No.215

真魚

かき氷と花火
夏を彩る風物詩
いつかはなくなる
鮮やかな色をもつ

かき氷
さくさく 色様々 食べ物であるがキレイ

花火
いつかは消える 音と色で魅せる 空に描く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
真魚
思ったことを50位の音に変えてゆく場所 銀色の輝きは心を奪うものを感じる 好きな音 https://scratch.mit.edu/projects/562783821