ペンギンエンジニア@駆け出しエンジニア応援
私が未経験エンジニアならはじめの1年間でやること
見出し画像

私が未経験エンジニアならはじめの1年間でやること

ペンギンエンジニア@駆け出しエンジニア応援

こんにちは。

駆け出しの方からよくどのような勉強をしたらよいか。何の資格を取得するべきか相談されることがあります。

どの方向に向かってキャリアを積むかにもよって変わります。

というのが答えになってしまいますが、WEB系ではなくSI業界でキャリアを積むことを前提にお話したいと思います。


もし私が今までの技術スキルや経験がない未経験エンジニアとしてはじめの1年間何をするか考えてみた。前提として、今の仕事をしながら活動した場合の一年です。


まず、何事も基本が重要です。

基本とは何か?

その業界、現場で必要な用語、ルール、プロセス、全体像を理解することだと思います。

野球であれば、ポジションごとの役割、どのようになるとアウトでどのようになると点につながるのかということです。バットの振り方やボールの取り方、投げ方は後回しです。

では、IT業界のルールを学ぶに一番最適なものは何か??

「基本情報技術者試験」

国がITエンジニアとしてキャリアをスタートするにはお勧めしますと、国のお墨付きです。

基本情報技術者試験に合格する」がまず1番最初にやることです。

しかも1回合格すればよい、無期限の国家資格です。

履歴書にも書けるので就職活動でのアピールにも使えます。一石二鳥です。


そして、次に何を学ぶか。

おそらく基本情報技術者試験で学んでいく過程でどの分野を深めていきたいかを考えるよう人なっていると思います。

アプリケーション開発がやりたいのかインフラ構築がしたいのか、セキュリティ、ネットワーク分野をやりたいか、マネジメントに興味があるかなど。

基本(ベース)ができたことで開発だけではない選択肢が存在することを知ることになります

ベースを学んだからこそ、次に学ぶことを俯瞰した上で選択していくことが可能となります。


では、仮に「アプリケーション開発」を選択したとします。

SI業界ではどのようなアプリケーション開発が行われているかを調べます。

それを調べるには、求人をみたり、SI企業サイトの事業内容の確認、少し踏み込んでカジュアル面談などを利用して現場の方に聞いたります。

これを繰り返していくと共通項が見えてきます。

1次請け、2次請け、3次請けとSI業界の構図がつかめるとそのレイヤーごとに役割が異なってくるのでアプリケーション開発を行うにはどこの企業を調査対象にすれば良いかということも分かってきます。

1次請けは、大手が多く、未経験の転職は厳しいな。そもそもアプリケーション開発ができないな。などのことがわかってくると、2次請け3次請けという中堅Sier、中小Sierが対象となってきます。あとはそのレイヤーの会社の求人の募集要項をひたすら見ていきます。

そうすると、どのようなスキルが求められているかがわかってきます。

その募集要項、必須スキルに合わせた技術を学んでいきます。(それはプログラミングとは限りません)


そして、その技術をある程度学べたら、企業に応募してみる。

中には入社後に研修を設けている会社もありますので、活用すべきか検討します。


応募して無事書類選考が通ったら、面接の時に必ず確認することは

現場はどのような業界が多いか?

どのような技術を使ってどのような仕事から入るか?

という質問です。


どうしても異業種からIT業界未経験で転職となるとSESの会社になるケースがほとんどです。

第2新卒で基本情報を持っていれば社内で受託開発している会社に入れる可能性が高くなりますが、はじめはSESで客先常駐となることが多くなると思います。

客先がどういうところで、どのような技術を使うところなのか、どのような作業になるのかというところを面接でしっかり確認しておくことで自分に適した会社なのか検討ができます。

ただし、常駐先は変わることがあるので注意ですが、何も確認しないよりはマシです。

SESメインの会社でもターゲットを決めているところもあり、例えばソシャゲーやWEB系企業をメインとしたSESを行っている会社もあります。一方で金融系がメインだとか、製造業がメインという会社もあります。この業界によって使う技術が全然違ってくるので自分がやりたい、興味がある技術が扱える業界を選択します。このような業界調査も求人を見ていると分かってきます。


そして、様々な企業と面接を繰り返すことでここはいいなという感触な会社に出会えると思います。

その会社に運良く入れる頃に、ちょうど一年といったところでしょう。


最後に、未経験からエンジニアを目指す人へ

このように資格取得や調査目的の面接、転職活動を行うには時間がかかります。

そのため、収入の不安がない状態、つまり仕事をしていることが重要です。

仕事を辞めた無職の状態で勉強したり、転職活動をすると必ず焦って試験も合格できないまま、適当な会社に就職して、あとからブラック企業とわかりまた転職を繰り返す・・という最悪のループにはまります。

必ず!!仕事をやめないで、勉強と転職活動をしてください。

最初の一年我慢してがんばれば、その後のキャリアが積みやすくなります。

ご参考ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ペンギンエンジニア@駆け出しエンジニア応援
非IT系企業から未経験で駆け出し→ブラック会社(SES)→WEB系企業→SIerへとキャリアアップ成功。駆け出しエンジニアに役立つ情報をお送りします。