大井美波選手インタビュー ~スウェーデンで活躍する大井選手に、現地のサッカーや、生活について聞いてみました~ 聞き手 / HIROHIRO
見出し画像

大井美波選手インタビュー ~スウェーデンで活躍する大井選手に、現地のサッカーや、生活について聞いてみました~ 聞き手 / HIROHIRO

Teck-Teck World

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211024

今回はスウェーデンで活躍中の女子サッカー選手、大井美波選手にお話を伺います。スウェーデンの女子サッカーと言えば代表チームが2021年の東京オリンピックで準優勝! そして準々決勝で、なでしこジャパンを3-1で撃破! リーグランキングがスペインに次いで5位! そんなスウェーデンサッカー界に身を置く大井選手は、日々どんな生活を送っているのでしょうか。(2021/10/25に行われたインタビューです)

Q (HIROHIRO)
まず、大井選手は、なぜスウェーデンでプレーすることを選んだのでしょう。 何か、きっかけなどがあったのでしょうか?

A (大井選手)
元々、欧州でプレーしたいと考えていました。しかし、英語圏で英語を学びたいという気持ちもあり、どの国に挑戦するか迷っていました。そんな中、欧州で活躍する選手や、代理人に相談していく中で、1人の方に今のチームを紹介してもらいました。

その後、監督と直接やり取りするようになり、監督の昇格への強い意志や、一人一人の選手への愛情を感じ、この監督の元でプレーしたいと思うようになりました。また、スウェーデンは母国語はスウェーデン語ですが、国民の大多数は英語も話すため、私にとって英語も学べるという点も大きい要素でした。

それに加えて、スウェーデンに日本人女子サッカー選手は当時1人しかおらず、海外挑戦するならいっその事、未知の世界でやってやろう!という思いも芽生え、今のチームへの移籍を決断しました。

画像2

Q
日本サッカーと、スウェーデンサッカーの違いをお教えください。

A
私の感じる日本とスウェーデンの大きな違いは、技術とフィジカルの違いです。日本でみんなが当たり前のように出来る、パス&コントロールがスウェーデンでは日本と同じレベルでみんなが出来るわけではありません。

その分、ほとんどの選手が爆発的なスピードと球際の強さを持っています。日本で技術が基盤としてあるとしたら、スウェーデンは基盤がスピードとフィジカルになっています。その上で技術も兼ね備える選手が複数居るチームはかなり強いです。

スピードもフィジカルも技術もあるので、日本では経験できなかった、速さや判断力、それに加えて戦術もスウェーデンに来てからは、新しい世界ばかりで楽しいです!

画像3

Q
スウェーデンでは、主にどんなものを食べていますか? たまに日本食が恋しくなるのでしょうか。

A
これが驚く事に日本食が恋しくならないくらい、スウェーデンの食べものは美味しいです。また、様々な国の食べ物をスーパーで売っていたり、レストランの種類も多いので、食べ物で苦労したことはありません。

私は、基本的に毎日自分で料理をしていて、朝はサンドイッチ、お昼はトマトソースにグリルした野菜を入れたパスタを作ったり、鶏肉と野菜を煮込んだりしています。夜は、練習時間にもよりますが、鶏肉のサラダやエビのサラダなどを食べています。

スウェーデンはシーフードが美味しいので、サーモンやエビ、貝などがおすすめです。また、スウェーデンは健康意識が非常に高いので、自然な食材や、健康食品が豊富です。スーパーでは野菜のコーナーだけで日本のコンビニの大きさぐらいあります😂

また、高タンパクで低カロリーな食品も多く取り扱っているので、アスリートにとっても素晴らしい国です!

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211028_1

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211028_2

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211028_0

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211026_3

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211026_2

Q
スウェーデンでの生活で、何か困っていることはありますか?

A
やはり、1番困るのは言語の部分です。国民のほとんどが英語を話せますが、スウェーデン人同士ではスウェーデン語を使うので、何を話しているのかまだ理解できないです。

しかし、私と話す時や、チームでのミーティングは英語で話してくれるので、サッカーに支障が出る事はほとんどありません。スウェーデンの人々は本当に優しい人ばかりなので、私が外国人だと分かれば、街の人から試合の審判まで、みんなが英語で話してくれるので、生活に困る事はありません。

でもそれに甘えずに、スウェーデン語の勉強はしないといけないですよね!笑

LINE_ALBUM_Swedenの風景_211026_1

Q
今季、途中参加にも関わらず、リーグ戦2得点10アシスト(2021.10.26現在)と、素晴らしい成績を残していると思います。今後の目標をお教えください。

A
今はとにかく今年昇格することです!リーグ3位が決定したので、11月に行われる決勝リーグで勝ち、Division1への昇格を掴み取ります!

そして、昇格する事を前提に来シーズンの目標は、プロリーグへの昇格です。このチームが発足してから、Division1での経験は数年あるみたいですが、プロリーグへの昇格は未だかつて成し遂げていません。

来シーズンはとても厳しい戦いが待っていると思いますが、私の最大の目標はこのチームでプロリーグへの参入を成し遂げることです!

(※編集注 Division1、Division2はともにアマチュアリーグ。大井選手は、2021年10月現在、Division2のチームに所属中)

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211026

Q
日本では、まだ多くの人がマスクをして生活しています。
スウェーデンでは、どのくらいの人がマスクをしていますか?
また、日本のように、国や自治体から要請を受けて、自粛生活などをしているのでしょうか?

A
8月にスウェーデンに入国してから、マスクは一度も付けていません!また、街ではほとんどマスクをしている人は見かけません。観光客の方がたまに付けているのを見かけますが、街の人々は全くと言って良いほど付けません。

しかし、スーパーや飲食店などには、必ずアルコール消毒は設置されています。入国規制が緩和した理由として、ワクチンの普及が背景にあり、私が入国した時辺りから、国や自治体からの自粛要請はなくなったようです。

スウェーデンは元々、風邪などに対して、自然治癒という考えが根付いており、コロナに対してもただの風邪で、自宅で安静にすれば治るという考え方をする人が多いように感じます。

LINE_ALBUM_Swedenの風景_211026_0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大井選手、この度はご協力ありがとうございました! 今後の更なるご活躍を期待しております! 

大井美波選手のTwitterはこちら https://twitter.com/disk_ws17 スウェーデンの女子サッカーリーグ情報はこちら https://www.svenskfotboll.se/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LINE_ALBUM_その他、プレー、食事_211026_4

大井美波 PROFILE

名前 / 大井美波
読み / おおい みなみ
生年月日 / 1997.1.14
身長 / 157cm
体重 / 49kg
ポジション / MF
出身地 / 高知県

高知JFCROSA / 大商学園高校 / 早稲田大学ア式蹴球部女子部
NGU ラブリッジ名古屋 / コノミヤスペランツァ大阪高槻
現在「P18IK Football」所属
(2021.10.26現在 2ゴール 10アシストを記録中)

■第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会[2013]
■第27回全日本大学女子サッカー選手権大会[2018]

ーーーーーーーーーーーーーーーー

聞き手 HIROHIRO(Teck-Teck World代表)

HP   http://teck.tokyo/         MAIL    teckteckwd@gmail.com





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
Teck-Teck World
インターネット事業 Teck-Teck World / スポーツ選手応援 / アスリートインタビュー