見出し画像

「正解にすればいいだけ。」

右か左かで迷った時に、どっちが正解でどっちが不正解なのか?

生きていく上でこんなくだらない選択肢は存在しない。

どっちに行こうかで悩むなんて時間の無駄、マジでクソ。

時間はどんな人にも平等に与えられたものなんだから大事に使っていかないと。

右に行こうが、左に行こうが選んだ方を自分で正解にすればいいだけ。

もっと言うなら右か左かのどちらかに行かないといけない。なんてことはない。

どっちも選ばないことだっていいんだ。真ん中を突っ切るのだっていいんだ。

やってもいいし、やらなくてもいい。

続けてもいいし、諦めてもいい。

もともと正解なんてものはない。正解なんて選択肢はない。

正解は選ぶものじゃなくて、自分で創っていくもの。

そう考えれば覚悟ができるし、「あの時あっちにしておけばよかった。」なんて言う負け犬にはならない。

そんなこと言うやつはどっちを選んだって同じことを言う。

それでも悩むなら基準は人それぞれだけど俺だったら、それは楽しいのか?未知なものなのか?だいたいこれだけ。

選ぶことに迷うんじゃなくて、もがきながら行動する。

もがいてでもダサくてもとにかく動く。

見切り発車でもいい。見切り発車は人生にライブ感が生まれて楽しくなる。

ビビってもいいし、むしろビビるのなんて当たり前。

「いいかい、怖かったら怖いほど逆にそこに飛び込むんだ。」

これは俺がかなり影響を受けている岡本太郎の言葉。

ビビるものほど、飛び込んじまったほうがいい。

それに飛び込んでいくのが楽しいんだから。

動かないと何も生まれないんだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大吉
5
《何者でもないけど、書くことを続けたら何になるか実験中。》 「テキトーにフラつく。」がモットー。 2019年3月19日から毎日1200文字以上note投稿開始。 ブログはじめました。→ https://tabinototyuusyoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。