見出し画像

【バンコク穴場スポット】Terminal 21を満喫+プロンポンぶらぶら散歩!

5泊6日で予算4万円でバンコクを満喫しちゃおう!今回のご紹介:CHATA Specialty Coffee / Pala Pizza Bangkok / Terminal 21/ Monkey Nap Hostel

画像9

CHATA Specialty Coffee
https://www.facebook.com/chataspecialtycoffee

このCHATA Specialty Coffeeがあるヤワラート(中華街)周辺には昨今、おしゃれなCafeがたくさん出店されており、地元の大学生やOLに大人気で賑わっています。

これまでは中心部からのアクセスがバスかボートしかなく少し不便な場所だったのですが、MRT(地下鉄)ブルーラインの延伸によりこのヤワラートや周辺のワットポー
などの三代寺院へのアクセスが格段に良くなりました。

画像2

詳しくはバンコク在住6年目のサクさんのサイトが分かりやすいので載せておきますのでご覧になってみてください。

サクのバンコク生活日記
https://www.saku-bangkok.net/entry/chataspecialtycoffee

時間がなかったので本来行きたかったこのCHATAの店の奥にあるHotelに併設されたCafeスペースが撮れませんでしたが、サイトに写真がありますのでご参考にしてみてください。

画像3

今回ご紹介できなかったCafeがたくさんありますので近日中にブログの方でご紹介いたします。

本当にこの界隈のCafeは個性的でどのお店もオリジナルなおすすめを持っていますので時間のある方は散策がてらこの界隈のCafeを回るのをお勧めします。

Pala Pizza Bangkok店外

Pala Pizza Bangkok
http://www.palapizzabangkok.com/

BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅の連絡口にあるイタリアンレストランPala Pizza Bangkokでは店内外で美味しいピザが1切れ(350円前後)から食べられます。

種類も豊富でベジタリアン用のものもあります。夕方5時を過ぎると西洋人を中心にごった返しになる程の大人気ぶり。

通常このようなお店ですとピザはホールでの注文かと思うのですが、こちらでは1切れから注文ができるのでたくさんの種類をシェアできます。

またデザートも充実しており、定番のティラミスは濃厚で大好評です。

そうそう、ここ数年バンコクの街には韓国のアイドルの広告で溢れており、中高生の間ではK-POPのダンスを真似る子達(特にゲイの男の子に人気!)も多いです。

画像5


Terminal 21
http://www.terminal21.co.th/

2011年にオープンしたTerminal 21。空港のターミナルを想定した地元の人や旅行客に大人気のショッピングモールです。

バンコクビジネスの中心地アソークにあるので会社帰りまたはお昼にこの中にあるフードコートで食事をする方も多いです。

画像6

フードコートには世界中の料理が並び、ヴィーガンバーガーなどの最先端の食事も楽しめますので宗教や人種の違うお友達同士でも気兼ねなく一緒に食事ができます。

またジムやシネコンもあるので仕事帰りに駅直結の便利さもあり、いつも賑わっています。

因みにタイでは映画館での観覧料金は各映画館によって違います。平日は大体560円位で土日は少し高くなります。

クレカや携帯会社の会員限定サービスなどもあるので加入していると半額で観られます。

プロンポン駅のエムクォーティエにもシネコンはありますがこちらのTerminal 21が
中心区では一番安いかと思います。

ここでひとつ、タイのフロアー表記で混乱することがあります。

タイでは(Terminal 21、エンポリアムなど)は1階をG階(Ground floorのG)と表記し、2階をM階とし、3階を1階と表記するビルがあります。

ですが、全部ではないので自分が今何階にいるかわからなくなることが発生します^^;

画像7

Monkey Nap Hostel
https://www.agoda.com/ja-jp/monkeynap-hostel/hotel/bangkok-th.html

バンコクの中心地に泊まるなら絶対ココ『Monkey Nap Hostel』
http://cafemanchado.com/?p=13564

2日目の宿泊はこちらMonkey Nap Hostelでした。BTSプロンポン駅とトンロー駅のちょうど間にあり、駅まで徒歩10分程です。

こちらのHostelの近くには日本食材が豊富なフジスーパー(バンコク在住者、駐在さんご用達!)や大通りにはレストランも多く、Topsなどのスーパーもあるのでとても便利です。

画像8

Hostelには入り口入ってすぐにコワーキングスペースもあり様々な国からの滞在者が仕事をしていました。

但し、長気滞在者が自分の席のようにテーブルの上にラップトップや私物を置きっ放しにしており他の人が使い難い雰囲気が残念。

その奥にキッチンがあり調理器具調味料完備で本格的に調理ができます。コーヒー紅茶などはフリーです。

画像9

ベッドはマットレスが分厚く枕もふかふかで寝心地は快適です。

もちろん個別にロールスクリーンがあるのでプライベートが保たれます。個室内にはコンセント、ライトがあります。

添付した「バンコクの中心地に泊まるなら絶対ココ『Monkey Nap Hostel』」には女子専用ドミトリーはかなり汚い!とあるので是非MIXをご利用してみてください。

とてもキレイでしたよ。この日の宿泊費はアゴダ利用で割引があり670円でした!

バンコクの中心地でどこへ行くにもアクセスが良く、キッチンが充実しているので自炊派の方には最適!

タイ料理が苦手な人は近所の日系スーパーで日本のお惣菜が安く買えます。


【今回5泊6日の旅行費詳細】

飛行機往復チケット(LCC)
26,000円

滞在費(ドミトリー)
1泊600~1,500円が中心(アゴダ利用)
※初日は疲れていたので個室に変更したため¥2,600でした。

食事
朝食1串10バーツ(35円)果物
昼食+夕食で100バーツ

コーヒー(毎日1杯)
25バーツ~40バーツ(90円~150円)

交通費
電車 300円位(1日)
バイクタクシー利用時 100円
(徒歩20分程度の距離)

今回の旅行費トータル40,000円もいかなかった!1日1,000円で飲み食いなど十分過ごせ、ドミトリーなら1,500円未満で泊まれ1万円で1週間過ごせる。

ビールはコンビニで買えば150円くらいですので夜遊びをしなければ大した金額にはなりません。

タイの人は10分以上は歩きません^^ バイクタクシーを頻繁に利用します。5分程度のところなら15バーツ(50円位)赤バスは3バーツ(10円)

ボクが住んでいたコンドミニアムはジムとプールが付いて24時間警備員がいて1万バーツ(35,000円)、駅まで歩いて6分。
快適だった。

質問やこんな情報が欲しいなどのリクエスト大歓迎です!
See you soon na krup:)

地元の人の日常に溶け込む観光では得られない「旅」の提供

ノマドライフ
we're already living together

デザイナー+ライター+ブロガー🍀 音楽家目指しLAで活動➡️デザイナー➡️独立➡️メンタル壊れ社会から離脱➡️マレーシアKL移住➡️バンコクの広告会社➡️いなフリ➡️台風15号被災➡️療養中 ⭐主にノマド生活/ニッチな観光でない旅情報を提供いたします!

◆Twitter
https://twitter.com/teg_don

◆tegblogg
https://tegdon.com/

◆tegvlogg
https://www.youtube.com/channel/UCMvII_jBmhUPclQmyD9-jow/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ❤️頂けて嬉しいです:) ありがとうございます!
グラフィックデザイナー+ライターでございます。 短編小説、詩を書いたりしてもしております。 まあまあVeganで、自炊中心においしく食べて、 環境フレンドリーな生活を心がけております。