丸山穂高議員の問題提起について

最近、丸山穂高議員の「戦争で取り返すしかないんじゃないですか?」というTwitterの発言について様々の著名人がコメントをしている。

ある議員は国会議員を辞めるべきであるとの見解すら示している。

私の意見としては、丸山穂高議員のような考え方人には国会議員をやってほしくないがあくまでもそれは私自身の考えであって、領土問題に対して戦争の是非を議論することはに対しては国会議員を辞めるには値しないと考える。

たしかに
第九十九条には

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

と書いてあり丸山穂高議員はこれに反してるようにも見えるががもし憲法と乖離した内容の問題提起をしただけで、辞職になるのであればそもそも憲法改正が否定されることになる。

よって丸山議員の発言は辞職には値しないのではないのだろうか?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
今のマスメディアの報道に疑問を抱いている大学生。将来は現状のマスメディアを少しでも良い方向に変えて行きたいと考えて活動していきたい。興味がある方はツイッターにDMしてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。