるのだと感じます。

自分がしてもらったように私も、子どもたちの選択を応援し、支えられるような存在になりたいです。また団体の代表として、強い意思を持って集まった仲間のことも応援していきたいです。


Cafe de 寺子屋の強みは全国各地の個性豊かな学生が集まっていることです。ぜひメンバーの自己紹介記事もお読みください ♪
最後までお読みいただきありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

全国のカフェをお借りして子どもの自学自習をサポートをする、NPO法人 / 学生団体 Cafe de 寺子屋 の学生メンバーによるブログです☕️ 公式ホームページ→ https://cafe-de-terakoya.or.jp/ Twitter→ @cafede_terakoya