あき | デザインの図書館

UI デザインを中心に "良いものを作って正しく届ける" ための情報を発信します。"難解なことを誰でもすぐに使える知恵に変える" がミッション。コツコツ 知見を書きためて デザインの図書館 を目指します。 家計簿 Zaim → SHOWROOM。UI デザイン、PdMが主領域。

UI まとめてみた。

いろんな UI のリファレンスをパターン整理したもの。

新規登録 UI まとめてみた

シンプルだけど難しい「新規登録」のデザイン。 派手さはないけど、地道な工夫の繰り返し。 新規登録って大事 新規登録は離脱を抑えるデザインが重要です。 せっかくダウンロードしてくれたユーザーがサービス利用前に離脱してしまうともったいないので。 本記事では新規登録の UI パターンや事例をまとめてみました。新規登録をデザインする際は、この記事を参考にデザインしてみてください。少しでもお役に立てばうれしいです。 新規登録のポイント ① 最も負担の少ないタイミング ② 最小の操

スキ
697

ダークモードまとめてみた

ダークモード簡単そうだけど、めっちゃむずっ! 最近は、ダークモードも当たり前な感じになってきましたね。まだ自分でデザインしたことがなかったので、いくつかのアプリを調べてみました。あと、今回はダークモードというか、「黒ベースのUIデザインってどうやるの?」みたいな視点でやったので、Netflix なども含んでます。 スクショはすべて Figma にアップしてまります。ご自由に閲覧・コメントください〜。 はじめにダークモードは iOS、Android ともにガイドラインがあ

スキ
84

iOS もシャドウ使っていいの? - iOS の階層表現をまとめてみた #Zaim

あれ、iOS ってフラットデザインじゃなかった? でも、最近シャドウ表現増えてない? 最近、iOS でもボトムシートや Floating Action button など 階層(Z 軸)が異なる UI が少しづつ多くなってきた気がします。App Store の Today もカードにシャドウついてますしね。 そこで、整理をかねて最近のデザイン傾向をコンポーネント別にまとめてみました。 *** ボトムシートのまとめ 傾向 シャドウあり。 ボトムシートを画面上部まで引っ

スキ
123

オンボーディングまとめてみた

どうすれば新規の定着率は伸びるのか。 サービスの良さがより伝わるのか。 全ユーザーに影響を与えるオンボーディング。自分なりに UI をまとめたのでアップします。 また、今回は UI パターンの前に「オンボーディングとは」の定義からはじめました。概念があいまいに感じたので。ちょっと長いですが、お付き合いいただけると嬉しいです。 オンボーディングとはアプリにおける オンボーディング は 新規ユーザーをアプリに定着させるためのフロー。では、具体的に何ができればオンボーディング

スキ
140

ストーリー戦略まとめてみた

UX 戦略と成長戦略を考察してみた

【深く考えるシリーズ】メルカリの UI がダサい理由を考えてみた。

どうも、UIUX デザイナーのあきです。 先日、メルカリさんがIPOしましたね(IPOの申し込み落選してしまいました、残念)。 ところで最近、非デザイナーの友人から 「メルカリってデザインダサいけど、すごい人気だよね。何がすごいの?」 と聞かれました。 その際、「ちょいダサなデザインだけど、全部すっごいよ」としか回答できなかったので、今回はメルカリの UI について、いまさらですが考えてみました。 また最初に断っておきますと、この記事でお話しするのは「メルカリはダ

スキ
137

Dropbox のストーリー戦略を考えてみた

グロースハック事例で必ずあげられる Dropbox 。 いまでも続く成長のカギはどこにあるのか。 Dropbox の戦略を考えてみました。 ストーリー戦略考えてみた サービスの特徴を UX 戦略と成長戦略で考察してみるシリーズ。サービスが成長するヒントを探ります。 参考 Dropbox とは 無料で使えるオンラインストレージサービス。 数年前にリブランディングを実施して、チームでのコラボレーションツールへの進化をはじめている。 規模 ユーザー数:5 億 課金数:132

スキ
35

優れた戦略をデザインする - ストーリーとしての競争戦略

どうすればもっと良いサービスを作れる? たくさん努力すればできる? 才能があればできる? 【結論】 努力も才能も必要。 しかし最も重要なことは、成功へのストーリーが見えていること。 そして、すべての戦略がそのストーリーの中で展開されること。 ストーリーとしての競争戦略は「成功へのヒント」を教えてくれる本。マーケティングはもちろん、UI デザインにもかなり応用できます。 実践するのは、なかなか大変ですけどね。 優れた戦略にはストーリーがあるすべての戦略がひとつのゴールに向

スキ
71

Netflix のストーリー戦略を考えてみた

人気のサービスには必ず理由がある。 以下の記事でまとめたストーリー戦略を視点に Netflix を考察してみました。かなり主観強めです。参考まで。 Netflix とはいつでもどこでも好きな動画を見れるサービス。 補足 アプリはスクショできない仕様でした。今回は、最低限だけアップ。興味がある方は、ご自身で使ってみてください。 Netflix のストーリー戦略Netflix の成長を支える構造。 すべての戦略が「映画をもっと気軽に楽しむ(コンセプト)」に向けてデザインさ

スキ
185

デザインのあれこれ

自分なりのノウハウや感じたことを書いたもの。

興味と拡散のデザイン - 共感PR

どうすればもっとサービスを知ってもらえるのだろう。 どうすればもっとサービスに興味をもってもらえるのだろう。 良いサービスを作ってより多くの人に届ける。 書くのは簡単。やるのは困難。 共感 PR という本を読んだのでメモ。 世の中の興味を引き出すには、がテーマ。 ちなみに 本書でいう PR っていうのは パブリックリレーション(Public Relations)に近そう。販促としてのプロモーションと混同しそうなので一応。 はじめに近年では「バズ」という考え方が重要にな

スキ
15

わかりやすく魅力的な文章の書き方

準備編すぐに書き始めない。まずは以下を整理しよう。 誰のために書くのか どんな悩みをもった人なのか。 何を求めている人なのか。 何を書くのか 文章のテーマを一言で表すと何か。 なぜ書くのか 文章を書くことで、どんな変化が起きてほしいのか。 どう役に立つのか 読んだ人の人生はどう変わるのか。行動は変わるのか。 実践編書くときに意識しよう。 目次から作ろう すぐ本文を書き始めない。 まずは、書くことを整理しよう。 書くべきこと、書かなくていいことが整理されて読みやす

スキ
29

Dropbox のストーリー戦略を考えてみた

グロースハック事例で必ずあげられる Dropbox 。 いまでも続く成長のカギはどこにあるのか。 Dropbox の戦略を考えてみました。 ストーリー戦略考えてみた サービスの特徴を UX 戦略と成長戦略で考察してみるシリーズ。サービスが成長するヒントを探ります。 参考 Dropbox とは 無料で使えるオンラインストレージサービス。 数年前にリブランディングを実施して、チームでのコラボレーションツールへの進化をはじめている。 規模 ユーザー数:5 億 課金数:132

スキ
35

Netflix のストーリー戦略を考えてみた

人気のサービスには必ず理由がある。 以下の記事でまとめたストーリー戦略を視点に Netflix を考察してみました。かなり主観強めです。参考まで。 Netflix とはいつでもどこでも好きな動画を見れるサービス。 補足 アプリはスクショできない仕様でした。今回は、最低限だけアップ。興味がある方は、ご自身で使ってみてください。 Netflix のストーリー戦略Netflix の成長を支える構造。 すべての戦略が「映画をもっと気軽に楽しむ(コンセプト)」に向けてデザインさ

スキ
185

イベントのメモ

参加イベントの書きなぐりメモたち

見えない魅力の引き出し方 - CXO Night #4 - LIPSの誕生からリニューアルまで

イベント参加したので、書きなぐりメモです。 誤りあったらご指摘ください〜。 Twitter で #cxonight で検索すると雰囲気わかります。 本記事は前半のLIPSさんのメモ。 詳しくはこちらでチェック。 *** Q. コスメ口コミサービスは競合多いですが、コンセプトメイクからリニューアルまでどんな思想で作っていますか?A. 松井さん 最初はいろんなサービスを作っていた。あまりうまくいかないことが多かった。 そんなとき、インスタなどでコスメ紹介が増えていることに

スキ
11

#heydesignersnight のメモまとめ

イベント参加したのでメモ。かなり殴り書きです。敬称なども省略させていただいてます(失礼あったらすみません)。あと、内容も聴きながらメモなので、間違ってたらすみません! Twitter で #heydesignersnight 検索すると、雰囲気わかるのでオススメです。 あと、写真ガラガラですが、早め到着の撮影です。実際は満員でした! どんなイベントかトークセッション風。ヤフーさんと hey さんが交互に質問して答える、のようなざっくり会話で進むイベント。ラフ。 登壇手法

スキ
22

merpay PM TALK MEET UP #1

イベント参加したので、書きなぐりメモです。 スライド中心だったので、テキストだけだと、ちょっとイメージしにくいかもです。 イベント概要セッション 1. UKで学んだリーンプロダクト開発 by Kazuya Kawashima 2. US向けプロダクト開発とUS Fintechサービスご紹介 by Kei Otagaki 3. Fintech領域でのプロダクト開発について by Hisatomo Yamamoto **** UKで学んだリーンプロダクト開発 by Kazu

スキ
12

THE GUILD勉強会 #03「データ×UXデザイン」 - 第二部

イベント参加したので、書きなぐりメモです。 ちなみに、この記事は第二部のパネルディスカッションのメモです。第一部はこちら。 当日の雰囲気は、#theguild_study でTwitter 検索してみてください。 イベント概要 登壇者 大竹雅登さん(dely株式会社) 山田智久さん(アドビシステムズ株式会社) 鈴木陽介さん(日本経済新聞社) 安藤剛さん(THE GUILD) 深津貴之さん(THE GUILD)は、他予定が、、とのことでおやすみでした。 以下質問とその

スキ
36