てぃんぱ

子供が出来たことがきっかけで人工知能に目覚める。点と線と面で捉える育児とAIは似ているため、学習のコツは生身の人間から学ぶ。思い通りにいかないことが当たり前。11歳年下の女房と娘、犬2匹。小学生からパソコンにハマり、専修学校、郵便局公務員、メーカーでネット直販、25歳で起業。

仕事は裏切らない。結果が出ないのならやり方が間違ってるだけ。年収3000万超えてもまだ仕事はする。こんなレベルで調子に乗りたくない。

剛健、精密の次は華美なものが欲しい

SNSで大事なことを言ってもスルーされると価値のないつぶやきなのかなって勘違いしてしまうので、一般層にウケるためには金持ちの金言はピックアップしないようにしているね。やれやれ、SNSって本当に世の中に必要だったのかね?かえって犯罪を引き起こす引き金になっている気がするの気のせい?

若い人ほどダサいのを受け入れたら負けって感情が強いのは当たり前だけど、そのダサいものを大人の感性で調理できたら初めて大人の仲間入りだよね。受け入れるというより、ダサい人の感性は共通が多いから市場は大きいよねって話。だったら規模の大きい所で勝負すれば簡単に儲けられるのになってなる。

今日は客先での撮影立会いで娘を連れて行った。思った以上に歓迎されて取引先に笑顔でやさしく対応していただけた。これからのビジネスにおいて子育てと仕事の関わり方を学んだ気がした。と同時に自分は相当恵まれている環境だと認識する日であった。手が離せない状況でも仕事が出来るのは幸せなこと。

起業してから仕事しっぱなしで13年、40歳まであと1年半。いきなりガタがこないか不安になる。よくもまぁ我ながらここまで頑張ったな。絶対サボる人間だと思っていたのに、自分が決めた道だと真面目にやるもんだ。残りの人生に最後は家を建て替えてビジネスも見直そうと思っている。現場は辛いわ。