再考_

地方団体で深まる謎会計。

昨日は、地方自治体が出している赤字でも、日本国民の方であれば無関係ではないんですよ、ということを概算から見てみました。

ところが、この内の一部の数字が、振り返ってみてちょっと謎だったので、改めて考察し直してみたいと思います。皆さんもご一緒に考えてみていただけたらと思います。

取り扱うのはこの部分。

コメント 2020-02-14 091159

「伊豆まつざき荘事業会計」という部分です。昨日の考察では、

コメント 2020-02-14 091626

ここの収益に入ってくるのかなーと勝手に思っていたのですが、それでは辻褄が合わないことに振り返ってみて気づきました。
伊豆まつざき荘で上がる収益を概算してみると、

⑤伊豆まつざき荘宿泊料
宿泊者数= 約23,000人
一人当たりの宿泊費を1.5万円とすると、
23,000人×1.5万円= 3億4,500万円

だいたいこのようになるのでは、と昨日は計算してみました。これはつまり、宿泊した方から支払っていただくお金なので、そこから経費が差し引かれる計算です。

、、ん? じゃあ結局いくら使って伊豆まつざき荘を運営してるんだ??

と、一度立ち戻って計算してみると、
1)お客様からいただく 3億4,500万円
    +
2)町の予算 3億4,970万円

約7億円ってこと???

これはこれは大変不思議なことなんじゃないかと、後で気づいたのです。笑

ところが事業計画を見てみると、

コメント 2020-02-15 181623

予算額が約3億円になっているんですよね。差額の4億円はどこにいったのでしょう。。?

7億円もかけて、お客様から3億4,500万円しか回収できていなかったらそれはそれで問題ですし、差額分は運営費として一般財団法人松崎町振興公社さんにまわっているのだとしたらそれはそれで不思議です。

繰り返しになりますが、町営の施設を運営しているとはいえ、自分たちの予算は自分たちの収支で本来は成立させなければいけないからです。行政機関が運営しているならまだ赤字を税金で補填するのはわかりますが、一般財団法人という別組織である以上、税金予算ありきで運営されているのはおかしな話なのです。

もっと譲歩したとして、「それでも松崎町のためになるので」と判断し、松崎町内の税金から町民同意の元、支出するならOKでしょう。
要は、そこで赤字を出していても、町内事業者の他のところで恩恵があり、結果町としてはプラスになる、と考えるならということです。

しかし残念ながら、これも繰り返しになりますが、松崎町内からの税金はたった6億円程度しかなく、国民健康保険だけでも12億円かかっているので、全くそこの計算は合っていないのです。

そうなると、松崎町とは関係のない、日本のどこかの誰か、もしかしたらあなたの税金の中からこのお金が工面されているかもしれない、ということなのです。

相互扶助の考えに則り、日本全体で支えるのも良いかもしれません。

しかし、その実態がほとんど知られぬまま、こうやってお金が流れていくのはどうなのかなと思ってしまいます。

もちろん、「それでも松崎町に払いたい!」という方がいれば大歓迎です!笑

要は、それで満足できるかどうかが問題だ

税金の使い道というと、いろいろな側面があるので、一概に赤字だから悪だ、とも言えません。

今回の話もそのひとつで、何億円かけてもこのサービスが必要だという話であれば全く問題ないわけです。

ところが、これからさらに社会保障費が膨らむことが明らかで、税収も減っていく未来が見えている中、果たしてここにお金をつぎ込むことがどこまで合理的なのかは疑った方が良いかと思います。

特に若い世代は、自分たちの税負担は大きくなっていく割に、将来的な自分たちの未来は保証されないかもしれないという事態に一歩ずつ近づいていることを意識しなければいけません。

この続きをみるには

この続き: 659文字

地方団体で深まる謎会計。

てらけん@伊豆おこしプロジェクト

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

伊豆が好き!という方募集中!

ありがとうございます!
4
静岡県富士市出身。仙台で建築を学んだり、信託銀行で金融を学んだり、伊豆で地域おこしをしたり。伊豆おこしプロジェクト:https://izuokoshi.com/ Facebook:https://www.facebook.com/teraken0999
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。