己龍さんにぜひこの弾いてみたをやって欲しい(+V系の可能性を探したい話)


こんにちは、てんてんです。

最近己龍ボーカル黒崎眞弥さんが、VOCALOID曲の歌ってみた動画を上げているのはご存じですか?


↓画像クリックでYouTubeに移行します↓




歌ってみた、といえば、
ボカロPさんがVOCALOIDに歌わせたものを、
歌い手と呼ばれる方たちが歌っているものですよね。


歌ってみた、で重要となるのは「声による表現力」だと私は思っています。


今でこそVOCALOIDの声質の種類は増えましたが、やはり人間の表現力の豊かさの方が圧倒的です。


本家の曲をどのように歌うか、
自分らしさをどこで表現するか。


路上でギターを持って活動されている方はいますが、歌声が綺麗な人は沢山います。綺麗なだけじゃ人は立ち止まりません。

+αの武器が必要なのです。


そういう意味では黒崎眞弥さんは、
非常に表現力が豊かな方だと思います。

V系の武器「バンドの世界観の表現力」に「ボーカルの表現力」もきちんと含まれている、ということでしょう。



さて、そんな妖怪表現力の己龍さんに私は是非コピーして欲しいVOCALOID曲があります。


それは……

ゆうゆPの天樂だ!!!!!

画像からニコニコ動画に飛びます↑

てんがく、と読みます。
てんらくではありません。


こちらYouTubeにも載っているのですが、本家のニコニコ動画のリンクを引っ張ってきてます。


この天樂、あの有名な和楽器バンドさんもカバーしています。知る人ぞ知る名曲です。時代的にはかなーり遡ってしまいますが……。


ジャンルとしてはV系ではないのですが、和風ロックという部分では、いい線いってると思っています。(?)


VOCALOIDとV系の似ていると思う部分は、「徹底的な世界観(世界線)」だと私は勝手に思っています。

VOCALOIDの曲というのは、1曲1曲がとある世界であるように感じます。
私達の世界とは完全に分断された、アニメのような漫画のような世界。


かなり前になってしまいますが、「カゲロウプロジェクト」や「悪のシリーズ」という、曲がある世界線のシリーズものになっていました。


私達が曲を聴いて共感する、というよりは、その世界を聴いて(見て)楽しむ、というものに近かったです。まさしく映画やドラマのような感覚でした。


そう考えると個人的に己龍さんの楽曲は、VOCALOIDにある「現実との分断」「世界観の徹底」というものを強く感じるのです。


分かりやすくいえば、
「ドラマの主題歌」よりは「ゲームやアニメの主題歌」が似合う、ということです(まじで個人的な感想。悪しからず)



天樂、弾いてみた動画も非常に多いです。それだけバンドマンをわかせた曲でもあったということでしょうな。

ギターはツインなので、人によって弾いている場所が違ったりしますが、
ベースやドラムの動画も比較的多く、あまり困りません。(耳コピ目コピ勢には非常に助かります)


ぜひ、己龍さんにはこれをやってもらいてえ〜、と思う毎日です。


黒崎眞弥さんの歌ってみた動画のコメントには、「吉原ラメント」を希望する方も見られました。


吉原ラメントも、読んで字のごとく、です。ラメントは「哀歌」「悲歌」の意味で、「遊郭の女性の美しくも儚い悲しい歌」であります。

サビ前に長めの廓詞(くるわことば…ありんす言葉)の台詞が印象的で、とてもしっぽりとした情緒ある歌です。


黒崎眞弥さんの声質ですが、とても女性らしい息遣いの歌い方をする時があります。可愛いではなく、色っぽい、艶やかという言葉の方が適切でしょう。

そういう点からも「吉原ラメント」を希望する声があったのではないかと思います。


これは私も聞いてみたい。




ちょっと真面目に話す後書き



まあまあこんな感じでしょうか。
結構いろんな曲は候補にあったんですが、「この曲じゃ、己龍さんじゃなくてもいいよな」なんて思ったりして、選曲から外した曲もありました。


私は己龍さん好きですが、どちらかと言ってしまうと、V系という世界への興味、そして国民の皆様へ理解と認知を得る為の活動をしたいと思って勉強してます。(大真面目)


認知、っていうよりは、
これからもっと飛躍していける可能性を探っていきたい、って思うんですよね。


めちゃくちゃ個人的な感覚ですが、
V系のファンってあまり周りで見かけないんです。


V系っていう日本独自のジャンルなのに、あまり注目されていない。
どうせなら右肩上がりで注目度やファンを増やしていきたくないですか。


「バンギャです」「ああ…そうなんですねえ^^;」

っていう風潮やっぱりあると思うんですよ。


でもそういう対応を取られてしまうというのは、進化の過程が公に認識されておらず、偏見(昔のホストやギャル男みたいなやつ)という認識で止まっているからなんだと思います。


そもそも認識してもらえる機会が少ない。


今、テレビvsYouTubeという対立が少なからず見受けられ、
V系バンド所属事務所がYouTubeチャンネルを設立し、MV以外にも所属メンバーが音楽には全く関係の無い企画などをやって、認知度を広げる活動をしています。


動画のコメント欄には、「音楽聴いたことはないけれど、動画を見て興味がわきました!」とか「曲の方も聴いてみます!」みたいなものも増えてきました。


なんなら私もその1人です。
まんまとYouTube作戦に引っかかりました(言い方)



Twitterなどで公式がツイートしたものをリツイートするでも良い、
でも私は独自に宣伝ツイートをしたい!

って言ってもTwitterほとんど触らないし、なんならジョジョの奇妙な冒険くらいしかフォローしてないんですけれども。


なので、こうして「誰も見てくれないだろう」と思いながらも、「誰かの目に止まったらいいな」とnoteに書いていくのです。




音楽って本当に素敵なものだと思っています。

時代の流れがあっても、変わらずに人に聴かれる曲があるって凄くないですか?

音楽ってなんだろう?って純粋に疑問になりませんか?

言葉にいろんなものがのっていくんですよ?!なんなら言葉すらない音楽もあるんですよ?

ファーwすげえwww

ってなりません?
耳から入ってきたただの音を、脳で感じたり、はたまた未だによく分からない「心」で聴いて、気持ちよくなったり悲しくなったりするんですよ?


意味分かんなくない?(シラフ)


そんな音楽が何かの理由に着けて、評価されなくなるの、って悲しくないですか。改めて評価しよう、ってならないの悲しくないですか。

評価されない、っていうのは
「評価するに値しないほど駄作」か、
「今までされ続けた評価と相違ない」とかだと思うんです。


でも何度でも、なんならもっと多くの人の目の中で「再評価」されても良いと思うんです。
人が多ければ多いほど、いろんな見方や発見が生まれると思うんです。そこで改めて新しく再び評価されても良いと思うんです。

こんな時代です、男性がメイクする時代になりました。そういうことです。


評価される場所というものを、
YouTubeやTwitter、Instagram…
スマホの普及によって、
インターネットがより身近になった今、
めちゃくちゃ駆使していくの、アリだと思います。


私は音楽が好きだ。
以上!また今度。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
年齢性別なんて必要ないだろう。

こちらでもピックアップされています

V系に関する考察
V系に関する考察
  • 10本

V系文化を守る為には、音楽活動を続ける為には、などなどV系に関することについて語ってます(。゚ー゚)σ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。