今野滉也選手インタビュー ~マルタ島でプロサッカー選手として活躍する今野選手にお話を伺いました~ 聞き手 / HIROHIRO
見出し画像

今野滉也選手インタビュー ~マルタ島でプロサッカー選手として活躍する今野選手にお話を伺いました~ 聞き手 / HIROHIRO

Teck-Teck World

画像1

マルタ島とは、イタリア・シチリア島の南に位置する島です。マルタ共和国。過去にはジーコJAPANの時代に日本代表も、マルタ代表と試合をしました。そのマルタ島でプロのサッカー選手として活動していらっしゃるのが今野選手です。今回は今野選手に、マルタ島のことや、サッカーのことについてお話をお聞きします。(このインタビューは、2021年11月にメッセージにて行われました。)

画像15

(マルタのピッチは、基本的に人工芝)

Q1(HIROHIRO)
まず、今野選手はなぜマルタ島でサッカーをしようと思ったのでしょう? 何かきっかけがあったのでしょうか。

A(今野選手)まず本格的に海外でサッカーをしようと考えるようになったのは大学3年生の夏前で、みんなが徐々に就職活動をし始めるくらいの時期でした。
そこで僕も少しずつ動き始めないとなという焦りはありましたが、やっぱり心のどこかでサッカー選手をやりたいという気持ちがありました。

そこで大学の先輩がプレーしていたオーストラリアに公用語が英語ということもあって興味があり、先輩にいろいろ電話やSNSで話を聞き、すぐに1ヶ月後のチケットを取って2週間、ちょっとしたサッカー留学的なことをしました。

そこで4チームくらいに参加して日本とは全く違うサッカーのスタイルを肌で感じて、まだまだサッカーは奥が深くて、日本で伸び悩んでいたけどこっちのスタイルの方が自分に合ってるかもと、そこで思ったのが1つのきっかけです。

画像13

画像15

その後卒業後の渡航に向けてアルバイトでお金を貯めながら、オーストラリアかもしくは他の国でサッカーをすることを目標としました。ただオーストラリアはプロリーグが1部リーグだけでそこに大卒でいきなり行くのはかなり難しく、やはりプロ契約として選手をやりたいと思い、他の国を探しました。

そこで公用語が英語で大学の他の先輩が元々プレーしていたマルタという国を初めて知り、その先輩に直接会いにいって話を聞き、マルタでプレーすることを決めました。

大学卒業の年はコロナで渡航できなかったり、色々予定を変更せざるを得なくて、卒業後3ヶ月してようやくマルタに渡航できるようになりました。
そしてその先輩が持っているコネクションで今のチームのトライアウトを受けることができ、契約につながったという感じです。

画像15

Q2
日本サッカーと、マルタでのサッカーの違いをお教えください。

A まずはサッカーのスタイルが全然違くて、マルタは元々イギリスに統治されていたことから、文化的にもイギリスの影響をかなり受けていると思います。サッカーも同様で、フィジカルを生かしたロングボールを後方からストライカー目掛けて蹴るサッカーが基本的なスタイルになります。

しかしうちのチームも含めて、チームによっては後ろからしっかり繋いでいくチームもあります。
ボールの回し方から守備のかけ方など細かいところもかなり違います。
日本のサッカーとは技術の面では劣りますが、球際の激しさや攻撃のスピード感などがよりあって、見てて面白いと思いますよ!

画像15

Q3
本日(11/11)、日本代表とベトナム代表の試合が行われます。代表としてはそれこそ絶対に負けられない試合だと思いますが、今野選手が注目している選手はいますか?

A 伊藤純也選手です。
同じサイドのアタッカーで、プレースタイル的にも近い部分はあるので参考にしています。
圧倒的なスピードを持っているので見ていていつもワクワクします。

Q4
マルタでの食生活はいかがでしょう。やはり、日本食が恋しくなるのでしょうか?

A 基本的には毎日自分で料理をしています。
日本米は手に入らないですが、少し細長い米はスーパーで普通に買えるので主食は米を食べています。
あとは毎日ほぼ同じ食材を味付けを変えて食べていますが、時々好きなものを好きなだけ食べるようにしています。

日本食はたまーに恋しくなります。マルタにも日本食レストランがあるのでそこを何度か訪れています。本当にたまに家系ラーメンがどうしても食べたくなる時がありますね笑

(以下の写真は、マルタ島で今野選手が食べた料理。左側は、ウサギの肉)

画像4

画像5

Q5
マルタ島の生活が始まって、「これは困った!」ということはありましたか?

A 良くも悪くもゆるい。というのがマルタです。日常生活で1番良く困るのがバス事情です。練習に行く時いつもバスで通ってるのですが、バス停の時刻表にある時間通りに来たことはほぼないですし、そもそも来ないこともあります。

バスの始点から乗ろうとしてもまず始点にすらバスが現れなかったりします。あとは途中でショートカットして自分の家から離れて行ったり、、
バスのことだけで永遠と語れそうです笑

あとは月に数回突如断水したり、とにかくハエや蚊が多かったり、、
あげたらキリはないですが、最近はもう慣れたので大丈夫です!!

画像6

Q6
日本では、まだ大半の人がマスクをして、日々感染症に気を付けながら生活しています。
マルタでも、みなさんマスクをしていらっしゃいますか?

A マルタは日本と同じく島国なので他のヨーロッパの国に比べたら予防の意識は高い印象があります。
以前はマスクをつけていないところを警察に見られると罰金があったようで、バスやスーパーなどではマスクをつけますが、外に出たらすぐにみんな外します。

うちのチームも前までミーティングの時はマスクをつけるルールでしたが、更衣室で着替えたりするときにつけてないのであんまり意味はないなあと思ってました。それに気づいたのかすぐにそのルールはなくなりました笑
とりあえず形だけやってる感はあります。

画像14


Q7
マルタ島での、今後の目標をお教えください。

A まずは初ゴールを決めたいです。
まだここまでゴールを奪えてないのでまずはそこを目標にしたいです。
そしてチームとして本気でリーグ優勝を狙っているのでそこに導ける選手になることが今季の目標です。

画像15

画像9

画像10

今野選手、この度は、ご協力ありがとうございました! 今後の更なるご活躍を期待しております!
以下は、今野選手のSNSです。

Twitter
https://twitter.com/hiroyakonno9

NOTE
https://note.com/hiroya0909

リンク集
https://lit.link/hiroyakonno9

Instagram
https://www.instagram.com/hiroyakonno9/

プレー集
https://www.youtube.com/watch?v=OeI2-Pz1Jgw&t=2s

今野滉也 PROFILE

■プロサッカー選手
■ベガルタ仙台ユース → 日本体育大学→ Pieta Hotspurs FC 現在、ヨーロッパのマルタ在住。

画像11

マルタ島とは・・・

面積、316平方キロメートル(淡路島の半分)

人口、約51万人(2019年)

首都、バレッタ

言語、マルタ語及び英語が公用語

(上記は外務省のHPより)

画像12

聞き手 / HIROHIRO(Teck-Teck World代表)

HP: https://teck.tokyo/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
Teck-Teck World
インターネット事業 Teck-Teck World / スポーツ選手応援 / アスリートインタビュー