見出し画像

魔女のいる世界に惹かれ…

こんにちは!ナツメです。

秋と言えば、「食欲の秋」「芸術の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」など
秋と結びつく言葉はたくさんありますよね。
今日はその中でも「読書の秋」をテーマにお話しようと思います。

みなさんは幼少期に読んでいたお気に入りの本を覚えていますか?
私は読書が好きで、2週間に一度、市の図書館に行って、本を借りて読んでいました。

私のお気に入りは「魔女」が登場する本でした。
まだ幼かった私は魔女に強い憧れを抱いていて、「魔女になりたい」と結構本気で思っていました。

当時私が読んでいた本を少し紹介すると、

〇『魔女の本棚』シリーズ

〇『なんでも魔女商会』シリーズ

〇『魔法の庭ものがたり』シリーズ

この3シリーズは大のお気に入りで、新作が出るのをとても楽しみにしていました。

なぜ魔女が登場する本が好きだったのか、一言でいうと、
”魔女の世界”がとてもキラキラしてみえたからです。

魔法を使って人間や動物の悩みを解決したり、薬草を煮てクスリを作ったり、私たちが生きている世界にはない、不思議な力を持っていて、
人間なのか化け物なのかよくわからない「魔女」に惹かれていました。

魔女の世界というより、作者が描く、”魔女が登場する物語の世界”の
虜になっていたのだと思います。


実は先日、とても久しぶりに、「魔女」が登場する本を読みました。

こちらの『魔女たちは眠りを守る』です。
ずっと読みたかった本で、先日やっと読むことができました。

人間の世界でひっそりと暮らす魔女が、悩みや悲しみに暮れる人間を
優しく見守り助けるお話です。

私が今まで読んできた魔女の本は、どれも海外を舞台にしたものがほとんどでした。
しかしこの本は日本が舞台だったので、とても新鮮でした。
私の住む街にも魔女がいるんじゃないかなと思わせてくれる本で、
幼い時に感じたワクワクを、思い出させてくれました。

魔女と人間が織りなす物語がどこか切なくて、優しくて、心あたたまるような、そんな気持ちになりました。


振り返ると、ここ最近は新書やビジネス書だったりと、少しかたい本ばかり読んでいたように思います。

久しぶりにファンタジーの世界を堪能し、物語っていいなと改めて思いました。

「読書の秋」を機に、久しぶりに物語の世界に浸ってみるのもいいのではないでしょうか。

みなさんのお気に入りの本も教えていただければ嬉しいです。
コメントお待ちしてます!




この記事が参加している募集

スキしてみて

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
「世界に挑戦する人を増やしたい!」、新サービスを札幌 東京 愛知 大阪 ウィスコンシン メルボルンから、コロナに負けずにたちあげ中。サービスを作る奮闘とバライティ豊かなメンバーの日常を覗き見てほしい!そんな想いでサービスよりも前に、noteをフライング気味に始めました(笑)

こちらでもピックアップされています

バナーを使っていただきありがとうございます!
バナーを使っていただきありがとうございます!
  • 746本

みんなのフォトギャラリーに共有したバナーを使っていただいた記事を集めます。順不同、見落としなど抜け漏れがあるのはご容赦ください!また、記事内容によっては心で感謝するに留め収録していないこともあります(一般的な公序良俗を逸脱しているかもしれないと私が個人の基準で判断した場合とかです)。2020年1月以前のものは追うことができなかったので、それ以降のものです。たくさん使っていただきありがとうございます!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。