見出し画像

#51 手まり「束ね熨斗」の作り方

#手まりの作り方 #熨斗 #お祝いの模様 


ルーツのわかる模様は少ない


この模様は古い手まりの本に
「松本まり」として紹介されていた物です。


昔は模様や色づかいに地方独特の特徴があったようです。
しかし現在、地域の特徴を残している作品は
非常に少ないです。


祖母は好んだが、母は嫌った巻きかがり


束ね熨斗は、巻きかがりと呼ばれる手法で作ります。
糸を手まりに巻きつけることで、模様を作ります。


見た目以上に糸を消費する模様なので
母は好まなかった作品です。
しかし祖母は好きだったようです。


私もどちらかと言えば、
巻きかがりは好きなテクニックです。


糸を多く消費する、束ね熨斗


この手まりは4つの色グループを使い
それぞれ5色のグラデーションで模様を作ります。


各色は25番刺繍糸の場合1/2カセ必要です。
今まで作ってきた手まりと比べて
とても多くの糸を使います。


今回は多くの色を使って作りますが
赤と白だけで作る場合もあります。


私は白い土台で作り、土台の白を見えるように残しています。
九州のほうでは、この土台を残さずに
糸を巻いてしまうお流儀もあります。


束ね熨斗の作り方

この続きをみるには

この続き:136文字

#51 手まり「束ね熨斗」の作り方

てまり-ねこ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 現在、アトリエ引っ越し予定です。 その為の諸費用にあてさせていただきます。

スキ!ありがとうございます。
手まり職人をしています。 note では、詳しく丁寧に作り方の紹介をしていきます。 もっと詳しい説明が必要な方は 私のfacebookから、声をかけてください。 https://www.facebook.com/sonomi.nanahara
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。