ジンジャーほうじ茶の美味しい淹れ方
見出し画像

ジンジャーほうじ茶の美味しい淹れ方

こんにちは!
株式会社TeaRoomです。

本記事では、ジンジャーほうじ茶の美味しい淹れ方をご紹介していきます。

身体をリラックスさせる「ジンジャーほうじ茶」

re1_ジンジャーほうじ茶 (2)

産地:静岡
品種:ブレンド
評価:旨味☆ 渋み☆☆ 香り☆☆

【このお茶について】

丁寧に焙煎したカフェインレスな茎ほうじ茶に、ノンカフェインのジンジャーをあわせました。
焙煎の香りでリラックスしながら、ジンジャーで身体がポカポカするので、疲れた時や夜の寝る前のシーンにおすすめしたいお茶です。

ジンジャーほうじ茶の淹れ方

【用意するもの】
・茶葉 3g
・お湯 180ml
・電子スケール
・急須
・茶こし
・コップ

1.茶葉3gをはかり、急須に入れる

re2_ジンジャーほうじ茶


2.180mlの熱湯を急須に注ぐ

re3_ジンジャーほうじ茶


3. 2分待つ

5_ジンジャーほうじ茶


4.急須を数回まわし、コップに注ぐ

re4_ジンジャーほうじ茶


5.完成

6_ジンジャーほうじ茶

身体温まるスパイシーな香りをお楽しみいただけます。

アイスティーの場合は?

お湯出し+急冷の淹れ方をお楽しみください!

re7_ジンジャーほうじ茶 (1)

お湯出し+急冷

【用意するもの】
・茶葉 3g
・お湯 180ml
・氷 コップの縁まで
・電子スケール
・急須
・茶こし
・グラス

1. 
氷をコップの縁まで入れたグラスを用意する

2. 
茶こしで茶葉を濾しながら、ホットより1〜2分長く抽出したお茶を氷の上に注ぐ


ティーバッグの淹れ方は?

re8_ジンジャーほうじ茶

1. 
マグカップに180mlのお湯を注ぐ

2.
ティーバッグを入れ、2分間待つ 

3. 
お茶の色が出たらティーバッグを上下に2回振って取り出す

ジンジャーほうじ茶に合うシーンは?

re9_ジンジャーほうじ茶

ジンジャーほうじ茶は夜のリラックスシーンのお供にぴったりです。
特に、疲れた時夜の寝る前にお飲みいただくことをおすすめいたします。

加熱生姜に含まれる「ショウガオール」という成分が血流を促進し体温上昇に効果的だといわれています。

また、焙煎時に生成される香気成分に「ピラジン」があり、ほうじ茶から感じられる香ばしい香りが特徴です。この香りを嗅ぐと脳内にα波というリラックスの脳波が検出されることがわかっています。

さらにほうじ茶はカフェインレスであり、胃に負担がかかりにくく食後や寝る前におすすめです。

ぜひ、身体が芯からあたたまるジンジャーと、カフェインレスで香り高いほうじ茶で、リラックスした夜の時間をお過ごしください。

購入リンク

【法人様向け】ジンジャーほうじ茶 100g


【法人様向け】ジンジャーほうじ茶 ティーバッグ 50個


【サンプル】ジンジャーほうじ茶 30g


※ 法人様向けの商品の、一般のお客様ご購入の場合
パッケージは業務用のものとなってしまいますのでご了承ください。
クーポンの発行は法人様専用となりますのでご了承ください。


TeaRoomについて

お問い合わせ:info@tearoom.co.jp

HP:

ECサイト:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!🍵
株式会社TeaRoomは「対立のない優しい世界を目指して」を理念としています。「お茶の世界」について知っていただけるように、オンライン上に "TEA ROOM" をつくりました。 HP:https://tearoom.co.jp、 Mail:info@tearoom.co.jp