見出し画像

お家で簡単に手作り納豆

ロックダウンも1ヶ月が過ぎました。
最初の数週間は無自覚のストレスでみるみる体重が減り、もう何年も見たことななかった数字を体重計がたたき出したのには我ながら驚きました。そして最近ではとにかく食べることが楽しみで、減ったはずの体重はまたみるみると増加中で😭、家の中でできるオンラインエクササイズを始めた今日この頃です。

と、前置きが長くなりましたが、
家で色々なものを育てています。
できるだけの自給自足生活に移行していくべく
準備も整え、様々な野菜の種を植えました。
そして、最近のチャレンジで
めちゃ嬉しかったことは、

家で納豆が簡単に作れちゃった

ことですっ!

海外生活で納豆は憧れの品。
ロンドンなど
都会の日本食材屋さんに行かないと
手に入りません。
それが家で作れるなら、
いつでもいくらでも食べれちゃう。
冷凍保存もオッケーのようです。
野菜の種でも納豆でも、
自分で育てるものは愛おしい。
美味しさも格別です。

レシピまとめてみました。
必要な方へ!

**

お家で簡単に手作り納豆

<材料>
乾燥大豆 500g
市販の冷凍納豆 1パック(事前に解凍しておく)

保存用タッパー容器 3-4個
キッチンペーパー

1. 大豆を用意
わたしはamazonでWholefood Earth Organic Soya Beans, 1 kgを購入

2. 乾燥大豆、半量の500gをザルで洗い、圧力鍋に入れ大豆がひたひたになるほどの水を張り、その後一晩(8時間程度)水に浸けたっぷり吸水させておく。

3. 翌朝、浸けておいた大豆を圧力鍋ごと火にかける。圧力鍋は、加圧30分程度その後自然に圧が下がるのを待つ。一度大豆を試食してみて、まだ固ければ、その後耳たぶの柔らかさになるまで煮る。(大豆は柔らかめに、硬いと納豆になった時食べにくい)

4. 大豆が柔らかく煮えたら、熱々のまま(ここ大事)市販の冷凍納豆1パック解凍しておいたものを投入し、お箸でよく混ぜ合わせる。
※冷凍納豆は、熱が加わると納豆菌が活発になるので、茹でた大豆が熱々のうちに混ぜることが大切。

5. 保存容器3つくらいに分けて混ぜた納豆を入れる。

6. まだ熱々の納豆の水気を吸うため、タッパーにキッチンペーパーを挟み軽くフタを乗せる。4からここまでの行程は素早く!

7. 少しじんわり暖かい場所に24時間保管して発酵。我が家ではボイラーの上の棚に置いています。

8. キッチンペーパーをとり、余分な水滴がタッパーについていたら拭き取り、きっちりフタをします。この時点でまだ粘り気はありません。

9. タッパーを冷蔵庫に入れ、24時間保管。

10. 出来上がり!時間が経つと更にネバネバが増します。Bon Appetit!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Arigato! Have a lovely day ♥ ♥ ♥
15
イギリスから日々感じること見えることの徒然。マカバ、空を見上げ大地を観察しながら毎日を生きています。アート、写真、描いたり、書いたり、作ったり。リーディングやフラワーエッセンスカウンセリングなど提供させていただいてます。必要な方に必要なメッセージが届きますように。
コメント (2)
初めまして。こんにちは。
納豆ってこんなに簡単にできるんですね!
家の近くのスーパーが新型コロナウイルスの影響で、「納豆1家族1パックまで」と制限がかかり、毎日納豆を食べる我が家は死活問題でした。
乾燥大豆はたくさんあるので、今度作ってみます!
はじめまして。こんにちは。
コメントありがとうございます。
なんと!日本でもそんな制限がかかり納豆まぼろし〜になりそうなのですね。それはもう是非是非作ってみてください。ものぐさなわたしにも出来ました。コツは大豆を程よい柔らかさまで茹でることだと思いました。成功を祈ってます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。