テガミノチカラ okei

生まれてきて今まで支えられてきたコトバ・手紙。そのチカラを表現していきたい。新橋にokeiというお店を4つ経営。28歳で広告代理店を辞めて、29歳でピッツェリア開店して、現在15年目。https://www.facebook.com/tegaminochikara/
固定された記事

15年間のコトバ

お店を出して15年。たくさんの方々とお話をして笑って泣いて。働いてくれる仲間とも沢山の時間を過ごしてきた。そりゃトラブルもあるし、苦しいこともある~。でも何だかん…

1周年の手紙

ありがとうとごめんなさい。 これでほとんどのことがうまくいくんじゃないかなーって思う。人を傷つけたり、苦しめたり。そんなことばかりだから、それだけじゃすまないし…

  • PRAY FOR Tシャツ [okei] darkbluegreen

    PRAY FOR Tシャツ [okei] darkbluegreen

    コロナ感染により大きな打撃を受けている「社会福祉法人 杉並希望の家」の障害者の皆さんと共に作るTシャツです。 収益は障害者さんの支えになり、もちろんokeiの支えにもなります。 まずは多くの方の日常が戻ることを本気で祈っています。 コロナで感じました。本気で日常の幸せを痛感しました。 だからこそ普通っていいなって。 好きなもの食べれて、音楽聞けて。 好きな人と会えて、家族とも喧嘩できる、 早くそうなるように。 デザインイメージは、ピッツァの1カット=1ピースをたくさんの人と分かち合えて世界中で愛されるピッツァを世界中の人が食せる平和な世界に。 オモテは平和を願って。 ウラはピッツァの1ピースを重ね合わせて幸せになっていく世界へ戻りたい。子供からおじいちゃんおばあちゃんまで大好きなピッツァを世界の平和の象徴として考えたデザインです。 裏の下のほうに小さくokei。 この部分をカスタマイズすることも可能です。ご相談ください。 デザインは少し変更になる場合はあります。 ご了承ください。 受注生産になります。 10日ごとに締め切りまして、その後生産。発送となります。 ご発送まで20日ほどだと思います。 ※4月中のご注文に関しては4月末日までのご注文をまとめますのでご了承ください。 ※施設に政府から自粛要請が入りましたので、5月7日からの印刷となります。納品が遅くなりますのでご了承ください。 「社会福祉法人 杉並希望の家」の創設者は自らも障害者の方。障害者が一般社会で自立して生きていけるようにそれぞれの自立を促し、作業を通して利用者さんに「やりがい」「居場所」「役割」を持ってもらえるような事業所です。 毎日毎日、仕事を通して自立していくスキルを磨いています。 彼らが心を込めてつくるシャツを着て営業し、ハッピーで埋め尽くしたい思いです。 この企画は、全国の飲食店やアーティストなど様々な方とのコラボ・応援できるように進んでいます。 賛同していただける方々はぜひご連絡ください。 デザインがしっかり決まったら色々な方や企業へオファーします。 夢はこのシャツをいろんなところで着ていて、来年同じ日に日本中いろんなところでパーティがやれたらいいなーって思っています。
    4,500円
    Tegaminochikara
  • PRAY FOR Tシャツ [okei] white

    PRAY FOR Tシャツ [okei] white

    コロナ感染により大きな打撃を受けている「社会福祉法人 杉並希望の家」の障害者の皆さんと共に作るTシャツです。 収益は障害者さんの支えになり、もちろんokeiの支えにもなります。 まずは多くの方の日常が戻ることを本気で祈っています。 コロナで感じました。本気で日常の幸せを痛感しました。 だからこそ普通っていいなって。 好きなもの食べれて、音楽聞けて。 好きな人と会えて、家族とも喧嘩できる、 早くそうなるように。 デザインイメージは、ピッツァの1カット=1ピースをたくさんの人と分かち合えて世界中で愛されるピッツァを世界中の人が食せる平和な世界に。 オモテは平和を願って。 ウラはピッツァの1ピースを重ね合わせて幸せになっていく世界へ戻りたい。子供からおじいちゃんおばあちゃんまで大好きなピッツァを世界の平和の象徴として考えたデザインです。 裏の下のほうに小さくokei。 この部分をカスタマイズすることも可能です。ご相談ください。 デザインは少し変更になる場合はあります。 ご了承ください。 受注生産になります。 10日ごとに締め切りまして、その後生産。発送となります。 ご発送まで20日ほどだと思います。 ※4月中のご注文に関しては4月末日までのご注文をまとめますのでご了承ください。 ※施設に政府から自粛要請が入りましたので、5月7日からの印刷となります。納品が遅くなりますのでご了承ください。 「社会福祉法人 杉並希望の家」の創設者は自らも障害者の方。障害者が一般社会で自立して生きていけるようにそれぞれの自立を促し、作業を通して利用者さんに「やりがい」「居場所」「役割」を持ってもらえるような事業所です。 毎日毎日、仕事を通して自立していくスキルを磨いています。 彼らが心を込めてつくるシャツを着て営業し、ハッピーで埋め尽くしたい思いです。 この企画は、全国の飲食店やアーティストなど様々な方とのコラボ・応援できるように進んでいます。 賛同していただける方々はぜひご連絡ください。 デザインがしっかり決まったら色々な方や企業へオファーします。 夢はこのシャツをいろんなところで着ていて、来年同じ日に日本中いろんなところでパーティがやれたらいいなーって思っています。
    4,500円
    Tegaminochikara

伝言板

先日、横浜・東神奈川駅に伝言板が復活したという。 昔の使い方は、いたってシンプル。待ち合わせなどに使っていた。 「先に行きます」とかね。 携帯電話がなかったから…

再開すること。

コロナでお店が休業。長い時間が過ぎていった。1年で3か月余りがこのコロナで止まってしまったお店。日本、いや世界中がそんな2020年を経験している。どこかで起こっている…

人と会うというメッセージ

人と会う。話す。感じる。 そんなことが出来ずらい世の中ではあるが、どうしてもそれを求める。思えばこの手紙というものを大切に考えているのではあるが、一番は人と会っ…

18歳からの手紙

自分への手紙なんて書いたことあります?未来の自分への手紙とか。ドラマとか色んな所では見るんだけどね。僕は全く記憶がないです。多分書いてないのか、ふざけて書いたの…