TechBowl
【PRESS】ビジネスインターン生3名でアツく対談! ~インターン生募集中~
見出し画像

【PRESS】ビジネスインターン生3名でアツく対談! ~インターン生募集中~

TechBowl

こんにちは!TechTrainインターン生の関根です。

今回はTechTrainの3名のインターン生(ビジネスサイド)の対談noteです。TechTrainに入ったきっかけや「成長」についてアツく語っています!!
(対談しながらメモをとっていたので私(その)があまり喋ってないのは勘弁してください。2人の話を聴きながら常に頷いていて頭がもげそうでした。)


実は、絶賛ビジネスインターン生大募集中です。

少しでも気になったら話をききにきてください!
事業を進めたいとアツい想いを持っている人なら大歓迎です!

お問い合わせはこちら

1. インターン生3人の自己紹介

素材 (1)

よっしー:吉田りなです!同志社大学4年生です。TechBowlに入って7ヶ月経ちました。

しゅんすけ:杉村俊介です!アメリカのベイツ大学の2年生で、現在はコロナの影響で休学中です。TechBowlに入って3ヶ月くらい。ラーメン食べること好き。特に二郎系のラーメン!

その:関根園花です。3月に中央大学を卒業しました。10月に内定先に入社するので今は職業フリーターです...TechBowlに入って6ヶ月経ちました!美味しいものが大好きでお金は大体食に消えます。

2. TechBowlをインターン先に選んだ理由

よっしー:おざまささん(代表小澤)と働きたくて!紹介してもらって、面談した時に会社の理念やVisionに共感したので一緒に頑張りたいと思いました!

しゅんすけ:3月でアメリカからコロナの影響で日本に帰ってきて、リモート授業がきつすぎたので休学を決意。スタートアップでインターンしたくて探していたときにTechBowlを見つけました!

その:TechBowlを選んだ一番の理由は、おざまささん!面接の時に事業に対してのアツい想いを一番感じた。私の今までの人生にはいないほど情熱ある人だと感じて圧倒されたし、ついていきたい!と思った。

そもそも「長期インターン」になんで興味持ったの?

しゅんすけ:将来起業したい、スタートアップで働きたい、と思った。
新卒ではスタートアップに行こうと思ってないから今のうちに働いてみよう思った。あと、学校や勉強好きじゃなく、”働きたい”という気持ちの方が強かったのでインターンしたいと思った!

よっしー:元々海外インターン行く予定だったけど、コロナの影響で国内に切り替えた。あと、ゼミで中小企業経営者100人会ってきて、事業に携わるのって面白いなと思ってインターンしようと思った!

その:インターンをしようとしたのは、就活で2021年秋入社で内定もらって残り1年、働こうと思ったから。本当は大好きな一人旅したりスペイン留学も考えていたのだけどコロナで簡単に海外に行けなくて。それなら単なるバイトして遊ぶ生活でなくて1年間で誰よりも成長してやろう、働こうと思った。

みんなおざまささんに引っ張られてきているよね!
おざまささんについて語ろう!

3. 代表・おざまささんについて

おざまささん

TechBowlの代表は、小澤 政生さん(通称:おざまささん)です。
サイバーエージェントで約7年半間エンジニア採用に携わり、採用責任者をしていました。人事としてエンジニアと向き合う中で「実務レベルのエンジニアが全然足りない。育てて増やしたい。」と思いTechBowlが生まれました!
TechBowlは「TechBowl(技術の)」「Bowl(サラダボウル)」という意味。様々なバックグラウンド、技術を持ったエンジニアが集い、混ざり、気づき、挑戦することで、「世界一、若手エンジニアが集まる技術集団」(TechBowl)を創ります!

よっしー:おざまささんは本当に「他人想い」だよね。優しさだけじゃなくて「愛」。人に対してきちんと向き合っている。どうやって仕事を楽しんでくれるかまでしっかり考えてくれる。

しゅんすけ:人事やってただけあって人を見極める特性あるよね!仕事の振り方やアドバイスもその人のこと考えてくれている。あと何より、アツい!明るい!

よっしー:パッションよね!

しゅんすけ:印象に残っているのは、入社してすぐのオンライン飲み会で、おざまささん酔っ払っててずっと「お前らのこと大好きでしょうがないんだよ〜」って。嬉しかったし、愛を感じた。

よっしー:私がキャンコレしてる時に2万課金してくれたの!人をすごく応援してくれる。背中を押してくれる人。

その:すごい一人一人を大切にしてくれる。ただの学生バイトとしてでなく、事業を作っていく仲間として見てくれている。私たち以上に、私たちが”今後必要になりそうなこと”や”どういう風に成長してべくか”を考えてくれて、仕事やアドバイスくれるよね。

しゅんすけ:制度的な面で言うと月一でおざまささんと1on1はありがたい!

よっしー:気にかけてくれるよな!新しく入った子に対しても、別のグループで私たちに「〇〇くんにフォローしてな!様子どう?」と気にかけている。あと話の振り方うまいよな。

その:どんなに忙しい中でも、他の人をみて気遣うプロ。常に全体を見渡してるよね。

おざまささんリクエストある?

よっしー:たまーにピリピリしてる時あるね。話しかけてはいけないオーラの時がある。

メモをみたおざまさ:ご…ごめんなさいwww

その:たまーに!? 確かに?でもあんまり私は気にならない。怒られたことないかも。常にマイナス面ももっとよくなるで示してくれる。

4. TechBowlでやっていること

よっしー:イベント企画・運営人材紹介のアシスタントユーザーに対してどういう施策をしたら、より紹介や育成がスムーズにいくかを考えている。柔軟にいろんなことできるし幅広いよね。

しゅんすけ:大きく3つかな。1つめがBizDev的なポジション。新機能のワイヤーフレーム作成や動線整理等。ビジネス側とエンジニア側のすり合わせをやってた。2つ目はカスタマーサクセス。toBもtoCも。企業側に対してはMISSIONのチューニングをした。ユーザーにはヒアリングして改善を続けたり、機能の使い方を説明している。3つ目が学校に対しての営業。組織的には営業は僕だけなので営業戦略の上流からユーザーや教授一人一人と関わる下流までやってる!

その:毎月業務内容変わるから難しい...時期ごとで話すと、秋はユーザーのカスタマーサクセス。ユーザーが感じているいいところや、改善要望をたくさん集めて俯瞰する仕事。使い方わからないっていう声が多かったので使い方動画作った!1月はコミュニティの盛り上げ。MISSIONのイベントやもくもく会開いた。2月は新機能についての設計。しゅんすけの1つ目に似てるけど、もう少し上流の工程を担ってた。新機能に必要な機能を考えて設計をしていたかな。3月は本当に色々...。MISSION掲載企業の管理画面を考えたり、打ち合わせしたり、新機能のモニターしたり。4月は新機能をリリースするための細かな準備をしているね。

全体的に、作業的な仕事は少ないです。自分で事業を大きくするために考え、すり合わせて、進めていく仕事が多いです。
仕事は溢れるほどたくさんあり、少ない人数なので兼務がたくさん発生します。仕事に対して好き嫌いしない人なら間違いなく楽しく仕事できます!

5. 稼働時間(週)と1日の流れ

その:この3人は週4~5、フルタイムで稼働しているね。

インターン生は週3以上(できればフルタイムだが半日や途中抜けもOK)という契約です。フルリモートOKなので、北海道〜南は宮崎まで全国様々なところから働いている人も!もちろん六本木のオフィスはいつでも出社できます。

よっしー:1日の流れは、10:00にZoomの朝会。タスクの共有や事業の方向性の確認をします!その後は各々の業務をひたすらやる。
お昼休憩1時間とって、必要あればZoomやDiscordで会議やすり合わせを行う。19時に日報を書いて終業!

しゅんすけ:タスクに関しては一人一人バラバラなので一概には言えないですね。毎日変わりますね。

よっしー:稼働時間中に授業やちょっとした用事があっても申告すれば途中抜けOK。その分後で働く等、柔軟に対応できる!

特に働き方に関してはスーパーホワイトでフレキシブルです!

週1出社の時は皆でランチに行ってます!

画像6

※牛タンを食べています。

6. インターンで得られたもの

よっしー:「先読み力」:短期的なことだけでなく、長期的に事業としてどう伸びるのかまで考えれるようになった。”事業をグロースさせるために”って考える力がついた!あと「臨機応変力」:1日単位で決定事項ややることが変わる。「え、それ結局やらへんのかーい!」ってなったり、考えたことが0になることも。それに対応する力はついた。

しゅんすけ:「エンジニアと働く」:今までエンジニアと関わってなかったからエンジニアっていう職業の人と仕事できているのが大きい。特にコミュニケーション面において、視野が広くなったかな。どういう言い方だったら伝わるか、企業の人はこういう言い方をしたほうがいいなとかよく考えるように。エンジニアや企業、学校の先生それぞれの相手の立場に立ってコミュニケーションを取る力が磨かれたと思う!

その:基本だけど「自分のやってることを共有して人に頼る力」かな。入社して2ヶ月くらいおざまささんに「そのは自分1人でなんでもできちゃうしスムーズだけど、他の人の力借りた方が絶対に早いしいいものできるから。頼んで!」て言われてて、それが改善された。一人でやらずにチームで進める力!

7. TechBowlの雰囲気

しゅんすけ:すごく明るい!

よっしー:相談しやすい環境よな。気を使うとか壁を感じることはない!
エンジニア陣もコミュニケーション力高くて、誰もが悩みや相談、ちょっとした疑問に答えてくれる。

しゅんすけ:フルリモートで雑談の時間がなくなりがちだけど、意識的に作っているよね。木曜日のTeaPartyとかしたな〜。本当に和気藹々としている。

その:思ってたより「会社」って感じない、「仲間」って感じよね。

よっしー:風通しは間違いなくイイ。上下って感じないな。まず年上少ないしな。

8. 入る前のギャップといいところ


しゅんすけ:入社前のイメージより”仕事って大変だなあ”て思った。学生が”働く=きらきら”てイメージしていたけど、それよりもかなり泥臭いなあと思う。

よっしー:泥臭いよな。だけど、「泥臭い」活動が結果として生きてるのが見えるからいいよな!ただの作業にならないからいい。結果を意識しながら泥臭く作業できる。

しゅんすけ:合宿で定期的に事業を俯瞰するもいいよね。役割や実態を明確にする。

合宿では、各々のタスクを一旦傍において、皆で事業や組織について丸一日考えます!会議室で唸りながら、ホワイトボードいっぱいに皆の頭の中を出して整理します。

画像2


よっしー:リアルなお金の動きも見えるのもスタートアップならではだよね!

その:入社前に思ってたより、社員だけじゃなくてインターン生がいい人で優秀!事業に対する熱もアツいし、インターン生誰からでも吸収できる!

しゅんすけ:メンバーそれぞれに違う強みがあって、同じベクトルに向かって頑張っているのすごい。

よっしー:競争ていう社会じゃない。「チーム」て感じ。他の人を蹴落として一番になろう!成果を出そうて思う人は合わなさそうだね。

しゅんすけ:"自分が自分が!!"の人は合わないね。スペシャリスト集団ではない。

その:そうだね。全体を考えられ、臨機応変に動ける集団。

9. TechBowlへのリクエスト

しゅんすけ:シンプルにもうちょっとお金欲しい!慢性的に僕にお金がなさすぎて...

よっしー:雑談もっとしたいな。リモートだからか、取ろうと思わないとコミュニケーション取れないよね。例えば朝会のはじめの10分雑談とかでもいいな。

その:時給も欲しいし、雑談も欲しい。飲みもしたい!なかなかできないご時世だけど、たくさん話してお互いのことをもっと知って仲良くなる場が欲しいね。

よっしー:あと、何をするにもおざまささんGoサインがいるから進まないことがたまにある。おざまささんも忙しいからね。少し待つ時間が長いかな。

メモをみたおざまさ:ご…ごめんなさいww

10. どんな人に来て欲しいか〜4つのpoint〜

①素直
②自走力
③事業にワクワクする
④前向き

本当にこの4つは大切です!
素直に人の意見を聞き入れ、糧にできる人。
自分で考え、自分で共有し助けを求め、自分で進められる人。
事業やVisionに共感して常に「より良いTechTrain」を考えることのできる人。
右往左往するスタートアップの中でも常に前向きに取り組むことのできる人。

TechBowlで働く上で大切にしている考え方はこちらにまとまっています。


11. これから入ろうと思っている人に一言

よっしー:TechBowlに入ったら本当にいろんなことが吸収できるし、今まで経験したことない経験をできるので、めちゃくちゃおもろいで!一緒に事業でっかくしましょう!!

しゅんすけ:TechBowlに入ったら自動的に成長するわけではないです。「自分で何をやるか」を考えて動こう!熱意がある人にとってはいい場なので一緒に働きましょう!待ってます!

その:事業を作りたいとか自分で物事を進めたいと思っている人には、TechBowlでのインターンは財産になると思うので、そういう熱意のある人と働きたいです!待ってます!

12. TechBowlでのインターンに興味を持ってくれた方へ

TechBowlではTechTrainという有名企業のエンジニアから実務が学べるエンジニアコミュニティを運営しています。

業務は幅広く、役割に捉われずに、代表直下で働きます。
前向きにどんなことにも挑戦したい人にはぴったりの職場です。
ちなみに、代表おざまさのTwitterはこちら。(代表の呟きや社内の雰囲気がわかるかも!?)

興味を持ってくださった方は info+techtrain-inquire@techbowl.co.jp にご連絡ください!まずは資料みて検討したいという方もご連絡ください。

同時にバックエンドエンジニアのインターン生も募集しています!

画像4

一緒に働けることを心待ちにしています!

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
TechBowl